サーティンキュー

今、日本中が日馬富士が貴ノ岩を殴ったことをやってます。なんで?







★レゴミニズムとして相撲には興味があるが、今の相撲に鷲はあんまり興味はない。今、北朝鮮のミサイルがいつ日本に落ちてきてもおかしくないし、いつ東京大地震が来てもおかしくないし、いつ世界大恐慌が来てもおかしくないし、いつ日本が国家破産してもおかしくないし、いつ韓国の国家破産がきてもおかしくないが、朝のワイドショーは日馬富士が貴ノ岩を殴ったことを1時間。昼のワイドショーも丸々全てを日馬富士が貴ノ岩を殴ったことをやっている。なんで?そんなに日本中、日馬富士が貴ノ岩を殴ったことをやっているのか?そこを考え書いていきます。














1、日馬富士はモンゴルの大王の怒りに触れた!




★2007年8月、突然、朝青龍バッシングが起きた。朝青龍が巡業をズル休みしてモンゴルでサッカーをしていたことがバレたからだ。それが原因で朝青龍は引退することになる。そして2007年9月、当時も今と同じ安部晋三総理であったが、腹痛で総理を辞めた。




★2007年を考えると、朝青龍の巡業ズル休みと「 安部総理の総理引退 」は、なにやら深い関係があるような気がする。となると10年経過して日馬富士の暴行問題の後、安部総理が再び「 腹痛 」で総理辞任となるのか?



★モンゴル人横綱の不祥事と安部総理の腹痛による総理辞任は関係があるのか?関係はあるだろう。それは日本軍の正体と満州国の建国と解く鍵となるかもしれない。と言っているのは冗談で言っているわけではなく、今、閃いたことである。




★諸世紀の10章72番では「 アンゴルモアの大王を蘇らすためにマルスは平和の名において支配するだろう 」という詩句がある。モンゴル人の横綱が間違った方向に行った時、アンゴルモアの大王はモンゴル横綱を叱り飛ばす!の現象が今回の出来事だろう。



★日本中が一週間、「 日馬富士が貴ノ岩を殴ったこと 」が最大の話題である。不思議な現象である。三升も酒を飲んだら酒癖の悪い日馬富士なら貴ノ岩を殴るだろう、と思っても、この話題の勢いは収まる気配はない。



★今の日本は何よりも「 日馬富士が貴ノ岩を殴ったこと 」が最大の話題であるのだ。ナチスの地政学者のハウスホーファーは「 モンゴルを制する者が世界を制覇する! 」と断言した。かつて数字の「 9 」を好んだジンギスカンは世界を制覇した。



★日馬富士は「 太陽系文明の掟に違反 」したのである。ビール瓶?カラオケのマイク?別の酒瓶?で貴ノ岩を殴ったことによって。横綱なのに「 太陽系文明の掟 」に違反し、モンゴルの大王が怒った結果が、今回の大騒動の原因であろう!










2、日本人と朝鮮人と漢民族と蒙古人と満州人の祖先は同じであり、故郷の大地は満州である!




★今は西洋の時代から東洋の時代への転換期であり、モンゴル大帝国や清王朝が蘇る時代である。その先ぶれのモンゴルの横綱の品格が落ちることをやってはならない。スポーツのエリートがカネとセックスに支配されることをゴルフのタイガーウッズでも見て取れるが、格闘技の根源である日本の相撲は次元の違う世界から常に監視されている。




★日馬富士は精神をカネに支配されてはないが、凶器での暴力はプロレスに堕ちることを意味する。プロレスは底辺の文化。しかしプロレスもそれなりに意味がある。プロレスは反相撲だから、相撲界を追われた力道山がスターと成った。しかし太陽文明の叡智のレゴミニズムを表現した相撲はプロレスとは別格である。



★横綱は「 世界の王 」のレゴミニズムである。酒に酔って格下を暴行する世俗の人間ではならない。そこが問題になっているのだ。貴乃花親方が問題になっているのも、貴乃花親方の思想が、太陽神から見れば間違っているからだろう。




★貴乃花親方は新興宗教のようなものにハマったことがあった。新興宗教は伝統を偽装した間違った思想、つまり本質はイエズス会であるゆえに、全て間違いである。貴乃花親方の一見、正義の行動も、太陽神に認められてないから問題となる。



★人間とは「 神に成る可能性 」である。だから常に「 何が真実?で、何がウソか? 」の真剣な土俵に、人間は立つのである。日馬富士の暴行が問題に成るのは、平手打ちではなく、凶器のビール瓶か?別の酒瓶か?カラオケのマイクか?の問題。「 世界の王 」のレゴミニズムの横綱が格下にそれらで暴行することは許されないこと!という太陽神からの表明である!










 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-11-21 15:28 | Comments(2)
Commented by 五井野正は結婚していた他 at 2017-11-21 21:37 x
川上宏のブログとそれを話題にした五井野正の話題が盛り上がっています。

1.五井野正は、昨年入院し、今も体調が悪く、誰にも姿をみせておらず、重病との話もある。
(五井野プロシジャーは効かなかった。)

2.五井野正は結婚していたが、最近疎遠となっているらしい。
相手は、七次元よりの使者第2巻の表紙写真(浅間山で撮られた)に白い服で写っている女性

3.五井野正にもしものことがあれば、隠し部屋の高級美術品が信者の一派にとられる可能性が大
候補は、現在の会のNo2の生○(女性)

4.五井野正は、大学受験に落ちていた。大学生にあこがれがあったため、大学のある都留市で大学生といっしょに世界の雑貨屋をはじめて
ウイッピーのもととなった。

5.五井野正は、宏のヒモ状態で活動資金はほとんど宏が捻出していた。(宏の言い分なのでどこまで本当か不明)

6.五井野宏は、釈迦と同じく大悟を得たと自慢している。(どうなっているのだ!この兄弟は)
Commented at 2017-12-11 01:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 五井野正の正体 10 「 さらし首 」の時代 >>