サーティンキュー

いつの時代も「 性 」に対して人間は無知である!






★セクハラと猥褻のキーワードで日々起きる事件を観察している。この性的退廃行為の解決法を鷲は持っている。それは「 性エネルギー昇華 」である。札幌市の狸小路の狸大明神というレゴミニズムを解説できる者は鷲一人だとずっと思っているが、いまだにそうだ。だから常に「 性エネルギー昇華 」のレゴミニズムを解説している日々となっている。




★安部が悪いの、トランプがどうのこうの、プーチンがどうのこうの、言う者は多くいるが「 性 」に関しては全く語ることができない。全く知らないからだ。医者にしても同じ。医者なんぞ知識人ではない。いずれ医者の正体を明らかにしたいが、「 猥褻 医者 」というキーワードで検索すれば解ること。




★PCや携帯、SNSの発達で情報が乱れ飛んでいるように見えても「 性 」に関しては全く人々は無知であるゆえに沈黙せざるえない。それはいつの時代も「 性から人間が誕生するのに、人間は性に関しては無知である 」という状況に置かれている。いまだにこの分野は100年前のフロイトが新しいのである。




★ところがレゴミニズムの世界では、人類への「 性 」へのメッセージが中心であり、性エネルギー昇華しろ!というメッセージしかない。太陽系人類のレベルでは「 性エネルギー昇華だけが正しく、他は全て性的退廃 」であり、性的退廃者はいずれガス室行きとなる。どんなに社会的地位が高くてもカネがあってもだ。




★さて今は世界的にセクハラ訴訟の時代であり、猥褻人間が「 さらし首 」にされる時代である。この時代、神社や仏閣というレゴミニズムを正確な解読をして「 性エネルギー昇華 」の流れに世界をするのが正しいだろう。その辺を考えて書いていきます。








1、今が「 性 」の真実を知る時!




★今が「 性 」の真実を知る時。人間はセックスから誕生して死に至る。エロスからタナトスが人間の人生であるが、「 性 」に関して全く無知なのが日本人である。日本人でなくても世界中の人間が無知である。しかし「 性 」の真実はフロイトの本に書かれているわけではなく、石でできたレゴミニズムにある!



★性エネルギー昇華とは何か?性エネルギーという「 梅 」を三十三本の椎骨に沿って上昇させ脳と胸腺に「 ? 」の形でフィードバックすることである。人間は唾を創るが、唾を外に吐き出すのではく、体内にフィードバックする。性エネルギー昇華もそれと同じである。



★さて何度も鷲は神社は性エネルギー昇華を三次元で体験するために存在する建築物だと書いてきた。しかしそれに反応できる者はあまりいなかった。副島のブログを見ると自分を碩学の者だと自称しているわけだが、副島隆彦は全く「 性 」に関して無知である。あのレベルなら副島が憧れる占師にはなれないだろう。



★「 性 」とは何か?その質問を出せば誰もが無知ゆえに沈黙の状態である。「 性 」に対する正しい認識があるか?それが知識人の条件である。フロイトは性エネルギー昇華まで行かなかった。ライヒは間違った。ラジニーシは売春宿を提供しただけだった。



★グノーシス主義を自称するなら「 性エネルギー昇華のみ正しい! 」という認識が正解である。カレイドスコープのようなバカは全くグノーシス主義が解ってない。あれはサヨクでありキリスト教徒であり、バカである。グノーシス主義とは太陽神の知識を獲得した者であり、誰でも成れる存在ではない。



★キリスト教徒というバカには誰でも成れる。最終的にはガス室行きの運命だが。グノーシス主義者とは「 直観 」と「 努力 」の成果であるのだ。「 性 」を正しく語れるのはグノーシス主義者のみ。太陽神に帰依して、白い女神(オカメ)の崇拝して、性エネルギー昇華を実践する。そして世界中にあるレゴミニズムを理解する。それが太陽系人類に「 成る 」唯一の道であるのだ!








2.白い月の女神としてのオカメ




★正月の代表的なレゴミニズムとして白いふくよかな顔のオカメと注連縄がある。しめ縄は昇華された性エネルギーのシンボルであり、性エネルギ―を昇華するには、白い月の女神を崇拝しないとならないが、白い月の女神の日本的表現がオカメの白い顔であるのだ。




★エリファスレディのバフォメットの絵に左上に白い月が描かれ、右下に黒い月が描かれる。これは白い月の女神に従っている精神状態を表現し、性エネルギーが昇華され人間として正常であることを表現している。しかし現実には黒い月に支配された人間ばかりであり、その者たちが、児童ポルノ、セクハラ、猥褻、淫行などをやってしまう。



★100年前にフロイトは「 人間の行動の源は性にある! 」と本に書いたが、性エネルギー昇華まで至らなかった。ユングは性に関しては避けていたような感じがする。しかし性エネルギー昇華のシンボルは世界中に存在する。かなまら神社の男根祭りは、性エネルギーを神のエネルギーとして崇拝している。



★日本の江戸時代はローマと並んで性的自由の時であった。男女カップルでの性的快楽は悪ではない。しかし今のこれだけ性的退廃が侵入しナマハゲが出てきている時は、性エネルギー昇華のみで行くべきなのだ。ナチスヒトラーはルーン文字体操で性エネルギー昇華をしていた。いまだに精神の世界でもナチスヒトラーが一番上の知識を持っていたと思う。



★真言密教のお経に理趣経というのがあるが、性的快楽は菩薩の境地と書かれる。真言密教より、男女カップルで性エネルギー昇華をする真言立川の方が進んでいたと思うが、現在、日本では邪教だと思われているのはイエズス会の偽善が日本人の頭を洗脳しているからだ。




★性エネルギー昇華のシンボルは、七福神の老賢者が持つ杖である。シンボルとして、杖を持つ者は性エネルギー昇華を実践している賢者である。性エネルギー昇華はヨガ的な行ばかりではない。登美丘高校ダンス部の激しい日々の練習も性エネルギー昇華になるだろう。しかしハッキリと知識を持っての性エネルギー昇華はレベルが違う。




★性的退廃で多くの人間が転落する時が今だ。性的退廃者ならば、社会的成功者であっても、太陽系人類の「 9 」にはなれない。世界中にレゴミニズムがあるが、その石文明の教えの中心に「 性エネルギー昇華 」がある。レゴミニズムを日々探求し、ITのプロであり、性エネルギー昇華の実践者がこれからの日本のリーダーとなるだろう。




★性的退廃者の「 さらし首 」現象は、「 性エネルギー昇華 」に転換するためのきっかけである。そして性的退廃者として「 さらし首 」に成るほど恥ずかしい最低のことはない。






 完


[PR]

by xuzu9851 | 2018-01-04 16:33 | Comments(1)
Commented by 明日のジョーを見て at 2018-01-05 02:55 x
後半のりちゃんがジョーに回りの若者みたいに青春を謳歌しないのと言う
ジョーは青春かわからないが不完全じゃない完全燃焼出来るんだ
だから減量もトレーニングも意味が有るんだ的な事を言うと
のりちゃんはこの人には着いて行けないとジョーのもとを去る

最後の試合ホセとジョーの結果発表まえに真っ白な服を着た白木葉子にジョーが
これ受け取って欲しいと真っ赤なグローブを渡す(ハネムーン)であり性エネルギー昇華ではないのか
心を揺さぶる作品には6でなしが9になる何かを伝えてると思う
<< 神社は性エネルギー昇華の方法を... 性エネルギー昇華を実践する者だ... >>