人気ブログランキング |

サーティンキュー

レゴミニズム入門







★毎日、鷲のブログを読んでいる人々は鷲の云うレゴミニズムの意味が解っていると思うが、殆どの世界の人々は太陽系文明の叡智を形に表したレゴミニズムに全くの無知である。レゴミニズムを価値観の基本とする者が数字の「 9 」であり、レゴミニズムを否定する者、レゴミニズムを全く知らない者、その者たちは数字の「 6 」のロクデナシであり、今、ホロコーストの火によって処刑される者たちである。数字の「 6 」の言っていることは全て妄想である。性的退廃者は妄想しか語ることはできない。



★レゴミニズムを全身全霊をかけて探求する日々の者たちが賢者だ。レゴミニズムは非常に奥が深く、どこまで行っても終わりがない情熱ある探求が必要である。我々の人生の目的は我々の日常に常にある風景となっているレゴミニズムの本当の意味を理解して、魂と意識の一体化のハネムーンを実現し、太陽人間に成ることである。太陽人間、それは将棋では「 裏と 」で表現されている。



★東大を卒業しようが、ハーバード大学を卒業しようが、医者であろうが、弁護士であろうが、大統領であろうが、レゴミニズムに全く無知なる者は数字の「 六 」の性的退廃者にすぎない。その例は今の世界中のあらゆるニュースで見られる。学校の勉強レベル、それが大学でも大学院でもレゴミニズムの正確な解読は存在しない。だから日本の学校の教師の猥褻事件が多いのかもしれない。レゴミニズムが解らない!ということは性エネルギー昇華を知らないということだから。72年間、地球の表面は夜であった。しかし今、太陽神が出て来たから「 六殺しと九の誕生 」の朝に変わった。



★今はレゴミニズムの再発見の時である。数字の意味、シンボルの意味の、基本は鷲のブログである「 数字とシンボルの意味の基本 」が良い。あの鷲の文章が一番早いのだ。レゴミニズムをマスターすると毎日起きる事件の本質が解り、世界中にある古代遺跡の意味、そして古代から現代に至る芸術作品の本当の意味が解るだろう。今回はレゴミニズムの理解のための入門を書いていきたい。








1、知識は2種類ある




★知識には2種類ある。「学校で教える知識や世間で教える知識」と「太陽系の叡智」の2種類。太陽系の叡智は古代ギリシャではグノーシスと呼ばれたが、グノーシスという言葉も、今は、様々な本が出ているが、バカ学者の妄想という汚染があるので、今の世界の大学の学者が到達できない言葉であるレゴミニズムという言葉を、ある一定期間だけ使って行こうと思っている。「 夜 」の世界の大学などという機関はけして真実を教えるためにあるわけではない。別の目的にある。



★学校で教えている知識や社会が教える知識は、数十年でどんどん変わるが、「 性(エロス) 」や「 死(タナトス) 」という本格的なところまでは、絶対にいかない。「 時によって変わる妄想の解釈 」にすぎないレベルであるのが学校や世間(社会)の知識である。



★鷲は今の知識人と呼ばれる者たちを全く尊敬していない。今回の「 座間9人遺体事件 」にしろ、専門家と呼ばれる者たちがテレビに登場するが、数字の「 9 」の意味や死神の「 13 」が解らないために、それは外側的な(細かい点)に当たっているが、本質的には全くの的外れになっている。



★世間で生きるのに必要な知識は絶対に必要である。しかし中学生(中学校)からの知識は実は全く社会で生きるにしても、宇宙で生きるにしても、全く役に立たないである。しかし今の親は子供の就職だけが目的という「 倒錯 」に洗脳されている。太陽系に人間が生きている!とは一度も全く考えない。そこが一番の悲劇の根本原因であるのだ。



★本物の知識がないことは非常に恐ろしいことである。第一に死神の使者の癌治療の医者に騙される。鷲が思うに現代日本の医者という存在はかなりの悪魔である。どれくらい合法的に殺人を彼らがやっただろうか?そして癌治療の医者こそが悪魔の極致である。しかし死神の「 13 」の観点に立てば、今の日本の医者を信じる程度のバカは癌という人々を殺すために創った癌治療で殺した方が良い!ということのになるが。



★知識は太陽系叡智(レゴミニズムの中にある偉大なる叡智)だけが永遠の価値がある。もちろん社会に属しているから法律やその他の知識も必要であろう。しかし日本の法律とは、今の日本の今のこの時だけの約束であり、韓国でも北朝鮮でも中国でも米国でも通用しない。太陽系叡智のレゴミニズムだけが世界で、太陽系で通用する!という第一に認識してないとならない。



★レゴミニズムを探求することは実に楽しいことであるのだ。レゴミニズムだけに貴方の中の魂が反応する。しかしその感激を言語表現できる人間はいない。言語表現できる訓練は必要である。それは日本語だけでも良い。レゴニミズムを語ることにより、知識とは何か?が解って来ると思う。レゴミニズムとは太陽系の叡智を形に表現した、誰でも知っている日常の風景にあるシンボルである。



★ツタンカーメンの黄金のマスクには頭上に二匹の上昇する蛇が居る。あの二匹の蛇が女神であり、宇宙の母(ハハは88)であり、数字の「 2 」の偉大なる知識である。人間が生きるためには


1、太陽系の偉大なる叡智

2、肉体的な現実を生きるのに役立つ知識


の2つが必要である。



★2は今の日本人には解っている。しかし1のレゴミニズムの中にある太陽系叡智を全く探求しない。その結果、松果腺が扇子が開くように開かないから性エネルギー昇華によって性ホルモンが分泌され脳神経の再生という現象がないから、脳神経の病気で多くの人々が倒れるのである。




★日本の代表的なレゴミニズムに「 開いた扇子 」があるが、あれは松果腺が開くことを意味する。「 扇子が開いて本物の人間に成る 」のである。ツタンカーメンの黄金のマスクは、頭上の上昇する二匹の蛇の数字の「 2 」の宇宙の母の叡智を獲得している黄金の子(太陽人間)を表現している。ツタンカーメンの黄金のマスクに成ることが人間の生きる目的であるのだ!















 完



by xuzu9851 | 2017-11-10 15:25 | Comments(0)
<< 日々起きる事件の暗号を正確に解... 事件の暗号を解読すると「 今は... >>