人気ブログランキング |

サーティンキュー

 デビルの意味は古代の神々である! ~~ 一神教と多神教




★一神教は悪魔教であり、多神教は本物の神々の世界であるが、現実の世界の理解は逆さまになっている。その間違った理解を正すために一神教と多神教をテーマに書いていきます。



1、多神教の聖典「ベルの目」が、一神教の旧約聖書に書き直された


★デビルの語源は古代ローマの多神教の「神々」という意味で、デビルを悪魔と見るのはあくまでキリスト教という一神教の観点にすぎない。サタンという言葉はヘブライ語のシャターナが語源で意味は「反対者」である。ルシファーとはラテン語の「光をあたえるもの」で、ルシが「光」で、ファーが「与える」である。

★日本人は皆が無神論に戦後のGHQの戦略でされたが、キリスト教の影響を無意識に受けていて、だから、デビルを殆どの日本人は「悪魔」だと思っていて、デビルマンという漫画もあるが、デビルは古代の「神々」であり、本当の意味を知ると、全く違う世界が見えてくる。

★旧約聖書のモーセの五書の申命記ではヤハウェとモーセがバールとアシェラを悪魔であり、その神殿を破壊せよ!と言うが、バールとアシェラ(アシェラトとかイシュタルとかイシスの名もある)は、北ユダヤ(失われた十士族)が崇拝していた、多神教の神々であり、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の一神教の敵は、実は、多神教の神々であるのだ。

★聖書の世界観は、古代ユダヤが北と南に分かれたが、南ユダヤの一神教の世界であり、多神教の神々(北ユダヤが崇拝していた)を悪魔とする。が、聖書を土台とするユダヤ教、キリスト教、イスラム教が、世界の紛争の原因であり、世界の滅亡の原因だと、誰でもわかるから、実は、一神教が悪魔であり、多神教世界が本来の神々の世界だ。聖書を信じると、南ユダヤ系の世界にハマリが世界観が逆転し、闇の世界に支配されることになる。

★日本語の旧約聖書の出だしは、「初めに神は天地を創造された」だが、この神はヘブライ語では「エロヒム」書かれ、その意味は神という単数形でなく、「天から地に降りてきた人々(神々)」という複数形である。

★旧約聖書の最初の文書の「創世記」は、ヘブライ語で書かれているが、そこには「神」という単数形の言葉はない。原典の創世記にはヘブライ語で「エロヒム」とあるだけで、この言葉の意味は、今の日本語聖書のような「神」という単数ではない。あくまで「天から地に降りてきた人々(神々)」という意味である。

★今の旧約聖書は完全なオリジナルでなく、種本があり、それはバビロンの「ベルの目」という粘土板に書かれた書である。ベルとは旧約聖書のヤハウェとモーセが敵とするバール神のこと。

 旧約聖書の種本は「ベル(バール)の目」で、それは多神教のバール神を主とするが、

 今の旧約聖書のモーセの五書はバールを悪魔として、ヤハウェという唯一神として主とする。

 旧約聖書の種本は、多神教の聖典の「ベルの目」であり、ベルとはバールのことで、バールを主とする聖典だが、この「ベルの目」を一神教に書き直し、バールを悪魔とし、人間が創作したヤハウェを唯一の神としたのが、今の、旧約聖書だ。古代ユダヤが北と南に分かれた時、一神教の南ユダヤ側が書き直したのが旧約聖書であり、旧約聖書はバビロンの「ベルの目」を一神教に偽造した文書である!




2、鬼三郎と史上最大の黒魔術師アレイスター・クロウリー


★一神教の世界から見れば、多神教の神々は悪魔であることは、デビルという言葉の語源が古代ローマの多神教の【 神々 】ということでわかるが、これを十分に知っていたのが、出口王仁三郎である。なんせ、名前から【 鬼三郎 】であり、一神教の世界では本来の神々は【 鬼 】と見られることから、鬼三郎という名を神から授けられた。そして天皇教という一神教から二回弾圧されることになる。

★1904年にアレイスター・クロウリーは魔術儀式によって、地球外知性の【 エイワス 】と接触する。クロウリーの魔術儀式は【 キリスト教(一神教)以前の古代の神々と接触して、宇宙意識を獲得する 】ことが目的であった。また、キリスト教世界においては、古代の神々は悪魔であることを十分に知っていたので、「 666の獣 」と自称し、「 史上最大の黒魔術師 」などと呼ばれることを好んでいた。一神教から悪魔と呼ばれることが、多神教の世界にいる、という存在証明だからだ。

★王仁三郎とクロウリーはバール(スサノオ)の多神教世界に住み、国家神道やキリスト教は一神教であるから、対立するのは、当然である。一神教は多神教の神々こそを悪魔とするからだ。

 が、悪魔は一神教の方であり、多神教の世界が本来の神の世界である!

