人気ブログランキング |

サーティンキュー

五井野正の正体 3

五井野正の正体! 3


1、五井野正の信者の騙し方と池田大作の信者の騙し方は全く同じ

★五井野正の信者は、五井野正は世界で評価されているが、日本では創価学会の迫害ゆえに評価されてなく、無名のままである、と、マジに信じているwwwそのように思っていることが「洗脳されている」というのだ。五井野正は世界でも日本でも全く評価されてない。世界に評価されている!という情報はウィッピータイムスと五井野自身の発言しかない。どんな嘘でも言える人間の五井野を信じることが愚かなのだ。


★五井野正の正体は池田大作を見れば簡単に解る存在である。池田大作は毎月月刊「潮」で外人の偉い人と対談しているようだが、対談している池田大作とは、写真のみの存在である。池田大作は「すでに死んでいる」とか「病気で寝ている」とか「ホルマリン漬けにされている」とかの情報がネットや週刊誌でたまに聞こえてくるが、「潮」の池田大作は病気なんぞ一切しないで、毎月精力的に外人の偉い人と世界平和のために対談しているwww


★簡単に言えば月刊「潮」の池田大作は架空の存在であるということ。これは創価学会以外の多くの人は知っていることである。反創価学会の者には常識である。それと同じようにウィッピータイムスの「世界で大活躍する五井野正」は五井野正自身が創り上げた架空の五井野正である。


★ウィッピータイムスの1998年9月15日号の「号外」には以下のようなことが書かれる!


  五井野プロシジャーを全世界がコール!

  南欧のマルタ共和国で国民の10%近くが大統領に五井野プロシジャーの嘆願書を!!

  副作用なしで白血病が100%完治

  ロシアのガン研究所で100%完治が証明され

  ロシアで特許を取得した五井野プロシジャーが、いよいよ年内中に欧米他、主要国で特許取得に!!


★ウィッピータイムスとは「恐怖新聞」とか「東スポ」の類のもので、日付も正確ではないほどの、誰も知らない五井野正の妄想のみを記事にしているダ~~レも読んでない紙である。新聞というには恥ずかしすぎる。小学生が先生に叱られて仕方なく書いた新聞を遥かに下回る嘘情報満載である。


★この紙屑を恥ずかしくなく信じているから、五井野の信者は「世界で五井野博士は認められているが、日本では創価学会に弾圧されて無名」という嘘を信じているのだwww


★世界で大活躍する博士であり、博士号や勲章をいっぱい持っている五井野正博士とは、池田大作のモノマネそのままである。しかし池田センセも五井野正博士も創作された記事だけの存在であり、信者のみを騙すためのトリックだったのである!

★再度云えば、池田大作が10年前に死んだとしても、雑誌「潮」の池田大作は毎月、精力的に外人の偉い人と世界平和の対談をしているのである。聖教新聞の池田大作や「潮」の池田大作は【 空想の池田大作 】であり【 信者用の池田大作 】だからだ。


★この創価学会が信者を騙す手法をそのままやっているのが五井野正だ。このことで五井野正は反創価を偽装した創価学会系の宗教◎◎師だと断言できる。その手法は池田大作と五井野正しかやってないから。



2、カルト教祖とは1どんな嘘でも云う体質 2自分をメシアと断言して、自分を信じるしか救いの道はない!と信者を洗脳する!3自慢話が異常に長い!


