サーティンキュー

今は、酒、薬物、性的快楽を鬼は禁止しているのか? ~ 裁かれる六道の快楽





★今日のワイドショーのトップニュースは栃木のプリンスの猥褻事件。紅白歌合戦を目指して頑張っていたが、猥褻事件で夢は遠くなった。性的事件で大転落する者が毎日のようにニュースになっている。











★そして芸能人の薬物事件も多い。







★これだけ毎日、逮捕者が出るということは、酒も薬物も性的快楽も鬼が禁止したかもしれん膿~。快楽が否定される時代。そんな時代がやってきたと感じる。その辺を書いていきます。







1、六道の快楽が否定される時代





★1920年代の日本はエログロナンセンの時代だったが、1930年代に入るとテロリストの時代になる。5,15や2,26や血盟団事件など。その流れと同じく、今は世界中がテロリストの時代となった。これが今が1930年代の繰返しという証拠だ。



★同時にAVが国家権力から弾圧され、毎日のように芸能人の薬物や猥褻事件が報道される。芸能人だけでなく、教師や議員の薬物や猥褻事件も数多い。そして酒の値上がり。今は「六道の快楽が否定される時代」になった。



★六道の快楽が否定される時代となった!というより【 六殺し 】のテロリストの時代である。いつ殺されてもおかしくない。そして犯人たちは【 鬼に憑依された基地外たち 】である。



★まずは今までとは全く違う世界に入ったということ。いつ殺されるか解らない時代に入った。タイガーウッズの手錠姿が世界に流れたが、彼のようにセックス中毒で、薬物中毒の者は、全て裁かれる!というメッセージを感じる。







2、贅沢ができない時代の始り!






★1929年10月24日が暗黒の木曜日であり、そこから世界大恐慌が始まった。日本も当然、1930年代は大恐慌で非常に貧しい生活を強いられた。そんな時に、阿部定のちんぽ切り事件や津山30人殺し事件などの猟奇事件、そして5,15や2,26や血盟団事件などのテロが起きた。



★タロットカードで言えば、13の死神、14の節制、15の悪魔、16の塔の時代が1930年代であった。これから(すでに)1930年代の時と同じようになる。これからは贅沢はできない。贅沢をする者たちはタイガーウッズのように手錠をかけられる。だからタロット14の【 節制 】なのだ。



★そして天動説から太陽神に帰依する者に成らないと殺される時代となる。ナマハゲの儀式は家の中に入っていくように、テロリストの精神の中には鬼が入っている。テロリストは基地外なんだが、それは鬼が精神の中に入っているからだ。



★サヨクも天皇教右翼もダメ。太陽神に帰依する者だけの世界となる。1930年代に太陽神に帰依していたのはナチスでありイタリアのファシスト党であり、日本の関東軍である。戦後嫌われ続けた彼らは太陽神に帰依していた。



★それをなぜ世界の人々が解らないのか?それは戦後72年間、ユダヤに洗脳され続けたからである。これからは

 1、贅沢は全くできない時代

 2、猟奇事件の時代

 3、テロリストの時代

 4、太陽神に帰依する者たちが出てくる

 5、ユダヤ権力世界の崩壊

 6、これまでの価値観が通用しなく、善悪が変わる

 7、約80周期の現象なので誰も体験したことがない

 8、太陽神が鬼として出て来て一人一人を裁く現象





 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-06-07 09:38 | Comments(0)
<< 労働者教育から天才教育に変えた... テロとハグはセットである! >>