★一神教の本質はシオンの議定書の第23章の以下の言葉に表現される。

 【 つまりすべて壊されつくした廃墟の上にイスラエルの玉座をすえるためだったのである 

★または旧約聖書の申命記の以下の言葉。

 【 あなたが彼らを撃つときは、彼らを滅ぼし尽くさねばならない。彼らと協定を結んではならず、彼らを憐れんではならない。 ( 略 ) あなたのすべきことは、彼らの祭壇を砕き、アシェラの像を粉々にし、偶像を火で焼き払うことである。(申命記第7) 】

★旧約聖書にはこのように「 破壊を奨励する言葉 」が散りばめられている。聖書は愛の書とか思っている人間は、全くの間違いであり、聖書こそが呪われた悪魔の書 であるのだ!

★多くの日本人が聖書を呪われた書だと気づかないのは、聖書を読んだことがないためと、キリスト教の牧師なんかを見れば、【 異常なまでの善人の演技をしている 】からだ。

★異常なまでの善人の演技とは、例えば、今の天皇夫妻を見ればわかるだろう。美智子さんのような【 善人演技 】は、普通の日常生活では見られないが、キリスト教の牧師は皆、あのような演技をしている。

★今の天皇は明治天皇の大室寅之祐から4代しか継続してないが、3代目の昭和天皇までは戦争天皇である。現人神と称して、多くの日本人と外人を大量虐殺している。そして1945年8月15日に【 人間宣言 】しているわけで、神ではなくて人間だったわけだが、史上に残る嘘つきでもある。そして戦争責任は一切取らないが、今の天皇は善人の演技だけは、一生懸命している




3、一神教にオリオン領域の魔王が憑依し、人類を支配し、破滅させる!


★ヘーゲル哲学を完成させたユルウス・ヴェル・ハウゼンは、ユダヤ教の初期にモーセもなくトーラもなかったと結論づけ、フロイトはモーセはユダヤ人の名でなくエジプト人の名であり、モーセはユダヤ人でない、という考えから、さらに、モーセは存在しなかったという結論に至った。

★旧約聖書はバビロンの多神教の聖典「ベル(バール)の目」を一神教に書き直したものだが、モーセの五書は人間書いて付け加えたものだろうか?人間が書いたというより、それ以上の存在が書いて付け加えた。

★一神教のこれまでの悪業を考えるに、聖書の書き直しには、人間以上の【 魔的存在 】が介入している。一神教の世界に悪魔が憑依していることは間違いないが、その悪魔の力は、オリオンの領域から来ていると私は推理している。以下のシオンの議定書の第14などを見れば。

 【 われらの世界支配が完成したときには、われらの一神教のほかには、どんな宗教も許さないだろう 

★シオンの議定書は1904年に世に出現したが、世界の動きは、この議定書に書かれるとおりに、進んでいる。そしてその計画は非常に長期的であり、一人の人間の思考範囲を遥かに超えていて、何百年、何千年も生きている者が書いているようでもある。大本教や日月神示では【 悪神の計画書 】としているし、19世紀後半に出現したオスマンペイは【 世界を支配しているのは、目に見えない魔王と世界イスラエル同盟 】と言ったが、シオンの議定書は魔王の世界支配プログラムである。

★この魔王はオリオンの領域で過去に銀河系連合に反抗した、惑星タイランターとその他の惑星群で形成する「汚れた6」であり、彼らはUFOに乗って地球に来ることは宇宙法によって許されてないが、彼らの暗黒の意識が、太陽系に浸入し、地球に侵入して、、意識エネルギーを彼らとレベル的に同様の人間に投影することにより、地球を動かす。その意識エネルギーで、地球の政治家、財界人、科学者、著名な文化人、宗教家、などを操り、地球を支配しようとしている。

★世界を支配する結社の中心に魔術師の組織があるが、その魔術組織の儀式の目的は、オリオンの領域の悪魔と交信するためだろう。その魔術組織の下にロスチャイルドやロックフェラーなどの大資本家が存在し、その下に、世界の政治家たちがいる。

 そして魔王の世界支配のために、人間の精神を奴隷化できる一神教が存在するのである

★アレイスター・クロウリーは聖書に観念支配された世界で、「 史上最大の黒魔術師 」と言われたが、彼こそが本物の神々に接触していて、彼を誹謗・中傷する者達は悪魔の世界に支配されている。