★カルト教祖とは

  1、どんな嘘でも言える体質

  2、自分がメシアだと宣言して、自分を信じる以外は救いの道はない!と断言する。

  3、自慢話が異常に長い。


★上はコリン・ウィルソンの「カリスマへの階段」をチョッと読んだ時にワスが感じたカルト教祖の共通点である。五井野正こそ、この3点にピッタリと当てはまる!五井野正が20歳代から言ってきた妄想的な発言は

  1、五井野正は釈迦・イエスキリスト・日蓮、天台・伝教・聖徳太子・モーゼその他、地球に現れた救世主の全ての先生である!wwww

  2、五井野正は1977年に米ソの核戦争で滅亡した地球を法華経の秘法で救ったwww

  3、癌や白血病を代表にする現代の難病の全てを治す漢方薬を五井野正は発明して世界で大評判になっているwww

  4、ロシアの元大統領のエリツィンの最終的な医者でエリツィンの心臓病を治し、現在はプーチンを指導しているwww

  5、しかし創価学会の弾圧で、大天才の五井野正は日本ではショボイwww

  この程度で妄想話はやめるかなwww 楽しい人だと解るが、なんという名称の病名なんだろうか?

★後、高卒なのにロシアなどから医学博士号を貰っていることも笑えます。手品の種は創価マネーということ。字数制限で今回はこれまで。


-----------------------------------

★以下は2012年4月に投稿したが、強制削除された文章です。

ニセ本尊偽造の五井野正!


 その神は人間であったのだ。しかも人間とその「我」のあわれなひとかけれにすぎなかったのだ。

 ニィーチェ「ツァラトゥストラ・背面世界論者」


★創価学会の二代目会長の戸田城聖は以下のように発言している

 【 ただ、大御本尊だけは、われわれは作るわけにはゆかない。日蓮大聖人様のお悟り、唯授一人、代々の法主猊下以外にはどうしようもない。だから、佛立宗や身延のヤツラが書いた本尊なんていうものはね、ぜんぜん力がない。ニセですから。力がぜんぜんない。むしろ、魔性が入っている。魔性の力が入っている 】

 日蓮信仰の世界のでは本尊は命より大切なものだが、その本尊を偽造した者は私が知るかぎりは、二人いる。その一人は池田大作。そしてもう一人は五井野正である。


★池田大作が南無妙法蓮華経の題目を商品登録しようとしたり、日蓮の本尊の髭曼荼羅を偽造したことは有名だが、五井野正は「私こそが法華経の主の大通智勝如来」と宣言し、自分が書いた密の法華三部経大系を【 本物の本尊 】だと宣言した。


★その五井野の言葉は真っ赤な嘘であった。しかしこのようなニセ本尊偽造の五井野の実体を知らず、様々な著名人が五井野とツーショットしていたのである。現役総理大臣の時の小渕元総理や鳩山由紀夫元総理であり、大臣クラスでは、田中真紀子元外務大臣であり、亀井静香元建設大臣であり、三塚博元大蔵大臣である。


★池田大作でも現役総理とのツーショットはないが、政界の大物を簡単に騙せるのが、詐欺師・五井野正。だから、多くの人達が簡単に騙される。そこでニセ救世主・五井野正の真実を明らかにしたい!


★日蓮信仰の世界では本尊の偽造は大きな罪となる(あたり前だが)が、五井野正は【 自分こそが釈迦や日蓮の師の大通智勝如来 】と彼の書いた本で宣言していたのである!霊感商法の大家、五井野正の正体を暴きたい!



1、1984年4月28日に日蓮の預言した三大秘法という触れ込みで「密の法華三部経大系」を出版するが、「科学から芸術(平成7年12月1日発刊)」の巻末経歴にはそれを隠しているが、それはなぜ?

★五井野正は密の法華三部経大系を1984年4月28日に出版する(一部の人は1983年4月28日だと思っているが、1983年4月28日の印刷の文字の上に1984年4月28日だと書いた紙が貼られ、密の法華三部経体系の付録についてきた「ウィッピー通信1号の年月日が昭和59年(1984年)5月5日」なので、密の法華三部経大系は出版日は1984年4月28日である)。

 ウィッピー通信1号(昭和59年5月5日号)には以下のように書かれる

【 つまり、根本の無明というものが形として現れたのです。この根本の無明に本当の法華経、つまり本尊が顕されたという事です。 】

【 本門の題目、本門の本尊、本門の戒壇の三大秘法と言えどもそれぞれに別称であってこの一冊故に三大秘法と言えども一大秘法と言うのである。この理なくして何の理があるだろうか。すなわち本門の題目とは"密の法華三部経大系"ということである。(以下略) 】


