サーティンキュー

さて



d0241558_12292301.jpg


★毎日「 浦島太郎の意味は何か? 」とか「 鏡餅の意味は何か? 」とか「 神社の意味は何か? 」とやっているのは楽しいことである。しかし多くの日本人はそれはできない。戦後の大人になる通過儀礼としてのある時期にカネ以外の価値を一切捨てたからだ。会社や社会にハマるとカネ以外には価値がないもの!という強力な洗脳を受ける。その洗脳を跳ね返す力がある日本人は殆どいない。

d0241558_08300228.jpg


★鷲が見る現代の今の日本の男とは全てが小男だが、だいたいは以下である


1、カネを神のように崇拝する者

2、無自覚な性的退廃者

3、無知



★日本人とは「たい焼き」のように同じような人間ばかりである。日本の男の一人を解れば、1000万人の男の精神構造が同じであるので1000万人の日本の男が解ること。鷲の年代から見れば10代20代の若者は面白いが、やはり多くは「たい焼き」だと解っている。カネの魔力に勝てる人間は殆ど存在しない。

d0241558_08255646.jpg


★鷲が20歳代の時は、新興カルトブームで、路上で、創価とか統一に常に勧誘されて、オウム真理教の者たちは鷲と同年配であり、鷲の場合はずっと真実の探求を辞めないから、宗教の奥の奥まで行った。そして「 レゴミニズムの正確な解読 」という誰もやってない分野に踏み込んだが、鷲が正統だと確信している。

d0241558_10524050.jpg


★「 私は救世主 」だとマジに宣言する者たちの正体を暴く者になったことは、鷲に対する太陽神からの贈物の仕事であり、鷲の徳であり、またその仕事が鷲の最大の喜びである。もう鷲にとっては、五井野正も大川隆法も麻原彰晃(この順番でニセメシアは出て来た)も完全なる宗教詐欺師だと解ったのである。

d0241558_10530536.jpg


★しかしニセメシアを裁くには本物の太陽系的な価値観が解らねばならない。だから、本物の太陽系的な価値観は将棋やチェスや囲碁や神社仏閣や鏡餅や注連縄や狸の置物や昔話や日本と世界のあらゆるところにあるレゴミニズムを正確に解読できる知力ないとダメなのだ。そして、日々のレゴミニズムの真剣な解読こそが一番楽しいことであると鷲は思っている!

d0241558_06275324.jpg


★ユダヤ的な発想とは人間的な発想のこと。それは数字の6の発想と表現できる。しかし数字の6には全く価値がなく、価値があるのは数字の9の価値観である。数字の9を追い求める人生でなければならない。鷲はありがたいことに多くの変わった先生が存在した。

d0241558_20004509.jpg


★自称メシアの五井野正を心底信じた時期が長かったが、彼の正体を暴くことで大きな世界が見えた。ノーシスの講師のメキシコ人ミゲルネリやノーシスの教祖のサマエルを真贋を真剣に考えることで、実は、ナチスが正しい!という結論になったのである。サマエルの間違いはキリスト教とグノーシスを合体させたことである。

d0241558_10343510.jpg


★将棋で言えば「 裏と 」に成るしか人生の成功はない!トランプが実業で成功して米国大統領になっても、毎日毎日、世界から避難轟轟では、失敗者と言わざる得ない。もちろんトランプのような性的退廃者に成功者は存在しない。

d0241558_17254883.jpg


★文学の本来の意味は何だろうか?それは太陽神と一体化する物語と解説を書ける「 文字の群れ 」を書けることである。全ての存在は太陽神に査定されて評価され形となっている。それを自覚しなければならない。




 完


[PR]

by xuzu9851 | 2018-02-25 19:28 | Comments(0)
<< 白い月の女神と新しく誕生する太... 浦島太郎が亀を助けたということ... >>