★一神教は「ウソを土台」としている。それは、大室寅之祐から始った、明治からの天皇教でハッキリとわかる。神武天皇から始って、皇位継承が2660年もあるなどと言っているが、現代のあんまり頭の良くない学者ですら、そんなことは信じてなくて、天皇が始ったのは、新羅の王族の42代の文武天皇の金霜林からで、その新羅系天皇も新羅という国が崩壊すると、百済系天皇に変わり、そこで皇位継承は断絶されたが、伊藤博文が孝明天皇を殺害したことでも、皇位継承は断絶されている。

★今の天皇は大室寅之祐から4代しか続いてないが、3代までは、日本人と外人を大量殺害するための天皇であり、さらに、現人神と言っていたが、1945年には人間宣言と、ウソしかないのだ。そして、戦争責任は一切取らない。いまだに大日本帝国が生きていて、大本営マスコミで天皇を宣伝しているから、天皇に対する批判を許さず、また、天皇に対する批判は一切ないように見せかけているだけのこと。


4、多神教世界では売春婦は神聖な存在となる。


★一神教と多神教世界の違いは、【 性 】に関しての考え方だ。江戸時代は多神教の世界だったから、性に関してのタブーはなかった。そして、芸者という売春婦は社会的地位が高かった。しかし、一神教では【 性 】に対して様々な拘束があり、売春婦は悪魔である。

★これは一神教とは実は、人間を奴隷化して、最終的には虐殺するのが目的の宗教だから、【 性 】を否定する。一神教は生命否定の宗教だから、性を否定するのである。これとは、逆に、多神教は【 人間を生かすもの 】であるから、性を肯定する。

  性に対しての禁欲主義は、生命の否定である!

★旧約・新約の聖書は一神教、それに対して、日月神示は多神教の書である。聖書と日月神示は構造が逆であり、日月神示の主の元の大神は、旧約聖書ではバール神と表現され悪魔となる。このバール神がスサノオである。

★さて、この辺で終わりにするが、我々日本人は、今、一神教の世界に支配されている。一神教とはウソの世界である。一神教の世界は最初は「 異常なまでに善人にふるまう 」ということ。天皇夫妻をみればわかるだろう。しかし、明治からの天皇教は4代しか続いてないが、3代までは、戦争神で、日本人と外人を大量虐殺していたのである。

★本物の神(多神教の神々)は、一神教という【 夜の世界では鬼 】に表現される!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今一番聴きたい曲   だれかが風の中で



サーティンキューのツィッター













by xuzu9851 | 2012-02-12 16:51 | Comments(8)
Commented at 2012-02-14 20:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by xuzu9851 at 2012-02-14 22:34
その観点が大事ですね。悪神(メーソンとかその他)にやりたい放題さして、本来の目的は人間をミロク人民にすることだ!という感じで、今、起きているのでは?という感じですね。今の日本人では誰が考えてもダメです。いったん、崩壊しなければならなと思うのは、誰でも同じです!
Commented at 2012-02-15 01:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 馬場 at 2012-02-17 01:59 x
一神教と多神教の話をしてる時、エジプトのツタンカーメンさんところのご家族を思い出しました。一神教と多神教か・・・難しいお話だなー。ここでの一神教の神はヤーヴェですね。江戸時代の事も筋道を立てて書いて下さっててそうだったの、と感心しました。そう云う考え方だったのですね。
Commented at 2012-02-17 02:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by サーティンキュー at 2012-02-17 09:02 x
多神教の時は平和で、一神教の時は戦争。それは多神教の江戸時代と一神教の明治以降の違いで、今の日本は一神教の世界で、それは、キリスト教国家米国に支配されているから。聖書の一行目「神は天地を創った」の神も実は、「天から降りた神々」という意味のエロヒムがヘブライ語の原典。一神教とは人間を絶滅させるための偽宗教だが、牧師とか天皇家族とか、異常に善人ぶりを演技するのが特徴。
Commented by 二項対立 at 2012-09-13 10:21 x
あれかこれかの二項対立じゃ所詮天使と悪魔の戦い。表裏一体結局は同じこと。悪魔崇拝も今のキリスト教も同じでしょ? 百済と今の朝鮮人はDNA 違う。古事記は渡来人による捏造。それ以前の日本には人の歴史としての天皇がいた。大陸のシャーマニズムが入る以前、多神教でもなく、 一人一人が神だった。
Commented by at 2014-10-14 23:44 x
天皇陛下関係ない気がする、、。
<< 悪魔と契約した独裁者、橋本徹!... 3,11と9,11の数字の意味... >>