サーティンキュー

落合莞爾の説は鹿島昇説の反動でキリシタン天皇派の邪説を擁護したにすぎない!






★落合莞爾が天皇に興味を持つようになったのは、「明治維新の極秘計画」のP38に書かれているように、1993年のある日、たまたま新聞で、鹿島昇の「歴史」という本の宣伝の新聞広告を見て、その広告文に「長州騎兵隊大室寅之裕が明治天皇になり」というところに嫌悪感を抱いたことが始りらしい。



★岩倉具視と伊藤博文が孝明天皇父子を殺し、大室寅之裕にすり替えた!という説を鹿島昇が出したが、それに落合莞爾は反発して、孝明天皇父子は密かに堀川御所という場所で生き延び、京都でウラ天皇をやり、欧州王室連合へ対応した、日本の戦略的外交をやり、ウラ天皇が日本を安泰にしていた、とかの説。



★それが落合秘史らしい。結局、彼の云っていることは鹿島昇の説に反発して、神武天皇から始まり、現在、125代の平成天皇だが、その崇高?な伝統がずっと続いている!と言いたいわけだ。ウラ天皇とかは、モルモン教の飛鳥昭雄などのキリシタンが使っている言葉と同じだが。



★落合莞爾は「キリシタン天皇派」だということ。鹿島昇の説があまりにも原爆級の破壊力だったので、なんとか鹿島昇の説を一部受け入れながら、元の崇高?な天皇の歴史に戻したい!というキリシタン天皇派擁護のための対策本が落合莞爾の天皇本である。今の平成天皇が明治天皇からの4代目で、4代しか伝統がないことを隠したい。また明治天皇の国家神道は神道を偽装したキリシタン天皇の新興宗教国家であることを直視できないのが落合莞爾。



★落合莞爾がいかに邪説を駆使しても、ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に原爆が落ちたことは、イエズス会に原爆が落ちた!ということ。広島と長崎はイエズス会の聖地であったから。そして長州という山口は日本で最初にイエズス会の教会が建設された地である。原爆は鬼がイエズス会に落とした。それが正解である。



★手に入れることのできる本、そして人の噂を曲解して邪説を駆使して既成の天皇観を守っても、先月、眞子様が国際キリスト教大学の同級生と婚約したわけだし、明治からの天皇は鬼塚英昭が「天皇のロザリオ」で書いているように神道を偽装したキリシタンである!というのが真実である。



★伝統的天皇がキリシタンなわけがなかろう。日本の伝統的神道は根源は新羅から来た北伝神道なわけだし、その伝統を守る皇室ならば、皇族がキリスト教大学に行く!というのはない。明治以前の江戸時代はキリスト教は禁教だったわけだし。



★明治維新とはイエズス会逆襲のキリシタン革命。だから天皇教の終わりは、キリシタンのように信者たちは殉教死した。「天皇陛下万歳!」と叫びながら。明治天皇からの現人神天皇とは、イエスキリストのようなメシアだったわけだ。



★落合莞爾の説は間違い。鹿島昇の説が正しい。その辺を考え、鹿島昇の説に鷲の説を付け加えて書いていきます。







1、歴史は偽造されていることが普通の状態!



★古今東西、歴史とは偽造と捏造の世界である。今の日本の歴史も韓国の歴史も中国の歴史も今だけに通じる幻想であり、権力者が変わるたびに歴史観は変わっていく。古事記、日本書記は、これまで何度も改竄されてきた文書であるし、万葉集は古代朝鮮語で書かれて、古代の日本語で書かれていると思っていることが大勘違いである。



★枕詞とは古代朝鮮語であり日本語だと思うと絶対に意味不明となる。天皇の北朝とは新羅系天皇であり、南朝とは百済系天皇である。670年に倭国からどうして?日本という国号に変わったのだろうか?それは663年の白村江の戦いの後、新羅が倭国を滅ぼし、列島を新羅の王族である金良琳(キンリョーリン)が征服して、列島に新しい国、日本を建国したからである。



★日本という国号はボルネオ語のシラヒースという言葉からくる。このシラヒースは「日の出るところ」という意味であり、シラヒースの発音からシラギという国号になり、シラヒースの意味を二字の漢字で表現したのが【 日本 】という国号である。



★日本が建国されたのは、663年の白村江の戦いの後、列島を支配した金良琳(キンリョーリン)が日本という新国家を建国し、彼が初めて天皇と名のった初代天皇だが、42代の文武天皇となっている。その前までの歴代天皇たちは朝鮮半島の歴代の王族たちをモデルにした創作と空想の天皇たちである。



★また百済系天皇(南朝)の初代が桓武天皇という50代天皇であり、彼がまた歴史を偽造して、古事記、日本書記、続日本紀、新撰氏性録、万葉集という改竄書と偽書群を創作したのである。古事記や日本書記にしても何度も改竄された文書であるが、最初から偽書である可能性もかなりある。



★古今東西、国の歴史は偽造されていることが世界の普通の状態である。だからいまだに本当の日本史を知る者は日本人で一人もいない!









 2、2点で明治維新とはキリシタン革命であると解る!



