サーティンキュー

五井野正の正体 12





★五井野正の正体を考える時、創価学会の日本占領計画を考える必要がある。

d0241558_19580756.jpg



★さらに創価学会を背後から操るイエズス会の世界征服の野望を考える必要がある。

d0241558_19583536.jpg



★池田大作も五井野正も世界外交を演じて見せた。その背後にあるのは彼らを動かすイエズス会。明治維新とは何か?明治維新とはロスチャイルドの資金によって、新興宗教・現人神天皇教で日本人の精神を支配したイエズス会革命であった。イエズス会のやり方は、各国の土着宗教の中に入り込む。そして土着宗教を乗っ取り、権力中枢に入り込み、イエズス会がその国をカルト信仰(ウソ神信仰)によって人々を精神的に支配する。


d0241558_19245544.jpg


★それが戦前の日本人の精神を支配した現人神天皇教である。どうしてヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に原爆が落ちたのか?広島も長崎もイエズス会の日本の聖地であるからだ。太陽神は米国(或いはドイツ)に原爆を製造させ、日本のイエズス会の聖地に落した。太陽神が出てくるとイエズス会は弾圧される。それがこれまでの歴史だったし、今も同じだ。

d0241558_19224680.jpg


★ザビエルが来日した以降、常に日本人はイエズス会との闘いであった。創価学会の幹部の息子として誕生した五井野正は、戦後日本で、一番早く救世主を名のった。文鮮明は韓国人だし、池田大作の場合は、救世主を名乗ったわけではなく、側近の幹部に「 生き仏(池田大作本仏論) 」だと言わせた。しかし後年、池田大作の側近幹部たちは、ほぼ全員、池田大作のアキレカエル正体を暴露した。五井野正の信者たちは、五井野正の一人の発想で行動していると思いこんでいるが、彼の背後には創価学会とイエズス会が存在したのである。

d0241558_15435567.jpg






★さて、再び、五井野正の正体を暴いていく!








1、インチキ救世主を創り出すイエズス会

d0241558_10552647.jpg


★現役総理だった時の小渕恵三、同じく、現役総理の時代の橋本龍太郎、外務大臣の田中真紀子、また大蔵大臣の三塚宏とか、五井野正とのツーショットの写真が残っている。イエズス会を背後にすると、日本と世界の大物たちとツーショットができることを証明している。五井野正の場合は池田大作の二番煎じだが、確実に、五井野正の背後にイエズス会が存在していた時があった。

d0241558_13043889.jpg


★創価学会は社会の底辺の人間を引きずり込み、「 信仰という精神病の一種にさせ 」、それにより人間を精神的な奴隷にするカルトだ。五井野正教の信者たちもひたすら「 五井野正博士は素晴らしいです! 」と云わせるカルトである。「 池田大作先生は素晴らしい 」が「 五井野正博士は素晴らしい 」に変わっただけのこと。池田大作教と五井野正教の製造者はイエズス会である。

d0241558_13040711.jpg



★ニセ救世主・五井野正の出現は、イエズス会の世界征服と創価学会の日本占領計画のためのものだった。








2、鬼太郎とニセメシアの違い



★戦後の日本に数人のニセメシアが出現した。統一教会の文鮮明(韓国人)、創価学会の池田大作(池田本仏論)、7次元よりの使者の五井野正、大川隆法、最終解脱者の麻原彰晃。この中で一番、五井野正が無名なのだが、その無名が先入観を持たせない効力となり、ロシアアカデミーとかの肩書で、日本の現役総理の、橋本龍太郎や小淵恵三や森喜郎や、外務大臣の時の田中真紀子や大蔵大臣の時の三塚博とツーショットしている。

d0241558_13040711.jpg


★ニセメシアは普通の人間としての肉体を持って「 私は救世主である!私を信じれば救われる! 」と多くの人々を騙すわけだが、この「 メシア信仰 」は日本にはガッチリ根を貼っている。島原の乱の天草四郎まで遡らなくても、戦前の現人神天皇とは、イエズス会が日本人を騙すために創作したメシアだったのだ!

d0241558_13065603.jpg


★そして現人神天皇信仰の最後は、日本人の一億総玉砕死となるわけで、これがイエズス会のメシアを信じた者たちの典型の終わり方である。日本の場合、いまだに現人神天皇の真相が解ってない。それはいまだにイエズス会の洗脳力が強力ということ。

d0241558_13024796.jpg


★鬼太郎は太陽神である目玉おやじとダイレクトに合体している姿で表現される。あの鬼太郎の姿が「 旭 」の本来を表現している。ニセメシアのウソ言葉を信じている限りは、太陽神である目玉親父と合体することはできない。ニセメシアは神を演じる詐欺師にすぎないからだ。ニセメシアを信じれば信じるほど太陽神である目玉親父と分離し、神経の病気や様々な災いが襲ってくる。

d0241558_13075341.jpg


★しかしニセメシア達は、ずっと信者たちを騙し続けることはできない。ニセメシアたちはしだいに詐欺師としての本性を現してくる。池田大作や文鮮明の正体を暴露したのは元側近の信者たちであった。オウム真理教を暴いたのはマスコミであった。

d0241558_13060363.jpg


★五井野正の場合は、社会に無視された存在で、だからニュースバリューがないので、テレビや新聞に全く無視されてきた。そして世間の一般の人間は自力でニセメシアを見抜く力なんぞない。誰かの云ったことを口マネするしかできない。

d0241558_07253977.jpg
★五井野正のウソを書き並べようと思ったら、「 7次元 」から始まり、莫大な量を書かなければならないので筆が止まってしまった。しかし五井野正が67歳で死んだということで「 五井野プロシジャー 」は全く効かない!ということが証明されたので、1998年9月のウィッピータイムスのウソ記事である「 南欧のマルタ共和国で国民の10%近くが大統領に五井野プロシジャーの嘆願書を!! 」という記事を貼り付けるだけで終わりとする。

d0241558_13094545.jpg
d0241558_08014294.jpg


★マルタ共和国の国民の10%が五井野プロシジャーの嘆願書を大統領に出したことはない。それが本当なら五井野正が死んだ時、マルタ共和国からもの凄い反響があるだろうが、全くない。五井野正の死を世界は全く無視している。




池田センセの博士号や勲章の方が五井野正よりずっと多いですwww


GOPが全く利かず死んだ五井野正はニセメシアであった!








  完


[PR]

by xuzu9851 | 2018-02-14 20:31 | Comments(0)
<< 性的退廃者が沈み、女神を崇拝す... 性エネルギー昇華のレゴミニズム... >>