人気ブログランキング |

サーティンキュー

五井野正の正体!

1、どんなウソでも言える人間





★高卒なのに世界的な博士だと主張することが笑わせるが、
その博士号の手品も池田大作を見れば解ること。池田大作の最終学歴は富士短大(これも怪しいが)だが、世界的な博士号や勲章を多く持っているwww 池田大作の博士号を凄いと思うのは、信者のみである。五井野の博士号も信者以外は褒めることはない。信者以外は馬鹿にするだろう。



★五井野と池田は博士号で解るが、同じ組織の者である。その組織は創価学会とは断定しない。創価より巨大な組織が世界にある。ワスの創価学会の見方が変化している。創価学会や統一教会をこれまでの見方をしてない。その考えはまだ固まってないが。




★五井野正は法華三部経大系で【 悟っている 】P16で書いているがそれはウソだろう。この30年間、五井野を見ていて、丸で悟ってない馬鹿、としか思えない。高卒なのにロシア系の博士号をとって自慢していることが馬鹿に見えるのだ。【 悟りには法・理・事を備えてなければならない 】なら、高卒で博士とは理がないだろうwww



★五井野正には文章の才能はない。音楽の才能はない。絵の才能はない。才能があるのは【 どんなウソでも言える能力 】だ。1977年に米ソの核戦争を次元界で止めた、とか、第三次世界大戦を止めた、とか、インターネットを発明したとか、誰でも解るウソを堂々と言う才能のみ、五井野にはある。その能力こそがカルトの教祖の特徴であるのだ!




2、メシアニズムの起源


★1980年代に3人の自称メシアが日本に出現した。麻原彰晃、大川隆法、そして五井野正である。なぜ自称メシアが出てきたのか?その理由は簡単で、ノストラダムスの大予言で、1999年7月が人類滅亡の時と思われていたから出てきたのだ。3人とも「 自分を信じれば救われる 」と言ったのだ。



★今、麻原は刑務所で糞尿だらけになり。五井野は月間フナイを追い出され、ネットで五井野に対する批判爆発で完全に凋落。大川の場合はウルトラ右翼だから、資金はあるようだが、守護霊インタビューはお笑いwww 大川は別のところで語ることにしよう。今は五井野だから。



★さて、ここで
メシアニズムに対するワスの考えを簡単に述べたい。メシアニズムは何千年間も迫害され流浪を強制されたユダヤ人から創った思想だ。正確には南ユダヤだ。ユダヤ人はアブラハムを始祖として、バール・アシェラ・ミトラの三神を崇拝する民族だったが、北ユダヤと南ユダヤに分かれた。北ユダヤはバール・アシェラ・ミトラの三神を崇拝していたが、南ユダヤはヤハウェという人間が創作した神で北ユダヤに対抗した。



★ここで説明したいが、バールとは古代日本ではスサノオ或いは牛頭天王と呼ばれ、古代エジプトではオシリス、古代朝鮮では壇君と呼ばれた「世界の王」である。ワスが最近言っている「モンゴルの大王」である。



★北ユダヤは失われた10士族であり、地底王国に行ったという伝説があるが、南ユダヤが何千年間も迫害された流浪の民である。ユダヤ人がなぜ?迫害されるのか?それは世界の王に対抗してニセ神のヤハウェを創作した罪によってだ。



★そして「今は迫害され不幸だが、この信仰を守れば、いつか救世主が救ってくれる」という思想を発明した。これがメシアニズム。メシアニズムの起源はニセ神のヤハウェを信じた愚かさからくる。ユダヤ人を迫害しているのは、世界の王である【 鬼 】である。鬼こそが真実のカミである。



★ニセ神信仰から発明されたメシアニズムのメシアは、当然、詐欺師がメシアと名のることになる。これが1980年代の日本にも顕れ、麻原、大川、五井野の三人のニセメシアを出現させたのだ。



★本来のカミはメシアニズムから出現はしない。6から9に成った者に【 13 】であるカミ(鬼)は一体となるのだ。



★さて次に、去年、強制削除された五井野評論シリーズの第二弾をそのまま掲載する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2012年4月に強制削除された五井野正評論シリーズの第二弾です。





★最近の五井野正の講演は聴いたことがないが、ネットで発見したところでは、今年の2月の五井野スペシャルという講演で「私が第三次世界大戦を止めた」とか「私はレオナルド・ダ・ビンチ以上」とか、いつもの超誇大妄想を語っているらしい。インチキベストセラーの本、全くヒットしなかった音楽、霊感商法を疑われてキャンセル続出のあの絵で、レオナルド・ダ・ビンチとは笑わせるが、なんせ本気で自分が宇宙で一番偉い創造神だと思っているから超誇大妄想の発言が爆発する(笑



★3,11が起きた後、私の予想では「私(五井野正)に帰依しないから日本に天罰が起きた」ぐらいは言っていたと思う。彼は本格的な超誇大妄想人間だから。普通の人は問題にしないが、意表をつかれて騙される人も多い。さて、彼の正体を暴く第二弾です!




