人気ブログランキング |

サーティンキュー

イスラム国とは何か? 2 ~ 地球規模の本当に人を殺すお祭り!?、或いは、大晦日の大掃除!?



★2015年2月1日の早朝、イスラム国に捕まっていた後藤健二氏が殺されたというニュースが飛び込んできた。そしてネットで黒装束のイスラム国戦闘員は日本を挑発して、【 日本人の全てがケンジのような運命になる! 】と日本人へ死刑宣告をしてきた。



★悪魔が出現したわけだが、イスラム国戦争は大演劇・儀式・本物の戦争・そして【 地球的規模でのお祭り 】をやっているように思える。しかし単なる脅しではなく本当に人間を殺す本物の戦争であるが、これがお祭りの原型か?本来の宗教の原型か?と思わせる。またこの【 お祭り・宗教の原型 】のシナリオはタロットカードの大アルカナの22枚の中に描かれている。その辺を書いていく。





1、表に出てきた世界権力


★イスラム国とは去年に6月下旬に建国された国となっているが
、今まで隠れていた【 世界権力 】が表に出てきた現象だろう。それを感じるのは、イスラム国はどこの国よりも強く、また様々な国の中枢の人々が関与していると思われるからだ。だからイスラム国には普通の日本人が知りえない様々な日本についての正確な情報が集まっているだろうし、悪を行うように見えて、イスラム国は日本人を殺し、また教え、日本を建て直す!ということを結果的にはするだろう。トリックスターである。



★ナチスは13年間だった。突然出現し、ユダヤ人を弾圧して強制収容所に入れて、ホロコーストして、第二次世界大戦を実行して、あっというまに消えた。ナチスの中枢が世界権力だったように、イスラム国の中枢も世界権力である。そしてイスラム国はイスラム教ではない。イスラム国は古代の地球に存在した【 世界教である鬼道(バアル教) 】である。イスラム国がイスラム教ではないことをイスラム教徒は解かっている。



★イスラム国の中枢の世界権力は卓越した哲学、高度な知識、財力、高度な科学、高度な精神を持っている。普通の人間(数字の6)はかなわない力を持つ。なぜなら彼らの中枢は数字の【 9 】である神人であるからだ。イスラム国は大衆用の情報と同時にシンボルによって高度な哲学を打ちだしている。大衆用の情報に惑わされた者は何も解からない。



★イスラム国が起こす戦争は大きな演劇であると同時に本物の戦争である。残酷に容赦なく人間を殺すだろう。それは数字の【 6 】の人間を殺し、数字の【 9 】の人間を誕生させる!という哲学があるからだ。



 イスラム国の戦争は

  1、大きな演劇

  2、特別な儀式

  3、本物の戦争

  4、地球規模のお祭りのようなもの → お祭りの原型か?

  5、上を全て統括した宗教の原型

  である。



★これは鷲が今まで出遭ったことがない出来事である。お祭りのようなものだが、本当に人を殺す!という【 お祭りの原型 】が突如、出てきた現象だろう。そして日本人は必ず数多く襲撃され生贄となる。戦後の日本人は「戦いの精神を失い」「金を崇拝し」「無神論で唯物主義」であるからだ。ユダヤ人化した日本人が悪魔の生贄の中心になるのは明白である。


★本当に人を殺すお祭りの原型のようなものがこの「イスラム国の戦争」である。しかしこの「お祭りの目的は、6から9へ転換し13と一体化する!」ということは、太陽が頭上にある時の【 首斬り 】ということで解かっている。






2、タロットカードどおりに世界は動いている


★今ほどタロットカードの絵柄の真の意味が解かる者が重要な時はない。世界はタロットカードどおり動いているからだ。まずはタロットカードの13から21を以下にに書き出す。クリックすると絵柄が出てきます。






















★まず「死神」という概念ですが、「死神」は日本では大晦日の大掃除という儀式で表現しています。太陽神の浄化力の【黒の力が死神】の正体です。数字の13の「死神の力」が、結局はその後の14から21の「世界」のカードまで力を及ぼします。



★2014年7月27日に佐世保で高1の少女が同級生の首を斬り落とすという事件があり、2014年8月19日にネット動画でイスラム国が米ジャーナリストの首を斬る映像を流します。佐世保の少女とイスラム国は三次元的には全く関係はないのですが、太陽神の浄化力の【黒の力】を佐世保の少女もイスラム国も受けています。