★上に書かれるように五井野正著「密の法華三部経大系」こそが、本物の本尊だというのである。その意味は日蓮正宗や創価学会、その他の日蓮系の法華経信仰団体が崇拝している「日蓮の曼荼羅は嘘の本尊」であると言っていること。


★池田大作はニセ本尊を偽造したが、五井野正の場合はもっと安易に自分で本尊を書いて(笑)【 これこそが本物の本尊だ! 】とやったわけだ。日蓮との関連性は彼が本の中で創作した日蓮や釈迦や天台大師や伝教大師等の言葉だけ。そんな言葉は詐欺師ならどんどん創作して書けるわけだが。


★が、五井野正なりに理屈はつけている。まずは、自分は悟っていると五井野正著の法華三部経大系(1981年12月10日発刊)のP16で宣言して、P49では「私が法華経の主」だと宣言して、

ーーーーーーーーーーーーーーー

 P16「 さらに言えば私は悟りを開いています。悟りは前述した様に法、理、事を兼ね備えているものです。(法華三部経大系) 」

 P49「 つまり先ず十二因縁を説くのはこの本を読む人達が法華三部経大系という題名から買って読んでいる訳で私が法華経の主であると知って声聞の立場で買う訳ではない。(法華三部経大系) 」

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 上を書き、そして自分の書いた本の密の法華三部経大系が日蓮が預言した三大秘法、つまり、本物の本尊だと宣言したわけだ!!


★要するに、自分で書いた本を勝手に本物の本尊だと宣言し!商業販売していたのが、五井野正だったのだ!!



2、もちろんインチキ本尊!五井野正著「密の法華三部経大系」!!


★ウィッピー通信1号には以下のように書かれている。

【 ですからこの本を三大秘法と思い信行に励もうとする時、一大秘法として本門が開かれるのです。そして本門の次は光明門、つまり光門に入ります。光門の次に浄化門があり、このような戒壇(階段)を登ってでなければウィッピー行は与えられません 】


★上のように書かれるわけだが、私が光門のビデオの法華を1セット5万円払って予約注文して24年(1988年に予約)経過しても、光門のビデオの法華は来ない。予約金詐欺だったということ。


★この24年の間で光門(ビデオの法華)を発刊するはずの創栄出版は倒産した。創栄出版が正本堂とか言っていたはずだが。密の法華三部経大系の巻末には様々な仏や菩薩が、【 この本を守り広める者のみ、我々は守る!!! 】とか、力強く宣言しているわけだが、正本堂の出版社がとっくに倒産(笑)。


★これで証明されることは五井野正の言葉は嘘。密の法華三部経大系の最初の日蓮とか釈迦とか伝教大師とか金星人オーソンとか巻末の様々な仏や菩薩は【 五井野の妄想か?五井野が創作した嘘の言葉 】ということで、また、五井野正著「密の法華三部経大系」はニセ本尊だということ!密の法華三部経大系を拝み守り広めてもだ~~~れも守ってくれないということ(笑)ここが五井野正が霊感詐欺師だという証明である。五井野も「密の法華三部経大系」はなかったことのように、「科学から芸術」の巻末の経歴に書いてないしw


  五井野正はニセ本尊を偽造した!ということ!!



3、五井野プロシジャーは副作用なしに癌や白血病やあらゆる病気を100%治す!と言うが本当か???

