サーティンキュー

「 さらし首 」にされる性的退廃者たち!と三十三間堂の真の意味!






★今は不倫なんかしたら大変なことになります。国際弁護士は不倫して、チンコ斬られ、チンコをトイレに捨てられました。白鵬も不倫したから「 横綱不倫引退 」になるのでは?で、岩手県の岩泉町の町長が女性記者にハグしたらしい。これが猥褻行為だと朝のワイドショーでやってます。毎日毎日、セクハラ、強制猥褻、不倫の話題。それは今、「 性の意味 」を太陽神から問われているからだ。




★戦後の日本の殆どの男性はマスターベーションを一度覚えたら死ぬまでやり続ける猿として生きて来た。日本には「 性 」に対する正しい知識は丸でない。あの神社に入ることが宇宙の母の女陰に戻り、宇宙の父と一体化する「 性エネルギー昇華 」を表現しているとは誰も思っても見なかっただろう。この前、電車の中で女性に体液をかけて逮捕されたスケートの五輪銅メダリストがいたが、どんどん毎日、性的退廃者たちが裁かれている。




★性エネルギー昇華のシンボルは世界中にある。それが見えないのは、一度マスターベーションをしたら死ぬまで辞めることができない猿のような人間だからだ。しかし太陽神の性的退廃者への裁きは非常に残酷である。毎日のように「 さらし首 」にされる。性的退廃行為で「 さらし首 」にされるほど恥ずかしく残酷なことはない!性的退廃者として「 さらし首 」にされたら町を堂々と歩けない。「 さらし首 」にされるのは太陽系にはこのような性的退廃者はいらん!という宣言であるのだ!「 裁かれる性的退廃者 」と「 三十三間堂の真の意味 」を書いていきます。










1、性に対して無知だから性的退廃者の猿に堕ちます!



★鷲が太陽神と云う言葉を使っているのは太陽神のメッセージが解り、太陽神と結びついているからだ。夜とは太陽が隠れた現象だが、日々、全く太陽神を無視している人間とは「 夜の果ての旅 」をしている者であり、必ず、敗北する運命である。



★常に太陽神のメッセージを正確にキャッチできる者が、目玉おやじ(太陽神の13)と一体化した鬼太郎(数字の9)である。日本人の全ては「 性 」に対する正しい知識がない。だから東大を出ようが、弁護士に成ろうが、政治家に成ろうが、医者に成ろうが、性的退廃行為で「 さらし首 」となる。そして哀れな敗北の人生を送ることになる。



★人間が第一に知らねばならない知識はエロス(性)とタナトス(死)の知識である。中学校からやる授業はどうでも良いのだ。第一にエロス(性)とタナトス(死)の正確な知識を持つことが必要である。その次に、語学や数学や法律や社会常識が必要となるだろう。



★日本人はエロス(性)とタナトス(死)を無視してきた。その結果、殆どの日本の男性がマスターベーションを辞めることができない猿に堕ちてしまった。この猿の惑星に生まれたことを自覚して「 性エネルギー昇華革命 」をすることは爆発的なエネルギーがいるが、実は日本には「 性エネルギー昇華のシンボル 」が多数あって、やりやすいのである。



★性的退廃者の未来は決まっている!ガス室行きである。ナチスがやったガス室は80年周期で起きる。性的退廃者がいる限りは、太陽神は「 ガス室 」を地上に創り出す。ナチスヒトラーは全て正しかった。彼らは太陽神の子である。このような言論が、今の地球表面世界の最先端であるのだ。ナチスヒトラ―を肯定することが「 扉を開く! 」ことである。



★戦後の政治家が信じている民主主義を鷲が訳すと「 性的退廃者主義 」である。民と言われる者たちで「 性エネルギー昇華 」を実践している者はいない。民とは猿たちである。人間は6歳の6月6日から学び始めるが、それは太陽神と合体した「 9 」に成るためである。



★いつまでも数字の「 6 」であり続けるならば、ナチスヒトラーが出現して、数字の「 6 」のロクデナシたちをガス室に強制的に送り込む。それがあるから太陽系は維持できるのである。日本にどうして54基の原発があるのか?それは性的退廃者たちを殺すためにあるのだ。



★我々が目指すのは太陽神と結びつき、太陽系文明の叡智を得た、数字の「 9 」に成るためである。大晦日に第九を演奏をすることはその意味であるのだ。太陽神と結びついている者は何もかもわかるのである。しかし一度マスターベーションを覚えたら、死ぬまでやり続ける猿に堕ちたら、何かも解らなくなり、最後は強制的にガス室に送られる運命だろう!








2、三十三間堂とは椎骨の33個と性エネルギー昇華を援助する宇宙の母の表現

ーーーーーーーーーーー


椎骨(ついこつ)または脊椎骨(せきついこつ、英:vertebra)は、脊椎の分節をなす個々の骨のこと。縦一列に並んでおり、ヒトの場合上から順に頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙椎5個、尾椎4個の33個存在するが、仙椎および尾椎はそれぞれ癒合しており、仙骨および尾骨と呼ばれる。その他の独立した椎骨は、それぞれの部位の第何番目の骨と命名されている。

ーーーーーーーーーーー



★人間の椎骨は、頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙椎5個、尾椎4個の33個存在する。それと京都の三十三間堂はどのような関係があるのか?ズバリ、三十三間堂は人間の33個ある椎骨の表現であるのだ。性エネルギーを脳と胸腺に昇華する時、三十三個の椎骨に沿って上昇させる。




★「 性エネルギー昇華 」は、宇宙の母の援助がないとできないが、その宇宙の母を表現するのが、京都の三十三間堂に中にある千体の千手観音である。古代オリエントでは宇宙の母はアシェラと呼ばれたが、このアシェラとは日本語の「 柱(ハシラ) 」の語源である。




★性エネルギー昇華とは性エネルギーを三十三個の椎骨に沿って脳と胸腺に「 ? 」の形で昇華すること。そして性エネルギー昇華するときは、宇宙の母の援助が必要である。それを三十三間堂と千体の千手観音で表現しているのだ。



  完


[PR]

# by xuzu9851 | 2017-12-07 08:49 | Comments(0)