サーティンキュー

「 性 」と「 カネ 」の暗号






★人間は「 性 」から誕生し、「 女 」から誕生するが、社会では「 性 」も「 女 」も軽くみられている。それは社会とは「 カネ 」で形成されているからだ。しかし今は「 女 」たちが「 性的退廃者の男 」を裁き、仮想通貨のコインチェックが560億円分の仮想通貨をハッカーに万引きされたり、はれのひの社長が成人式前に夜逃げし、それなのに、不可解な記者会見を開いりしている。




★「 カネ 」で形成される社会とはウルトラマンの始りのように大怪獣に破壊される運命であるのだ。「 女が性的退廃者の男を裁く! 」という暗号の意味は、カネ社会が終わり、太陽系文明の始り!ということ。性的退廃者の男たちを裁く女はレゴミニズムとしては「 般若のお面 」で残されている!




★19歳の妻の腕をかじった経済評論家の三橋貴明氏も「 性 」について語ってほしいが、経済は雄弁に語ることができても、「 性 」については19歳の妻とうまくいかないから、妻の腕をかじって逮捕された!と推測できる。三橋貴明氏の事件も妻に裁かれて逮捕された!と鷲は見ている。




★最近テレビに出ている元都知事の舛添要一氏は、登坂淳一氏のセクハラについて「 6年前のことだから 」と発言しているが、ヒッチコックは55年前の女優への性的暴行を暴露され、マイケルダグラスは32年前のセクハラを告発され、スチーブンセガールは25年前のレイプで訴訟を起こされている。舛添の感覚はかなりズレているから、彼には非難轟轟の状況である。




★今回は、「 性 」と「 カネ 」の暗号を書いていきます。









1、お賽銭箱とは何か?




★神社とは人間に「 性エネルギー昇華 」を教える建築物である。太陽文明の叡智を形にしたものをレゴミニズムと言うが、この神社というレゴミニズムの本当の意味を理解した者に出会ったのは今まで一人しかいなかった。それはメキシコ人のミゲルネリである。ミゲルネリは1982年から東京でノーシス講座を開き、鷲は1983年から参加した。



★神社が性エネルギー昇華を教える建築物である!とはこれまで何度も書いてきたので省略して、「 お賽銭箱 」とは何か?それを書いていきたい。ハネムーン(太陽と白い月の合体)を表現する鏡を崇拝する前に「 カネ 」をお賽銭箱に投げるわけだが、それは、「 カネ 」の世界とは180度違う、「 性エネルギー昇華の世界 」に入る!という宣言である。



★坊さんが髪を切って丸刈りになるのは「 性的妄想を捨て、性エネルギー昇華の道を入る! 」という宣言である。神道では手に持つ棒のようなものが「 男根 = 性エネルギー 」であり、神道の神官の帽子は性エネルギー昇華をしているというシンボルである。


ミゲルネリの性エネルギー昇華秘法



★現在、世界で太陽神が性的退廃者を裁いている。今は「 性エネルギー昇華 」の実践者だけが正しいのである。しかしだからと言って、サマエルアウンベオールの弟子のミゲルネリの「 性エネルギー昇華 」の技術は正しいと言っても、性エネルギー昇華は常に「 太陽神と合体した思想 」の者しか成功しない。



★常に太陽神はどこにいるのか?そのアンテナが正確でないとダメだ。そのアンテナが牛頭天王の二本の牛角のであるのだ。今の太陽神を正確に理解する者でないと性エネルギー昇華は成功しない。白い月の女神の忠実な子でないとそれは無理である。




★性的退廃者は社会的地位があろうと「 人生の失敗者 」である。あらゆる犯罪の中で一番最低の罪は児童への性的虐待者である。それがバチカンの聖職者と呼ばれる集団が伝統的にやっていたこと。それでキリスト教が邪教だと解るのである。




★鷲に「 性エネルギー昇華 」を教えてくれたミゲルネリは、「 私は1982年から1988年までの期間は力がある 」というようなことを言っていた。今書いたことは鷲の30年以上前の記憶であるので、だいたいそのようなことを言っていた。実際、その通りになった。



★ミゲルネリの限界は第一にサマエルアウンベオールを救世主と心底思ったこと。第二に聖書を信じたことである。鷲がナチスヒトラーを肯定していることは現在の無知な日本人には驚くだろうが、ナチスがコロンビアでナチス村を作っていたことを考えるとコロンビア人のサマエルの発想も解るのである。



★さて「 性エネルギー昇華 」を実践できる者は常に太陽神に帰依することが出来る者である。そのためには「 カネ 」を捨てなければならない。カネが第一に人間が性エネルギー昇華はできない。太陽神との一体化の道は、第一に「 カネ 」を捨てることであるのだ!それが神社のお賽銭箱の意味である。








2、今の世界の中心は太陽神である!




★性犯罪者はマスターベーションを猿のように辞めれないことから始まる。あらゆる犯罪の中で最低最悪は児童への性的虐待だが、戦後73年間、「 自由 」という言葉を信じた日本人の男性の全ては「 性的変質者 」候補になっている。意外なことに、カルトの建前のキレイゴトが性的退廃のブレーキに成っているかもしれない。



★しかし今は世界の王である太陽神が出て来た。あらゆる「 性的退廃者 」が裁かれる時に入っているのだ。学校の教師からして「 性教育 」が必要である。性エネルギー昇華を認めることができないなら、「 性犯罪者 」に転落するしかないだろう。



★「 自由 」という言葉を崇拝した映画監督の大島渚は、約15年くらい妻に介護されて死んだし、小説家の野坂昭如も脳神経の病気で10数年も妻に介護されて死んだ。西部邁は川に飛び込んで自殺した。戦後的発想のバカは全て太陽神に裁かれている。



★「 性 」に関しては一つしかない。太陽神と合体する「 性エネルギー昇華 」の実践である。カネを心底信仰している者たちはことごとく「 性的退廃者 」であったのであり、まだ裁かれてないならこれから裁かれる!ということ。



★今は、宇宙の父である「 数字の1 」と、宇宙の母である「 数字の2 」に帰依する者しか生きてはいけない!








 完


[PR]

by xuzu9851 | 2018-01-30 08:55 | Comments(0)
<< 児童ポルノ所持で逮捕されて自殺... なぜ今、「 性 」が問題になるのか? >>