★1998年9月15日(火曜日)のウィッピータイムス号外に以下のように書かれている。

【 副作用なしに白血病が100%完治!! ロシアの癌研究所でも100%完治が証明されロシアで特許を取得した五井野プロシジャーが、いよいよ年内中に欧米ほか、主要国で特許取得に!! 】

【 南欧のマルタ共和国で国民の10%近くが大統領に五井野プロシジャーの嘆願書を!! 】

【 ロシアで特許取得の人類の夢 五井野プロシジャーを全世界がコール スウェーデン・デンマーク・イギリス・ドイツ・イタリア・マルタ共和国・ロシア・ウクライナ・ベラルーシ・ラトビア・エジプト・レバノン・バングラデッシュ・オーストリア・米国など、世界中の末期ガン重病患者がヘルプ・コール!! 】


★上の情報が正しければ凄いことだが、ウィッピータイムス以外の世界の情報機関では全く書かれない、伝えてない情報だ(笑)。五井野村だけの妄想か!?かなり怪しいというより、完全に怪しい情報、ニセ情報である。その五井野プロシジャーの真実を探求したい!


★私は初期の五井野プロシジャーを創ることができるが、私の体験では、これは「元気ハツラツのオロナミンC」程度である。信者は絶対効くと思っているかもしれないが、健康食の程度だろう。絶対に今にも死にそうな重病が、たちどころに治ることはありえないだろう。重度の癌患者や白血病患者は治すことはできない。


★そして五井野プロシジャーが100%副作用なしで、全ての病気を治すのであれば、今の世界が大注目するだろう!、が、今まで、五井野村以外で世界が注目しているという話は全く聞かれなかった。


★五井野が創った1997年の「 救済者 」というドキュメンタリー番組がある。これもかなりの疑惑がある。


★これは1997年にウクライナの国営放送で「救済者」というタイトルで流れたと言っているわけだ。


★第一の疑問は、ウクライナの国営放送はウクライナ語で放送するのだが、この放送は、ロシア語である。ウクライナの国営放送なのに、なぜ?ロシア語で放送していたのだろうか?


★ノストラダムスの大預言の1999年の2年前に、五井野はウクライナで救世主を演じたわけだが、ウクライナの国営放送のはずなのに、ロシア語の放送したということで、このドキュメンタリー番組の嘘が見えてくる。


★1997年に本当にウクライナの国営放送で五井野の「救済者」が放送した事実があったのか?五井野のやっていることは全て疑わなくてはならない!


★次の疑問は五井野は「救済者」というドキュメンタリーで白衣を着て医者としてふるまっているが、医者の免許はあったのか?ウクライナでは医者の免許がなくても治療することができるのか?少なくても五井野の最終学歴は高卒であるから、日本では医者として活動することはできない。


★私が過去の記憶では五井野はラトビア?かどっかで医者の免許を取ったということだが、それは、本当か?疑問の数々である。


★しかし、最大の疑問は、五井野プロシジャーが本当に100%副作用なしに、癌や白血病を、たちどころに治せるのか?それが嘘なら、重大な事件に発展する可能性がある。


★五井野の言うことを何もかも盲目的信じる者たちがいるから、彼らが、五井野プロシジャーで100%癌が治ると信じて、医者の治療も断り、癌患者に五井野プロシジャーのみを飲ませたところ、全く効かないということになれば、殺人にまで発展することもありえるからだ。


4、五井野は駐日アルメニア共和国名誉領事になったことは一度もない!!


★五井野正は1995年12月1日に発刊した「科学から芸術へ」という表紙の右上に「駐日アルメニア共和国名誉領事」という肩書きを書いている。


★そこで私は今月6月22日に駐日アルメニア共和国大使館・総領事館に電話した。するとアルメニア人らしい男性が出て来たのだが、


 私「 ちょっと伺いたいのですが、五井野正という人物が、【科学から芸術へ】という本で、駐日アルメニア共和国名誉領事と名のっているのですが、本当ですか? 」と聴いた。

  すると

 アルメニア領事館の男性「 その人物は前からアルメニア名誉領事と名のっているが、1度もアルメニア名誉領事になったことはありません 」とかなり強い言葉で答えた。

  やっぱり、それも嘘だったのか!と私は五井野の嘘をまたも確認したのだ。



5、五井野のやってきたことは若きときから、一貫して霊感商法である!

