サーティンキュー

完成された「 9 」の者としての布袋様 ~ 黄金の子の妊娠

d0241558_00372137.jpg









★布袋様の像で多くの人たちが解らないことは腹である。これは狸の置物と同じく妊娠腹である。タロット19の「 太陽の子 」を妊娠しているのが布袋様である。右手の杖は「 性エネルギーを昇華している!というシンボルの杖 」。左手にはお土産袋だが、それは「 9 」に成るための「 知識 」や「 知恵 」のことである。



★布袋様の別バージョンが狸の置物だが、狸の置物は男根によって「 性エネルギー 」を強調している。どちらと云うと狸の置物の方が情報が詰まっている。〇の中の八もあるし。



★布袋様は完成された人間の姿である。完成された数字の「 9 」としての布袋様を考え書いていきます。










1、黄金の子の妊娠

d0241558_00372566.jpg


★妊娠するのは女性だけ!と見られているが、狸の置物や布袋様を見ていると、古代から「 性エネルギー昇華 」を実践する男性は、「 黄金の子を霊的妊娠する 」の概念があったことが解る。我々は性から女から誕生する。女性として誕生すれば物質的な子供を誕生させるだろう。

d0241558_16174922.jpg


★男の場合、性的消耗しかできない者はロクデナシとして太陽系全体から嫌われる。マスターベーションを辞めれない猿のような男たちが、今、「 性的ホロコースト 」をされている。「 性エネルギー昇華 」を実践してるように思えても間違った考えでいれば、太陽の子を妊娠できないので、いずれは失敗に終わるだろう。




★一時的に性エネルギー昇華に熱心だが、ある時から、反動が起きる。二重の重心(ハムサムセン)の人間となる。ある時は聖人のような言葉を吐き、ある時は非常に世俗的。それはあらゆるカルト教祖に起きていることだ。世界観が間違っているからだ。




★サマエル ☛ ミゲルネリの性エネルギー昇華の路線は、聖書とキリスト教を見抜けなかった路線である。だからノーシスの性エネルギー昇華は失敗するのだ。サマエルの言葉で「 クリスチャンノーシス 」というのがあるが、要するに、ノーシスとは形を変えたキリスト教の運動にすぎなかった。




★バチカンの聖職者たちが「 児童への性的虐待 」で告発されている、今、キリスト教は明らかなる邪教である。サマエル ☛ ミゲルネリの性エネルギー昇華の路線は邪教キリスト教ゆえに失敗したのである。




★サマエルはコロンビア人である。ナチスは戦後、コロンビアにナチス村を創った。サマエルの「 性エネルギー昇華 」の知識は、ナチスのアーネンエルベから来るのは明らかである。ナチスを理解しない者は性エネルギー昇華は失敗する。




★サマエルは1950年に「 完全なる結婚 」という本を書き、それゆえに牢獄に入った!ということになっているが、それだけが理由なのか?それを調べる手立てはないが。どちらにしろ、ナチスヒトラ―を肯定しての性エネルギー昇華の実践者しか成功しないだろう。




★キリスト教の甘さが性エネルギー昇華には癌であるのだ。キリスト教の教えから言えば「 児童への性的虐待者もイエスの愛で赦す 」というのがありそう。だからキリスト教は最低最悪の邪教であるのだ。最低最悪の性的退廃者がキリスト教の頂点にいたわけで、元々、そのような性的退廃者がグノーシス文書を改竄してキリスト教なるカルトをでっち上げた!と鷲は見ている。

d0241558_00372137.jpg


★常に性エネルギー昇華の実践者であり、あらゆる情報を獲得して、太陽神と合体し、黄金の子を誕生させた者(霊的妊娠)が、布袋様の像であるのだ。人間の生きる目的は太陽神と合体を表現する漢字の「 旭 」となること。レゴミニズムの世界では人間の生きる目的はストレートに表現されている。










2、トランプは女に裁かれて終わるか? ~ 黒い女神カーリー神の出現




★不動産王トランプの人生は「 カネが全ての人生 」だったことが解る。トランプはポルノ女優だけではなく、多くの女性と不倫をしてきただろう。なぜなら「 カネが全ての男 」はそのようなもので、性的欲望に対するブレーキが全くないからだ。トランプがカネが全てだと思う男の頂点である。




★しかし米国はここで黒い衣装の女優たちの男への反撃である。この反撃が凄くて、セクハラで攻撃された男たちの全ては、敗北する運命である。黒い女神カーリー神の出現である。不動産王トランプが米国大統領になれたのは、米国の全てを明らかにする!という太陽神の意志であろう。




★トランプを小さくしたのが戦後日本のエコノミックアニマルの男たちである。第一に「 カネが全て 」であり、第二に「 性的欲望へのブレーキが全くない 」人種。カネが全てという信仰で、カネがない状態に陥るほど哀れなことはないが、エコノミックアニマルの全てはそこに堕ちる。




★トランプはアメリカンドリームの第一の「 金持ち 」になって、次に「 米大統領 」になった。しかし次は、性的問題で大転落する運命である。トランプタワーとはタロットの16そのものである。太陽神がトランプを米大統領に選んだのは、アメリカンドリームの体現者の大転落をみせつけるためである。




★トランプを見て感じるのは、金持ちになっても、米国大統領になっても、性的退廃者には本当の成功はない!ということ。そのことの「 さらし首 」としてのトランプの存在であるのだ!カネを神のように崇拝して、女を性の玩具として考えて生きていたトランプは、戦後のエコノミックアニマルの日本人の男達そのものである。トランプが裁かれる時、日本のエコノミックアニマルの男達も裁かれると云いたいが、すでに裁かれているのだ!









 完


[PR]

by xuzu9851 | 2018-02-11 00:52 | Comments(0)
<< 聖徳太子像の胎内仏は性エネルギ... 性的ホロコーストの時代 >>