★2点で明治維新はキリシタン革命だと解る

 1、幕末(1853年~1868年)と同時期に起きた清の太平天国の乱(1850年~1864年)

 2、ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に落ちた原爆



★日本の幕末は1853年から1868年だが、同時期、清では太平天国の乱というカルトの反乱があった。その年代は1850年から1864年まで。太平天国というカルトが清を乗っ取ろうした乱だが、教祖は洪秀全という人物。



★教祖・洪秀全はイエスキリストの弟を称して、清政府に反乱を起こした。キリスト教系の新興宗教である。キリスト教の新興宗教が清国家を乗っ取ろうして失敗した同時期に、日本では明治維新があったのである。




★1850年から1868年の清と日本を考えれば、イエズス会は清の乗っ取りには失敗したが、日本の乗っ取りには成功した。しかし秀吉から300年間のイエズス会禁止の日本ではキリスト教を隠し、表は神道を偽装した。



★それが300年間、日本の地下に潜ったキリシタンの知恵だったのだろう。長州とは日本で最初にイエズス会の教会が建設された地である。300年間の地下生活のキリシタンたちの信仰と世界イエズス会が手を結び、日本にキリシタン革命を起こした。それが明治維新である。



★しかしキリシタン新興宗教国家日本、或いは、現人神天皇日本、の末路は1945年8月6日と8月9日の広島と長崎の原爆投下によって終わる。昭和天皇は人間宣言をする。しかし「天皇陛下万歳」と叫んで殉教死した日本人は多数いた。人間宣言するとは、現人神天皇はウソだったことになるが、その意味を深く考えることがいまだに日本人はできずにいる。戦前の殆どの日本人はオウム真理教の信者のようにインチキメシアに騙されて犬死したのだ。それが真実。



★ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎。鬼は暗号によって常にメッセージを与える。米軍を操っていたのは鬼である。ユダヤ人やキリシタンは鬼が出てくると必ず裁かれる。最新兵器によって。鬼は常に最先端のところに居る。



★ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に原爆が落ちたことこそが、明治維新はキリシタン革命だった!ことを意味する。それは鬼からメッセージをキャッチした者しか理解できないことだが。









3、落合莞爾の本は鹿島昇の反動にすぎず間違いだ!



★落合莞爾著「騎兵隊天皇と長州卒族の明治維新」の中のP76に「明治維新は人権問題の解消だった」と云う章がある。いやに現代的な、戦後的な解釈である。もちろん間違い。明治維新とは300年間も日本の地下に潜っていたキリシタンと世界的なイエズス会とロスチャイルド金融が結びついて起こした「 キリシタン革命 」であった。



★しかし人権という言葉はゲットーに閉じ込められたユダヤ人から来る言葉だから、ゲットーから出て宮廷ユダヤ人となり世界を支配したロスチャイルドまで考えると、あながし間違ってもいない、ということになるが、やっぱり間違いだと断言しておこうwww 明治維新はそんなに軽くない。鬼体制からキリシタン体制の下降した革命だから。



★落合莞爾よりも鹿島昇の著作の方が質においても量においてもずっと上である。落合莞爾の天皇本は鹿島昇の説の反動にすぎず、また間違っている。鹿島昇が破壊した従来の天皇観を落合莞爾が、鹿島昇の説を一部受け入れて、元の空想の神武天皇から始まる、純粋単一日本人という妄想天皇史観を取り戻そうとした著作群である。



★しかし今、鹿島昇の本はなかなか手に入らず、落合莞爾の本は簡単に手に入ることから、落合莞爾に洗脳される者たちも多く出てくるだろうが、落合莞爾の本は鹿島昇の本の反動だから、鹿島昇の本を知らないと、彼が何を言いたかったのか解らない。



★鹿島昇の本を鷲は勧める。落合莞爾の本は内容が間違っているし、空想と妄想の産物であるし、真実からほど遠い天皇の歴史だからだ。彼のウソを信じてる限りは、松果腺からホルモンが湧き出ることはない。ウソを信じることは危険なこと。鹿島昇もパーフェクトではないが、本質は彼の日本史が正解だと鷲は確信している。


ーーーーーーーーーーーーーー

補足


★天皇の歴史ほど隠されているものはないが、鹿島昇は超人的な探求力と知性を発揮して、古代朝鮮語の史書を解読して、真の天皇の歴史を発掘した。それに比べ、落合莞爾は、鹿島昇の業績にケチをつけて、鹿島昇の一部を万引きして、元通りの空想的な天皇の歴史に戻しただけである。



★神道には朝鮮半島から来た北伝神道と九州にやってきた南伝神道があるが、天皇は新羅の神道が本来である。大乗仏教は百済から来た。鬼道、神道、大乗仏教はシンボルで教えるから同じ仲間だが、キリスト教は違う。



★旧約聖書は「神の言葉が世界を創った」として、シンボルを偶像と表現してシンボルを否定する。天皇が神道を捨ててキリスト教徒になったら、古代からの伝統から全く違う世界に入ったということ。



★明治天皇から考えると現在の平成天皇は4代目である。しかし125代としているのは、古今東西の歴史の偽造の伝統だが、キリスト教天皇の歴史は実は4代しかないのだ。江戸の260年間、キリスト教は禁教だったので、キリスト教を表に出せず、神道を偽装していたが、今は、眞子様で堂々と皇族がキリスト教徒を名乗る。



★しかし神道とキリスト教の違いを今の日本人が解るわけがないので、誰も異議を唱えないが、原爆がヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に落ちたことを考えると、鬼はキリシタン天皇を近く認めないだろうと鷲は考えている。



 


[PR]

by xuzu9851 | 2017-06-08 11:58 | Comments(0)
<< 今はみんな苦しいw ~ 6から... 近く、トランプは世界一のテロリ... >>