1、単なる高卒男



これが五井野正の肩書きだが、わけのわからん、ロシアアカデミーとかアルメニアアカデミーとか、あまりにも多い肩書きに驚くだろう。しかし、日本の博士号とか勲章は一つも取ってない。すべて外国の勲章であり、外国の名誉博士号である。ここが彼の肩書きの多さの謎を解く鍵である。彼の最終学歴は高卒である。1969年に神奈川県立多摩高校卒業。つまり高卒男なのだ。



★池田大作とか文鮮明とか桐山靖雄とか福永法源(古い)とか、インチキ宗教家は、皆、勲章や名誉博士号を一杯もってます。五井野正が勲章や名誉博士号をたくさん持っていること自体が、インチキ宗教家の仲間である証拠である!勲章や名誉博士号は買えるしね。



★中味がなく虚言しか吐けないから、インチキ宗教家ほど勲章や名誉博士でゴデゴデに飾るものだが、五井野正ほど肩書きをゴデゴデに飾っている者は珍しく、ライバルは池田大作くらいしかいない。本当にこの二人は似ている(笑 本当のライバルだと思うが、池田大作は少なくても日本を裏から支配したが、五井野正は「私が宇宙で一番偉い!」と信者に虚言を言うことしかできない。そこが違いだ。



★勲章や名誉博士号はインチキ宗教家の商売道具で、それを利用して人を騙す目的のものであり、勲章や名誉博士号が多い者ほど虚言が多いと思う。それだけ自分の言葉に自信がないということ。真実を語る者には勲章も名誉博士号がなくても、言葉に本物の力がある。そして勲章や名誉博士号をインチキ宗教家に売る商売は世界にはある。インチキ宗教家の皆さんが勲章と名誉博士で必ず自分を飾っているのがその証拠だが、五井野信者だけは、五井野の勲章と博士号は買えないと洗脳されている。



★要するに五井野正の学力は外国から貰ったというわけのわからんインチキクサ~~イ勲章や名誉博士号を除けば、1969年に神奈川県立多摩高校を卒業したという高卒男ということ。




2、浮世絵を販売することが仏教の行?



★五井野正の自称は「悟っている仏」であり「釈迦の父の大通智勝如来」であり「理事の一念三千の教主」であり「久遠の教主釈尊」であり「宇宙の創造神」であり「宇宙の中心者」であり「あらゆることの大天才」であり「大救世主」である。あくまで自称だがw



★物凄いことを1980年代から、それ以前の1970年代後半から威張って言っていたわけです。その証拠は彼が若き頃書いた本にあるが、その本が彼が詐欺師だという証明の証拠にもなる。五井野の古本ってやたら高いのは、古本をアマゾンで高くする技術を持っていると推理する。五井野の古い本を読むと彼が詐欺師という証明になるからね。読ませないようにしてるのでは?



★五井野正が自称仏教の元祖(釈迦の先生)であるから、彼の指示した行が仏行となるという妄想。この発想は結構、物凄いわけだが、五井野の言葉の世界は物凄いが、必ず、失敗する運命である。嘘だから。第三者から見ると笑える世界だが、五井野の信者はたまったものではないが、まだまだ、気づいてない。マジで創造神だと信じている。今の信者達は。




★五井野正が最初に指示した行は空缶拾いから始る五カン行。それは前に書いたが、もう一度書くと、


  缶行 → 自称仏教の元祖五井野正が発明した行の空缶拾い

  巻行 → 日蓮の行で、今は五井野の本、特に密の法華三部経大系を広める行

  館行 → 最澄の行で、田舎に家を建てる

  感行 → 聖徳太子の行で【 ?謎 】。 聖徳太子は存在しないからこの行は破綻

  観行 → 天台大師の行で、摩訶止観



★この5つだが、この行を五井野が発明した時、聖徳太子が存在したと思い込んでいたことが、愚か者の証明だ。聖徳太子が教科書どおり存在していたと勘違いしていたことが、悟ってない証拠であり、大通智勝如来でも創造神でもないことを証明している。



★で、20代中盤の私は愚かにも五井野を創造神だと信じて、密の法華三部経を自費で買って、多くの知人に渡していたが、「俺宗教に興味ないから」と言われ、ポイっと捨てられたわけだが、次の光門に行くには、本を広める本門をやらないといけなかった。



★でも光門には永遠にいけなかった。なぜなら、正本堂と言っていた創栄出版が倒産?してこの世からなくなったから。で、ビデオの法華という光門の注文に5万円払ったが、24年してもまだこの5万円が戻ってこない、という、詐欺に引っかかったわけだ。