★五井野は1977年に米ソの核戦争で地球が滅びたと主張している(講演と密の法華三部経大系)。1977年に地球が滅びたのに、なぜ?、いまだに地球があるのか?それは五井野の法華経の秘法によって、時間を元に戻したからだw このような荒唐無稽な主張をマジメに語る教祖がいて、それを信じる信者が存在するのが一神教(カルト)の特徴である。


★五井野と信者にしか存在しない世界。一つの集団でしか信じてない世界、それが一神教(カルト)というもので、共同妄想の世界である。1977年に米ソの核戦争をあったことを証明できるのは、五井野の頭の中のみである。


★その五井野の妄想を共有しているだけなら問題はないが、地球滅亡を防御するには、五井野の本の「七次元よりの使者第0巻」を広めなければならなかった。だから、その当時の信者は一人100冊くらい五井野の本を「自費」で買ったのだ。地球滅亡を防ぐためにw それで、ベストセラーとなり、五井野がベストセラー作家と自慢しているわけだ。


★なぜ?1977年に地球滅亡という話になるのか?それは1977年に五井野の本を出版する創栄出版を設立している。それを考えれば、1977年に米ソが核戦争をして地球は滅びた、と言う妄想は、本を売り、出版社の経営を軌道にのせるための嘘だったとわかるし、五井野は最初から霊感商法をしていたのだ!!


★若き時から五井野は霊感商法やっていた。空缶を拾ったくらいで、宇宙で一番エライ創造神だと宣言し、信者に本を何冊も買わせ、高い金額の講演料を払わせ、そして今やってることは、買えば天国に行けると信者が信じる「ゴッホをマネした絵」である。その絵の値段は1500万円もして、統一教会の壷と同じレベルである!



6、五井野正とはこういう人


1、ニセ本尊偽造(密の法華三部経大系)

2、予約金詐欺(密の法華の次の門である光門を予約しても来ない。24年間)

3、五井野が創った副作用なしに100%、癌や全ての病気を治すという漢方薬を信者に飲ませる(この漢方薬が副作用なしに100%癌その他が治るのか?は、正式に日本で証明されてなく五井野村のみが信じていて危険)

4、経歴詐称(アルメニア名誉領事になったことは一度もない)

5、霊感商法(自分を創造神だと主張して天国に行けるという絵を信者に売ってる)

6、インターネットを世界初めて発明したと主張し(科学から芸術P150)、信者は信じる

7、ムーミンのスナフキンのモデルだと主張

8、第三次世界大戦を止めたと主張

9、1977年に米ソの核戦争があり地球は滅びたが、五井野の法華経の秘法で地球を元に戻したと主張する

10、宇宙で一番エライ創造神だと若い時から主張する!釈迦もイエス・キリストも五井野の弟子wだと本(密の法華三部経大系)に書いている。

  その他数多くあるが、この辺で。


★なにかとてつもない楽しい人だが(笑)、本質は自分を創造神だと思い込んでいる(マジか?)、高卒の宗教詐欺師が五井野の本質である!


★彼の出しているウィッピータイムスというのがあるが、五井野が世界の要人とのツーショットの写真が毎回掲載される。このウィッピータイムスとは聖教新聞のパロディである。池田大作が海外の要人に毎回会って、池田崇拝の記事しかないのが聖教新聞だが、ウィッピータイムスでは池田の役を五井野がやって、毎回、世界のエライ人と会う凄い博士という記事なのだ。


★池田も五井野も日本では信者以外は全く崇拝しない!というのが同じである。まぁ~、五井野は池田をモデルにしていることはわかる。勲章や名誉博士号のコレクターというのも同じだし、そんな勲章や名誉博士号を持っても、信者以外は、誰も凄いとは思わないが。

★元々、五井野は創価学会の一家に生まれたし、五井野の子供の頃、一番尊敬していたのは池田大作だった。五井野教は池田教のパロディなのだ。言葉の表現が違うだけのことで、本質は同じである。五井野教はあまりにも規模が小さいので、誰も気づかないが、言っていることは、五井野が宇宙で一番エライ創造神だとか、世界の国王や大統領を五井野が指導しているとか、凄いw しかも、信者は、五井野の発言を全て信じてるw


