「ほっ」と。キャンペーン

サーティンキュー

タロットカードによって未来を読む! ~ タロットカードは秘法書である!





★タロットカードは太陽神と一体化する人間の可能性を表現している。タロットカードの意味を知ると知らないでは天国と地獄。タロットのカードの13から21までを、鷲の今の解読職・理解力で解説していきます。言葉を単純にして簡潔に説明していきたい。





1、タロットカードの13は死神

死神


★2014年7月26年に佐世保で女子高生が同級生の首を斬り落とした事件があった。2014年8月の中盤、イスラム国に拘束された日本人の湯川氏と後藤氏はイスラム国によって首を斬り落とされた。



★当時、鷲はこの現象を深く鷲なりに考えたものだが、今は【 死神の降臨 】の現象だと考えている。死神とは太陽神の別名である。数字の6の人間の獣を殺し、数字の9に変換する【 火の力 】が死神である。



★太陽系は常にシンボルによって時を教える。また太陽系はシンボルによって人間に生きる道を教える。佐世保の首切り少女事件もISの日本人二人の首切り事件も非常に深い意味がある。この首切事件はタロットの13の【 死神の降臨 】であると鷲は解読している。【 首を斬ることは天動説から地動説への転換 】だと鷲は考えている。





2、タロットカードの14は節制だが、その意味は左から右

節制


★今、世界はオルトライトが席捲している。米大統領のトランプはグローバルから自国保護主義のオルトライトだし、日本で現在最高に活躍している小池百合子都知事も鷲から見ればオルトライトである。オルトライトとは太陽神とダイレクトに結びついている人物のこと。



★夜の世界はユダヤが支配する。日本の右翼とは天皇陛下万歳だが、しかしその天皇とは明治の時、ロスチャイルドやイエズス会が創作したものだと知る日本人は多くいない。ユダヤが創作した王を崇拝してもオルトライトにはならない。天皇を崇拝する竹田恒奏はユダヤの洗脳の産物の愚か者にすぎない。



★オルトライトとは太陽神とダイレクトに結びついている者である。左は死であり、右は生命である。左はカネ、サヨク、拝金、であり、右は太陽神に帰依する者たち、である。地球は今、左から右に変わった。タロットの14のカードで表現されるように世界は左から右に変わったのである。ユダヤ支配の夜から太陽神出現の朝に変わった。太陽神と直接結びつく【 右 】の時代が、今、である!極右とは太陽神に従う者たちのこと。それがオルトライトと、今、表現される。









続く



# by xuzu9851 | 2017-02-15 22:12 | Comments(0)