★太陽神の浄化力のエネルギーという【黒の力】を佐世保少女とイスラム国の両者が受けていますが、少女は衝動的であり、イスラム国は組織化され計画的でネットを最大限に利用していることで最先端の科学技術を持っていると推理できます。



★太陽神の浄化力という【黒の力】が数字の13の【死神】です。その力を受けて、組織的に戦略的に世界の人々を使って本当に人を殺すイスラム国は数字の15の【悪魔】のカードが強いと言えます。佐世保の少女は【黒の力】を直接受けて首を斬っているので、イスラム国より数字の13の死神の力がリアルに出ている、と言えます。



★数字の13の太陽神の浄化力の【黒の力】が地上に現れた現象が数字の15の【悪魔】ということです。その13と15の間に【左から右へ転換】する数字の14があります。これは物質的なるもの(左)から魂的なること(右)への転換と云う意味です。「目に見える世界」より「目に見えない力」に従うことが、左から右、という節制のカードで表現してます。



★日本は12月31日が大晦日の大掃除で、1月1日から1月3日までを正月三が日と言います。大晦日から正月三が日の流れを、タロットカードでは数字の13の「死神」から数字の21の「世界」までで表現しているのです


太陽神の浄化力という【黒の力】を受ける人々が出てきて、人間の作った文明文化を破壊します。しかし人々が星からインスピレーションを受けて、だんだんと真実の世界が解かっていき、魂と霊の合体であるハネムーンをし、太陽の子を精神の内部で誕生させ、復活して、永遠(トワ→108)の世界に回帰する、それがタロットカードの13から21で描かれるシナリオです。そのシナリオどうりにがこれから世界は動くと鷲は見る!



★今(2015年2月4日)はタロット16の塔の世界破壊の寸前です。またタロット15の悪魔が出てきたところです。その悪魔はもちろん、イスラム国戦闘員です。かなり解かりやすい全身真っ黒の姿で出てきたことが、大演劇的なのですが、解からない人たちや子供たちへのサービスでやっているのかもしれません。つまりイスラム国の中枢は非常に高度な知識と精神を持っていて、死神と悪魔の役割を十分に解かっているのです。








3、大晦日の大掃除のお祭りの始まり!


★今の世界は大晦日の大掃除の時である。しかも仮でなく本物の大晦日の大掃除の時だ。大掃除の意味は数字の【 6 】の人間の首を斬ること。ロクデナシを殺すことなのだ。ここで初めて、ナチスがユダヤ人をホロコーストした意味が解かってきた。それを書いていこう。



★太陽は毎日、東から昇るが、太陽が昇る前に【 一番暗い夜 】がある。これが大晦日の大掃除の意味。【 一番暗い夜 】とは浄化の時である。この浄化がないと太陽系は維持できないのだ。そして浄化されるロクデナシとは、



1、太陽神を否定する者たち

2、太陽が自分の周りを回っていると思っている者たち

3、宇宙の原理を何も学んでない者たち



の3つを上げておく。



★ユダヤ人とは1にユダヤ教を信じる者たちであり、2にユダヤ人の母から生まれた者、であるが、彼らが信じている旧約聖書は人間の妄想で創作した神のヤハウェと預言者モーセを崇拝する。そして旧約聖書は太陽神のバアルを悪魔とする。バアルを倒せ!と記述される書物である。ユダヤ人とは太陽神を否定するがゆえに、定期的に大晦日が来ると大掃除される人種であるのだ。



ナチスとは大晦日の大掃除の儀式実行部隊であった。同じく今回の大晦日の大掃除実行部隊はイスラム国戦闘員である。彼らも太陽神を否定する者たちを大掃除するために突然出てきた。彼らはユダヤ人を裁く、というより先進国のジャーナリストという人種の首を斬るために出てきたようだ。最初に首を斬ったのは米国のジャーナリストだったし、日本人の後藤健二氏もジャーナリストだった。考えてみれば、ジャーナリストほど自由・平等・人権・平和というユダヤの戯言の概念を信じている人種もいない。



★ロクデナシとは先進国の世俗的成功者に多い。なぜなら先進国のエリートの職業、医者・弁護士・学校の教師・公務員・政治家などは学歴が高いゆえに唯物主義・拝金主義・進歩史観(マルクス・ダーウィンなど)に洗脳されて、ユダヤ人化しているからである。彼らが学んだ全てはユダヤ人から来る概念である。学歴が高いゆえにナチスは悪魔だと確信している、というより洗脳されている。学歴が高いということはユダヤ化レベルが高い、ということだ。



