サーティンキュー

癌治療とキリシタンと殉教死! 





古典芸能とキリスト教



キリシタンと歌舞伎



★歌舞伎役者の妻である小林麻央が癌で死んだわけであるが、鷲のブログで常に癌で死ぬのではなく癌治療で死ぬ。癌検査を受けなければ癌という病気はない!と言ってきた。



★さらに歌舞伎役者という存在がどうして今の日本でスターでありえるのか?それが謎であった。セリフが何を言っているのか解らない。だから物語のストーリーが解らない。ストーリーが解らないが、テレビが無理やりスターにしているが歌舞伎役者ではないのか?



★そして歌舞伎とはキリシタン劇から始まった!ということが解った時、鷲は解ったのである。歌舞伎はお国歌舞伎から始まったと本には書いているが、お国はキリシタンの劇を見て歌舞伎の元を創った!ということが解った時、癌で殺されるのはキリシタンの運命かもしれない!というインスピレーションが来た。



★キリシタンとは真実を探求しない者たちである。信仰の者たちには、近藤誠の声は聞こえない。だから癌治療の犠牲者になるのだ。その辺を書いていきます。







1、日本の伝統を疑え




★日本の伝統と言えば第一に天皇であるが、これがまたインチキ臭い伝統である。そのことは鷲のブログを読んでいる者たちには常識だと思うが、結論を言えば、明治天皇からキリシタン天皇であるのだ。平成天皇はキリシタン天皇の4代目ということが真実である。



★そのことは学者と呼ばれるバカには絶対に解らない。しかし「 ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に原爆が落ちた暗号を解読した者 」には解るのである!



★最近、婚約した皇族の眞子様は国際キリスト教大学。江戸時代までキリスト教は禁教であったのに。キリスト教はニケーヤ会議とかカルタゴ会議という人間の会議が創作した数字の「 6 」のカルトであるが、グノーシスから来た鬼のシンボルを意味を解らず拝んでいる!のが1600年間のキリスト教である。



★さて歌舞伎役者はどうしてスターなのか?大相撲なら解る。多くの人々が大相撲を熱心に見ているから。しかし歌舞伎は、鷲は見たことがないが、テレビでやっているかもしれないが、鷲の感じでは、セリフの言い回しが何を言っているのか解らない。



★いつまでも伝統芸能見学中の中学生でもあるまいし、歌舞伎に感動する日本人の存在が解らない。しかしある時、「 天皇と歌舞伎は似ている 」と感じたことがあった。わけがわからないが「 偉い存在 」にしている!ということで。



★しかし「 天皇と歌舞伎はどっちもキリシタンが創ったので、キリシタン支配の、今、偉くしている 」とは誰も思わないだろう。現在の象徴天皇はOSS(米国戦略情報局)が1942年6月に構想した。その文書は米国の国立公文書館で見ることができる。



★その話はいつも書いているので鷲も飽きてきた。歌舞伎がキリシタンの創作!ということに転換したいが、それについては研究はしてない。ネット検索で各自やってほしい。



★元々は、歌舞伎にしても能にしても、鬼から来た鬼道のシンボルだったが、キリスト教が侵入してくる!というのは天皇の歴史でも読み取れることだ。戦後の創価学会という宗教は、日蓮正宗という宗教にイエズス会が侵入した現象である。



★太陽が沈んだ夜になればキリスト教が侵入してくる!ということ。そして太陽が出てくれば、聖書を信じる、ユダヤ人やキリシタンは裁かれるということ。それが歴史から読み取ることができる。



★日本伝統の中に鬼道とキリシタンの戦いがある!ということ。そこをまず言いたい。










2、癌治療で死ぬことは現代のキリシタン殉教死





★30年間、近藤誠の本を読んでいる鷲にとっては、癌検査して癌治療で死ぬ者の存在が不思議だ。しかしこれが現代のキリシタンの殉教死ではなかろうか?と考えている。彼らは絶対に近藤誠の本を読まない。



★世間を信じ、医者を信じる。その「 信仰 」が癌治療死となっているのだ。信仰の者たちの最後は殉教死ということだ。年間40万人も癌治療で死ぬ。戦前は、「 天皇陛下万歳! 」と叫んで、殉教死したが、今は世間に騙されて、死神の医者に騙されて痛い思いをして麻央のように死んでいく。



★そして海老蔵と麻央もののテレビがやたら長い。多くの人間をあの二人の夫婦の力によって癌検査に導き、死神は多くの日本人を癌治療で殺している。そのような現象である。近藤誠の本は漫画にまでなって、簡単に手に入るのに、信仰の者たちは一切手ににできない。



★癌治療で死ぬことは「 現代の殉教死 」である。死神に騙された!ということ。 






 完



# by xuzu9851 | 2017-06-23 19:46 | Comments(0)