「ほっ」と。キャンペーン

サーティンキュー

近く小池百合子が日本の総理となり、日本は小池百合子ファシズムとなる!






★近く小池百合子が日本の総理大臣となり、日本は小池百合子ファシズムになる!というテーマで書いていきます!








1、ファシズムとは太陽神バアルが蘇った現象!



★古代の統一イスラエルが崇拝していた神はヤハウェではなく太陽神バアルであった。太陽神バアル崇拝が古代の世界教であり、バアルという名が地域によって変わっていても、同じ太陽神を地球の人々は崇拝していた。現在、旧約聖書の記述、そしてキリスト教などはバアルは悪魔としているが、それゆえにそれが太陽神バアルに裁かれる原因となっている。



★1930年代はバアルが復活した時であった。ナチスドイツ、イタリアのムッソリニー、そして日本の関東軍の大活躍。鷲の年代は、反ファシズム教育で、民主主義、多数決、反戦平和主義、自由、平等、人権などのユダヤの妄想単語で洗脳されているが、ファシズムは数字の【 9 】であり、民主主義を代表にする妄想単語は数字の【 6 】である。



★人間は肉体的な存在のみのではない。太陽(魂)、月(霊)、月の裏側(エゴ)、運命、地球(肉体)の5つの要素からなっている。この5つに分けて、自分という【 自らを分ける 】の言葉の意味が解る。戦後の民主主義とは、太陽(魂)を否定する言語の世界であり、太陽神が蘇ると否定され、破壊され、裁かれることになる。これが映画「ゴジラ」で表現されていること。



★さて現在、世界で活躍するオルトライトとは何だろうか?それは自らの中の太陽神(魂)に肯定された者たちの出現である。米国のトランプ、フィリピン大統領のドゥテルテ、フランスのマリーヌルペン、日本の小池百合子など。これから太陽神に肯定された者たちが世界のリーダーとなり、悪を裁くことになる。



★さて鷲は日本人だから日本に目を向けよう。週刊現代の2017年2月25日号の特集記事に「 小池百合子を次の総理に 」という記事がある。週刊現代の云っていることは鷲のブログよりは2か月遅れているが、時を得ている。



★今は戦後の72年間の妄想観念である、民主主義、反戦平和、自由、平等、人権などが否定され、破壊され、裁かれる、【 時 】である。このような、戦後憲法的な、言論を使う政治家は全て奈落に堕ちるだろう。太陽神バアルが、反太陽神の言語を認めないからだ。太陽神バアルは死神の数字の【 13 】である。



★太陽神バアルとは我々の中の【 魂 】である。太陽神バアルは我々に6から9への変換を求める【 火の力 】だ。この魂である太陽神バアルに逆らうと我々人間は、奈落に堕ちる。世間は奈落に堕ちた者たちの群れである。火を崇める【 拝火教 】とは太陽神バアル崇拝!ということ。



★鷲が観察するところ小池百合子は太陽神バアルである魂に従っている。そして悪のシンボルである石原慎太郎を裁くだろう。そして高市早苗の愛人だった?森喜郎を裁くだろうwwww ここで、この時に、太陽神バアルに肯定されれば全ての栄光を小池百合子が得ることになる!



★大衆という数字の【 6 】の獣たちとは?なんだろうか?それはカフカの小説「変身」で、毒虫と表現される存在で、太陽系では生きていけない。太陽系で生きていける【 人間の形をした神の存在 】は数字の【 9 】のみである。



★今の日本の悪のシンボルである石原慎太郎は若きころは【 太陽族の教祖 】だった。しかし彼の太陽はニセモノ。それは明らか。太陽神バアル(魂)に認められた者が本物の太陽系人類である。その太陽系人類は将棋の【 裏と 】で表現される。



★さて結論だが、今のところ小池百合子は太陽神バアル(魂)に肯定され守られている。このまんま行けば、日本会議に入っているゆえに不調な安部ちゃんは没落して、小池百合子ファシズム国家に日本は成るだろう!しかしそれで良いのだ!








# by xuzu9851 | 2017-02-22 07:50 | Comments(0)