★五井野は常に講演では池田大作を攻撃するが、本当に池田教と五井野が敵対関係にあるのか?それはわからない。オウムも創価学会を敵とする発言をしていたが、創価学会(と統一教会)がオウムを作った説はかなり真実だと思われ、オウムも五井野も簡単にロシアに入っていけるところを見ると、五井野も創価学会の下部組織の可能性もある。それを証明するにはまだ資料が足りないが。

★世界で大活躍する五井野正博士という嘘は、インターネットで簡単にバレル嘘だ。ドクター、タダシ・ゴイノあたりで、検索すれば、五井野が世界で活躍していないことが簡単にわかるし、そのアカデミーナントカも、かなり怪しいものだとわかる。


終わりに

★麻原彰晃は1987年頃に最終解脱者と名のるが、その10年前の1977年に五井野は七次元よりの使者第0巻で「創造神(宇宙の中心者)」と名のっている。具体的に創造神と名のるのは1984年の密の法華三部経大系にだが。今、考えると、この二人は仏教の最高者を名のり、ロシアに行くなど似ている。もちろん、どちらもインチキ・メシアだが。


★創造神とか法華経の主とか五井野は名のっているが、それなら常識の常識で嘘を言ってはならないが、「科学から芸術」という本の表紙に肩書きが駐日アルメニア共和国名誉領事となっているが、日本の駐日アルメニア領事館に電話して聴けば、「その人物がアルメニア名誉領事になったことは1度もない!」と怒りを込めて言われた。五井野が嘘ツキだということは、このように簡単にわかるのである。


★オウムは1990年の前半にロシアに進出して2~3年で信者2万人を獲得して、今はロシアでオウムは禁止されているが5万人くらい信者がいる。五井野は1990年中盤からロシアに行ってエルミタージュで美術展覧会をしたり、ロシアの要人とのツーショットをしている。なぜ?オウムや五井野はロシアに深く入れたのか?それは「 悪魔と深く関係しているから 」だろう。具体的なことはこれから分かってくると思うが。その謎を解くのはこれからのお楽しみだ。


★五井野の本、七次元よりの使者第0巻に出あって、今年で31年目。1984年の4月28日に出版された密の法華三部経大系も長らく信仰していた。しかし、五井野の言葉は嘘で、あり、嘘本が五井野の本であったのだ。その証拠はいくらでもあるが、繰り返しになるので、この辺にする。五井野の本を崇拝しても御利益や諸仏・諸天に守られることはない。なぜなら、五井野の本を出版している創栄出版自体が、守れてないから、とっくに倒産したのだ。


★五井野のやったことで一番危険なことは、100%副作用がなく癌やその他の病気が一瞬に治るという漢方薬を信じることだろう。私の病気は五井野の薬では治らなかったので、五井野の薬を盲信することは非常に危険なことだと体験的に言える。そして、五井野の言うことは一切疑わないと真実は見えてこない。嘘を信じて生きることは必ず体調を崩す元になる。


★また、若い時から、神でもないのに神だと多くの人を騙しきた五井野が、自分の絵を、天国に行けると言って1500万で売っていることは完全に霊感商法なのだ。また政治家は五井野と写真を撮る時、その写真は霊感商法に使用されると気づくべきである!いずれ、五井野の正体が何もかも表に出て来たとき、ツーショットした政治家達は大転落するだろう。


★創造神でもないのに創造神だと言って多くの人を騙してきた五井野の罪は非常に大きい。五井野の密の法華三部経大系の巻末のような表現で言えば、五井野は【 これから何もかも暴かれ、業が山のように、五井野に、降りかかってくる 】だろう。





by xuzu9851 | 2016-03-05 12:42 | Comments(0)
<< 五井野正の正体 4 五井野正の正体 2 >>