サーティンキュー

近く、トランプは世界一のテロリストだ!と世界は理解する!






★毎日のように世界でテロが起きる。そして世界一のテロリストはトランプである!と近く世界の人々が認めるだろう。鬼が出て来た時代はテロリストの時代となる。テロリストたちは既成の世界を破壊するために出現する。表の世界を破壊し、裏の世界を築き上げるため。6の世界を破壊し、9の世界を建設するため。



★トランプの使命は3つある。

  1、米国が世界の警察であることをなくす

  2、トランプが世界大恐慌のトリガ―を引く

  3、既得権益層はもちろん、世界の全てを大混乱に導く



★世界に大混乱をもたらすために鬼が選んだ米大統領がトランプである。フランスのマリーヌルペンは常識的でありすぎたので変態マクロンに負けたと鷲は考える。鬼が好むのは常識人ではなく、フィリピン大統領のドゥテルテのような非常識人である。



★トランプは世界一のテロリストになるのか?その辺を考えて書いていきます。







1、鬼が出て来た時代!



チベット六道輪廻図



★チベットの六道輪廻図が今の時代を表現している。六道の円の上に三つ目の鬼。この鬼の頭には髑髏と火。この絵が【 六殺し 】の表現である。鬼が出て来た時、六の数字の人間は殺される!という絵である。



★実際、毎日のように世界でテロリストが出て来た多くの人々を「犬のように無残に殺している」。人権とは真逆の世界となっている。テロリストを操っているのはイスラム国となっているが、このような世界的なテロをどっかの固定した組織が操っているとは考えずらい。



★鬼が異次元からテロリストの中に入り込んでやっている。【 魂 】という漢字はまさに「 鬼が云う 」である。「 鬼が云う 」に従っているのが世界に出て来たテロリストたちである。



★そのテロリストの一人が今の米大統領のトランプであり、フィリピン大統領のドゥテルテである。彼らは鬼が出て来たテロリストの時代だから、大統領になれた。マリーヌルペンが成れなかったのは、常識人すぎて鬼に嫌われたからである。



★鬼が出て来た時代は常識人は通用しない。彼らは殺されるか?敗北する運命である。これまでの世界は破壊される。北朝鮮のミサイルはそれを表現している。ロックフェラーが何もかもカネの力で戦争をやっているとコシミズは云っているが、それは間違い。



★世界を操っているのは鬼である。鬼はユダヤの世界を破壊して、鬼の世界を建設する。ユダヤの世界に入っている者たちは大魔神に踏み潰される人々となる。これからは【 九鬼(クカミ) 】。鬼の世界を建設するために、ユダヤの世界を破壊する使命を受けているのがトランプという「切り札」であるのだ!







2、鬼が出てきて浮かぶ者と沈む者の分かれめは?





★鷲の観察によるとずっと前から鬼は静かに出ていたのであるが、だんだんと激しく出て来た。鬼が強く出てくると北朝鮮が力を強め、トランプが米大統領となり、ドゥテルテがフィリピンの大統領となり、今まで地味であった将棋と卓球が注目を浴び、旧約聖書を土台とする宗教信者が殺され、自由を叫ぶ者たちが殺される!という現象。



★シンボルで教えるのが鬼だから、出てくる現象を分析していくと鬼からのメッセージが解ってくる。日本の政治家は全員ダメである。一人の政治家も鬼から認められない。だから安部ちゃんもサヨクも全くダメということ。



★鬼が創った国が満州国であった。出口鬼三郎が1920年代に基礎の土台を造り、石原莞爾が建国したのが満州国。鬼が出て来た時代、鬼三郎、満州国、ナチスを肯定する者が時に乗れるだろう。ドゥテルテは大統領なのに公然とヒトラ―を支持しているし。



★ユダヤ的な言論を云う者は沈んでいく。アキアキした言論しか言えない者たちは沈んでいく。テレビ評論家は全てダメ。そして芸能人の薬物逮捕とか猥褻で逮捕される教師とかの現象も時を見る点で重要である。



★宗教は全てダメになる。「信仰」を土台とする宗教は全てダメ。OSS憲法の言葉を信じている者は全てダメ。求道者的なタイプがヨシ。世界大恐慌となるので、カネが全て!と思っている者は全てダメ。全く新しことが起きるから過去の経験に頼っている者はダメ。



★近くトランプが世界大恐慌のトリガーを引くだろう。そして1929年10月24日の暗黒の木曜日の再来である。日本はあらゆることがダメになる。が、これまでの世界が続いても「 認知症が5人に1人の65歳以上 」では地獄。



★今は鬼が出て来て大転換する直前にいるから、その精神的な準備が必要である。鬼が出てくる時代があるから、スペインでは闘牛があり、秋田ではナマハゲの儀式があったのだ!


ーーーーーーーーーーーーーー


補足




★鬼は旧約聖書の申命記ではバアルと表現され、鬼の妻はアシェラと表現される。鬼の妻アシェラは日本では般若のお面として残っている。旧約聖書はバビロンの「ベルの目」を改竄してできたウソの聖典である。だから鬼が地上に現れると旧約聖書を信じるユダヤ人は弾圧され、それがナチスのユダヤ人狩りとなった。



★ユダヤの三要素は、1にウソの神を信じる、2に自由、平等、人権などの天動説思想、3にカネを神のように崇拝する。今の世界に出てくるテロリストたちが殺している者たちは、ユダヤ化した者たちだと解る。



★定期的に鬼が出てくる時がある。約80年周期だから殆どの人は鬼とは初対面となる。その時の準備のためのスペインの闘牛であり、日本のナマハゲであり、チベット密教の六道輪廻図など世界中に鬼の芸術作品がある。今はユダヤ狩りの周期に来た。日本人の殆どはユダヤ化しているので、大転落する者が多数出てくるだろう。


 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-06-08 07:41 | Comments(0)
<< 落合莞爾の説は鹿島昇説の反動で... 労働者教育から天才教育に変えた... >>