サーティンキュー

次の総理は小沢一郎だと今月(2017年10月)に入ってからしつこく言っていた政治評論家45年の板垣英憲様は、切腹の準備はよろしいでしょうか?





★日本にはたまにもの凄い人が出てくるが、この板垣英憲は凄い。10月22日の衆議院選の結果、日本の総理は小沢一郎になり、外務大臣は郷ひろみでなかった前原になると堂々と予言している。これは2年前とか3年前に言っているわけではない。今月の2017年10月に発言したものだ。


板垣英憲の2017年10月5日の発言


★日本の次の総理が小沢一郎、外務大臣が郷ひろみでなかった前原。誰がこの意表をついた発想ができるのだろうか?これが当たれば日本人の誰もが「 恐れ入りました 」と土下座するだろうが、小沢総理&前原外相の叶姉妹(可能性)は全くない。評論家生活45年の板垣英憲の発言とは全てデタラメだったのでは?


板垣英憲の2017年10月1日の発言


★去年の10月、全世界がヒラリーが次の米大統領だと確信していたが、鷲は「 次の米大統領はトランプである 」と書いて当たった。今回の衆議院選は、新聞、テレビ、週刊誌が書いているように安部ちゃんの圧勝だと鷲は見る。しかし圧勝しても安部ちゃんには八墓村のタタリが襲ってくるから苦しいと見ている。


次の米大統領はトランプである


★が、問題は板垣英憲である。彼の云う「 世界支配層 」には全く力がない。小沢一郎を日本の総理にする力が全くない。板垣英憲の政治評論家生活は45年であるらしいが、素人以下というか、鉄格子のある病院で注射を打たれている患者の妄想と言おうか、とにかく板垣英憲法の妄想は笑えるのだ。


板垣英憲の2017年10月4日の発言


★しかし問題は板垣英憲がマジで次の日本の総理は小沢一郎だと言ってたが、今日(10月20日)はさすがに勢いが弱まっている。普通の人になってきたwww そして板垣英憲のカネを払って「 お言葉 」を聞きに行く知的障害者の皆さまもいる。さて、小沢一郎が次の日本の総理になるのか?板垣英憲の「 お言葉 」を審査していきますwww



板垣英憲の2017年10月20日の発言









1、板垣英憲は自分だけが真実を知っていると思っているが、発狂しているだけw



★間違った情報を信じると死ぬことになる。例えば、体内免疫力をつけるためにキノコを食べることが良いと教えられ実行しようとしても、間違えて毒キノコを知らずに食べると死んでしまうし、発狂してしまうこともある。間違った情報や無知は人間を狂わせ、殺すことになる。ツタンカーメンの黄金のマスクには二匹の上昇する蛇があるが、あの頭上の二匹の蛇は、「 宇宙から正しい情報を得ることのできる叡智ある人間 」のシンボルである。




★マラソンが42キロあるのは、「 マラトンの勝利 」を元老に伝えるために、一人の兵士が42キロ走って元老に勝利を伝えたことに由来がある。つまり当時は、「 マラトンの勝利 」という情報を元老に伝えることが非常に価値あることだった。人間は正確な情報がないと死んでしまう生命である。また間違った情報は人間を発狂させたり、死に至らせる。日々、人間は正確な情報を命をかけて探求してなければならない。



★さて板垣英憲であるが、彼は完全に間違った情報を伝えている。例えば2017年9月28日の彼の記事には以下のことが書かれる。
ーーーーーーーーーー

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/d/20170928

新党「希望の党」は、小池百合子代表と小沢一郎代表を共同代表とし、「連合」の神津里季生会長は、「原発ゼロ」を容認

◆〔特別情報1〕
 世界支配層の「新機軸」の実現を担う新党「希望の党」の小池百合子代表(東京都知事)、民進党の前原誠司代表、自由党の小沢一郎代表、労働組合「連合」の神津里季生会長の4人は9月26日夜、東京都内で秘密会合を行い、民進、自由両党の解党を前提に、離党議員の「希望の党」への受け容れについて合意した。小池百合子代表と小沢一郎代表(9月8日、「MSA」巨額資金から小池百合子代表に50億円提供)の2人を「希望の党」の共同代表とすることを決めた。また、「連合」の神津里季生会長は、「原発ゼロ」政策を容認、ただし原発設置地域の労働者に対する補償金を手厚くすると表明した。自民党からも、約100人が離党、「希望の党」への入党を希望しているという。安倍晋三首相は9月28日、衆院を解散する。総選挙は10月10日公示、22日投開票される。

ーーーーーーーーー



★上は先月の9月28日に板垣英憲が書いた記事だが、「 希望の党は小池百合子と小沢一郎が共同代表とし 」という部分が完全なる間違い。小池百合子は2017年9月25日に希望の党を立ち上げ、代表就任の記者会見を開いている。そして希望の党の代表は現在、小池百合子だけである。小池百合子と小沢一郎が共同代表となったことは一度もないし、これからもないだろう。これは小さい間違いではない。学生でも社会人でもネットから、テレビから、新聞雑誌から、日々情報を吸収しているわけで、希望の党の代表が小池百合子のみだという情報は誰でも知っている常識である。



★小沢一郎は希望の党とは関係ないし、もちろん、小池百合子との共同代表でもなんでもない。こんな当たり前のことも解らず、堂々と、9月25日の小池百合子の記者会見から三日後の9月28日にデタラメ記事を書いているその神経が信じられない。これはカルト教祖にあるパターンである。自分だけが真実を知っているという妄想。板垣英憲はカルト教祖ではないはずだが、多くの著作と講演を人前でやっていると、カルト教祖のような妄想に陥ったのだろう。