★昭和59年のウィッピー通信1号に以下のような文章がある。

 【 そして本門の次は光明門、つまり光門に入ります。光門の次に浄化門があり、この様な階段(戒壇)を登ってなければもはやウィッピー行は与えられません。略。この時のウィッピー行の時、釈迦・天台・聖徳太子・伝教・日蓮・諸仏・諸尊・皆一堂に集まります 】


★上の文章が完全な間違いなのは、光門を出版する正本堂と言っていた創栄出版がすでにこの世にないから。だから、光門も浄化門もあるわけなく、釈迦や天台が集まるわけもなく、架空の存在である聖徳太子こそが集まらない(笑



★創栄出版という正本堂(と言っていた)がこの世に存在しないことは、本門の戒壇がないということで、当然、光門も浄化門もなく、つまり、密の法華三部経大系は日蓮が預言した本門の本尊、事の戒壇ではないということで、ニセの三大秘法ということ。この事実が彼の詐欺師の証である!



★五井野正の宗教詐欺は密の法華三部経大系とウィッピー通信第一号で完全にわかるわけだ!



★で、この五カン行は挫折してw 次に浮世絵を金持ちに販売することが【 法華経の行 】に変わった。なんせ、五井野正が釈迦の先生の仏だから、五井野が仏教行を創りだせる(笑



★五井野正の教えは、「社会の地位の上の人、金持ちに浮世絵を買わせろ!」だも。そんなもんが、仏教のわけないが、天才的詐欺師の五井野正に会員達は騙されて、自費で浮世絵を買い、金持ちに売ろうとしたが、売れるわけないので、新しく会員になった者達に売るのであったw



★書いているうちに、結構、五井野正の世界は面白いと感動するが、まさに、愚か者集団であったのだw




3、魔界からの使者・五井野正




★五井野正が詐欺師で逮捕されなく、今も、「私が宇宙で一番偉い!」と講演会で宣言できるのは、極少数の人間しか五井野正を知らないからだ。



★五井野正は28歳の頃?1979年にNHKの「若い広場」に出演して、五井野正にインタビューしていたのは、中部博だが、当時19歳の私は中部博や戸井十月が東京で主催していたジャーナリスト教室の生徒で、私は中部博の生徒であった。



★五井野正とは何者か?それは最初に出会った「七次元よりの使者・第0巻」という意味不明の本では理解できなかった。



★1990年に品川のホテルであった五井野正の講演に初めて行ったが、それから何度か参加するうちに、「 私(五井野正)の言葉の一つ一つが今の宇宙を動かしている 」とか「 1977年に米ソで核戦争があり、それによって地球は亡びたが、私が時間を戻して、今の地球がある 」とかの言葉を聴いた。




★その手の話はいつもやっているわけだが、そんなに力があるのに、正本堂と言っていた自分の本を出すための出版社は1990年代の中盤にこの世から無くなったし、ベストセラーと言っても、会員が自費で一人100冊買って(多い人)人為的に創ったインチキベストセラーだし、音楽はLP1枚出して売れなくて終わりで、絵も霊感商法と言われキャンセル続出で、五井野正の兄弟や昔の仲間は皆離れ、言っていることは、殆どハズレである。



★それでも「 私が第三次世界大戦を止めた 」とか「 3,11は私を認めない日本への天罰 」とか言っているのは、魔界に憑依された人間だからだろう。




★五井野正は「 自分だけが真実を知っていて、自分を信じる者だけが救われる 」という超一神教である!一神教こそが悪魔の教え!彼は魔界の奥深くにいるから、過去の間違いを一切反省せず、「 創造神 」でいられるのだろう。



★七次元よりの使者ではなく、魔界からの使者というのが、池田一神教を超えたと思い込んでいる五井野正の正体である!創価学会体質の彼は一神教と多神教の違いをわかってないし、少年の頃の、憧れの池田大作を越えたと思い、池田以上の魔界にとり憑かれたのが、五井野正の正体である!



★自分だけが真理を持ち、自分が宇宙で一番偉いという観念にとり憑かれ、自分を崇拝し信じる者だけが救われるという間違った観念を持つ、魔界からの使者、それが、五井野正である!




------------------------------

サーティンキューのツイッター









by xuzu9851 | 2013-08-04 11:41 | Comments(2)
Commented by 安曇野市住人 at 2013-10-19 07:45 x
1ドル=360円の時代にですが
1971年に(日本はまだ自家用車すら持てない石炭の時代)フィンランドへ私費留学したのか?この時代外国へ渡ることは大金持ち以外不可能。旧ソ経由だとするなら2ヶ月でも旅費だけでは現在の日本円にすると200万近くなるが・・・
Commented by 小森 at 2014-09-15 21:33 x
五井野君の文章は新聞の投稿欄並みで語彙の貧弱さ、要を得ない文章 はあんまり
<< 五井野正の正体! 2 関東軍とモンゴルの大王!そして... >>