★佐世保首斬り少女の父は一流弁護士であり、母は東大卒であった。なぜ?そんな両親の子に黒い太陽神(浄化神)が憑依して首斬り少女になったのか?太陽神にとっては、一流弁護士も東大も関係なく、弁護士も東大卒も人間(数字の6)が創作した妄想の価値観にすぎない。太陽神の起こす事件は全てシンボル的な意味があり、「宇宙的な教え」がある。



★佐世保首斬り少女の父は地方の名士でテレビにも出て、テレビで弁護士的な正義を語っていただろう。しかし太陽神は「六法」の世界を否定した!と考える。「六法」という言葉は、まさに六道と云う言葉を現代的に置き換えた言葉の感じがする。人間の
妄想が創作した法律世界。そんなものは、太陽神から見ればクダラナイ世界だろう。



★人間は神々と獣の中間に属する。ユダヤ人が創作した価値観は全て四足の獣の価値観である。それを大乗仏教では【 六道 】と表現する。しかし太陽神の世界は数字の【 13 】と数字の【 9 】の組み合わせで表現される。マヤの宇宙観では、天界が13階層あり、地界は9階層ある、というように、13と9はセットになっているのが神々の世界である。野球も監督をキングの13とすれば、選手のナイン(9)で、13と9の組み合わせである。



★さて、再び、大晦日の大掃除を戻れば、死神の面の太陽神が地界の人間を操り、数字の6の人間を殺すことを大晦日の大掃除、というのだろう。ヒットラーはチベットのカードで太陽神と交信していた。ヒットラーは太陽神を【 恐怖の王 】と名づけていた。その【 恐怖の王 】が地上に降臨してきた現象が、去年の佐世保の首斬り少女事件であり、世界的には、今の【 首斬り 】のイスラム国の出現であるのだ。そして、この大晦日の大掃除は始まったばかりである。今回もナチスのように【 13 】年間だろうか???







4、結び ~ 太陽神が世界を動かす!


★イスラム教は偶像崇拝を禁止しているが、イスラム国は偶像(シンボル)で世界に教えている。だからイスラム国はイスラム教ではなく、イスラム教を偽装した、1にロクデナシを殺すことと、2にシンボルで教える、【 鬼道 】だと鷲は見ている。鬼道は消滅したと思ったが、ここで出てきたことに驚いた。



頭上に太陽がある砂漠。それは我々の神聖な精神の表現である。砂漠は雑念(6の意識)がないことを表現している。そして黒ずくめの男が、オレンジ服の二人の首を斬る。首を斬ることは、【 6から9への転換 】を意味していて、オレンジ色は【 新しい太陽神の誕生 】を意味している。そしてこの黒づくめの男こそが、太陽神の【 死神 】の面であり、世界はその存在を恐れていたから、欧米のマンションに13号室はなく、日本のアパートやマンションには4号室がない、という現象になっている。数字の13の意味は死神であり、日本の数字の4は「シ」と発音し、死であり、死神を表現するからだ。



★安倍総理が2006年に初めて総理になった時、太陽神とズレていたから、最初に中国、次に韓国を訪問して、そして2007年9月の腹痛での辞任だ。太陽神でなくて、人間(数字の6)に従えば、破綻する、ということを身を持って体験した。そして、今は実に良い感じで安倍総理は太陽神に従っている。



世界を動かすのは政治家でも大金持ちでも秘密結社でもない。太陽神である。そしてその太陽神は我々の内部の【 魂 】である。【 魂 】に従う者が全てが見えるということ。魂との【 結びつきを強化する 】ために、新たに肉体を持って生まれた!ということ。【 魂 】と結びつくための浄化が大晦日の大掃除である。その現象こそが、獣の人間(6)を9(神)に転換させる【 力 】であり、今のイスラム国の戦争の本質であるのだ!!!





★なお、鷲はイスラム国現象を鷲なりに分析しているだけであり、イスラム国とは全く関係なく、イスラム国を支持しているわけでは全くない、と言っておきます。








by xuzu9851 | 2015-02-01 09:17 | Comments(0)
<< 死神と富の関係 リチャードコシミズの正体 2 >>