★現在、2017年10月20日だが、希望の党の代表は小池百合子のみあり、希望の党は全くの不調であり、若狭は落選だと予想されるし、希望の党に入った民進の議員たちも苦戦を強いられている。現実の世界は、板垣英憲の「 頭の中のお花畑 」ではない。全ての政治家が苦しんでいて、小沢一郎は岩手3区の落選の危機にある。



★だいたい小沢一郎が英雄だと思っている板垣英憲の発想自体が、基地外である。3,11が起きた時、小沢一郎は何もしなかった。地元東北の大困難の時、何もしない政治家・小沢一郎は異常者であり、それが原因で、妻の和子に捨てられたのだ。小沢一郎が総理に成る目は一切ない。しかし板垣英憲は基地外病院の患者のように、小沢一郎がロスチャイルドからカネを得て、日本の総理になる!という本を書いている。



★板垣英憲、こいつは麻原彰晃のような妄想を語る人物である!と鷲は判断した。少なくても鷲は、去年の10月、トランプにレイプされたという女たちが20人近く発言していた時、「 次の米大統領はトランプである 」と書いて、当たった。トランプが米大統領になる!という予想者は、テレビに出ている者では、木村太郎一人だけだったのである。ネット有名人も副島隆彦以外はハズレ。



★板垣英憲はまるっきりズレているのだ。たぶん、45年も政治評論家をしているが、全て間違った発言だろう。板垣英憲の頭は根本的に間違っていて狂っているからだ。どこで狂ったのか?そこまで探求しようとは思わない。基本的に全く興味なき人物だから。彼はカナダ人の便所臭いフルムグシやコシミズの先輩だろうけど、これだけ「 明らかな間違い発言 」では、鬼に裁かれるだろう!









2、明らかに間違ったことを言っている人間は必ず鬼に裁かれる!



★板垣英憲は明らかに間違ったことを発言している。それは以下だ。

ーーーーーーーーーーーー

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/dc0ca5936df5108ffc1c70c8b8093ba3

世界支配層は、「米朝和平」実現のため、「穢れ切った」安倍晋三政権を倒し「小沢一郎政権」を樹立する

◆〔特別情報1〕
 「第2次朝鮮戦争を起こしてはならない」-天皇陛下を戴く世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」(主要メンバー=キッシンジャー博士、小沢一郎代表)は、「第2の日本」北朝鮮(金正恩党委員長=元帥)と米国との「和平実現」(米朝国交正常化、平和友好条約締結→2017年内、朝鮮半島統一)を念頭において、今回の総選挙(10月10日公示、22日投開票)を絶好の好機に、「小沢一郎政権」を樹立しようと全力を上げている。「清ら⇔穢れ」(クリーン⇔ダーティ)という伝統的な精神的価値観を基準に、「汚辱に塗れて穢れ切った」安倍晋三政権を倒し、「清らな」小沢一郎政権を築く。これこそが、小沢一郎代表が提唱してきた2大政党制度の神髄である。北朝鮮外務省の崔善姫北米局長が現在、モスクワにいて、プーチン大統領の仲介で「米朝和平」が間もなく実現されようとしているというのに、安倍晋三首相は、「国難突破解散」と叫んで「国難」を自作自演、危機感を煽っている。「外交感覚も能力もない」とんでもない首相だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーー



★世界支配層は小沢一郎政権を今回の衆議院選後に樹立しようとしている!という板垣英憲の発言だが、全くの妄想であることは誰が見ても明らかである。今、小沢一郎は岩手3区で当落のギリギリ線であり、落選の可能性も多いにある。そして小沢一郎は政治家としてはすでに賞味期限が切れている。



★世界支配層が小沢一郎を総理にしようとしている!という妄想は板垣英憲が、日本で、世界で、一人だけ言っている妄想であり、彼に続く者は誰もいなく、誰も小沢一郎が総理になるなどという妄想発言していない。これだけのカルト「小沢一郎教」も珍しい現象である。3、11の時、丸1年間、何もしなかった小沢一郎のどこが「 清らか 」であるのか?全く理解不能であるが、板垣英憲がサヨクだから、小沢をサヨクだと勘違いして、「 清らか 」だと言っているのだろう。



★板垣英憲は広島県の呉市の出身である。つまりイエズス会出身だと読み取れる。ヒロヒトのヒロの広島の呉市で戦前、戦艦大和を製造していたのであり、ナガコのナガの長崎で戦艦武蔵が製造されていた。板垣英憲の発狂は、深いとろこで、イエズス会の発狂と関係しているだろう!と推理する。



★今、小沢一郎が日本の総理になる可能性は全くない。たしかに小沢一郎は田中角栄の弟子であり、ロスチャイルド系の政治家なのはわかる。しかし今の小沢一郎を褒め崇めているのは板垣英憲というボケ老人のみである。



★明らかに間違ったことを言う人間はどうなるのか?板垣英憲で観察してみよう。板垣英憲は狂っているのか?ボケているのか?どちらにしろ、明らかに間違ったことを発言する人間は、鬼に裁かれるのである。今月の22日に、板垣英憲の正体が解る!ということ。彼の人生は「 デマ屋 」ということは22日を待つまでもないが。







 完


[PR]

# by xuzu9851 | 2017-10-20 09:41 | Comments(0)