サーティンキュー

蘇る反ユダヤ主義!






★2年前、ドイツでヒトラーの「 我が闘争 」の出版が解禁されて大ベストセラーとなった。そして今年、フランス屈指の出版社ガリマール(Gallimard)のアントワーヌ・ガリマール(Antoine Gallimard)社長は、3月4日、作家ルイフェルディナン・セリーヌ(Louis-Ferdinand Celine)が記した激烈な反ユダヤ主義のパンフレット類の復刊に改めて意欲を示した。




★セリーヌは独特の文体の作家で、ナチスを賛美し、ユダヤ人を誹謗中傷したので、戦後は「 呪われた作家 」と呼ばれたが、この今、セリーヌの評論集が復活することは、反ユダヤ主義の蘇り現象である。またフランスでナチスの迫害を逃れた高齢の女性が、反ユダヤ主義者と呼ばれる者たちが殺害された。




★再び、ユダヤ人が迫害される「 周期 」がやってきた。そして、今、日韓の政治で行われていることはキリスト教徒の政治家たちの大転落である。自民党にはいやにキリスト教徒が多いし、韓国の大統領は、文在寅、朴槿恵、李明博、など最近の3人の大統領はキリスト教徒である。そして朴槿恵と李明博は囚人番号で呼ばれる身となっている。今、聖書を信じる者たちが裁かれる時がやってきた!ということ。その辺を書いていきます。


d0241558_06264533.jpg








1、反ユダヤ主義と極端にユダヤ化された戦後の日本人!

d0241558_13195468.jpg

★時は約80年周期で時計のように回っている!と鷲は書いてきたが、80年前は1938年。1930年代の世界の代表的な作家はルイ・フェルデナン・セリーヌであったが今は忘れ去られた作家である。彼は20世紀最初の世界的なベストセラーである「 夜の果ての旅 」の作者である。しかし戦後、セリーヌの名が全く聞こえなくなったのは、1930年代の反ユダヤ主義の評論集が原因である。戦後、反ユダヤ主義作家ゆえにセリーヌの名声は全く地に堕ちたが、鷲はセリーヌの1930年代の評論集が今も非常に好きなのは、鷲が反ユダヤ主義であるからだ。

d0241558_17263783.jpg

★反ユダヤ主義とは鷲の言葉で言えば「 バアル教 」である。太陽神バアルの教えを具現させた物的存在を鷲はレゴミニズムと言っている。鬼道や神道を別の名で言えば「 バアル教 」である。今、バアルを本来の太陽神だったと知る者はかなりの知識人である。多くの人々は聖書に騙される愚か者であるからだ。バビロンではバアルは「 ベル 」という名であり、聖典は粘土版で書かれて、その聖典は「 ベルの目 」という名であった。

d0241558_17271027.jpg

★鷲が子供の頃のアニメで「 妖怪人間ベム 」というのがあったが、あれは「 ベルの目のベル 」から来ている!「 妖怪人間ベム 」の作者が誰か?解らないが無意識の次元から「 ベールを脱いだ女神 」が与えたインスピレーションから誕生した作品であろう。「 妖怪人間ベム 」とは、エジプトの神話の、父のオシリス、母のイシス、子のホルス、古代オリエントの父のバアル、母のアシェラ(柱「ハシラ」の語源)、子のミトラ、三神崇拝が根源にある。

d0241558_10372604.jpg

★古代の世界教はバアル教である。バアル教が日本に来て神道と呼ばれるようになった。太陽系の教えのバアル教に反発したのがユダヤ教である。バアル教は太陽系の教えであるが、ユダヤ教は太陽神の教えであるバアル教の反動の産物であるから、ユダヤ教とは太陽神に反発する左翼であり、ウソの神を信じるカルトであり、そして思想やウソ神信仰に疲れ果てたユダヤが信じたものが「 お金 」であったのだ。そしてユダヤ人の歴史は「 四散・放浪・差別・迫害・隔離・追放 」となった。そして今、太陽神が現れたので、ユダヤ的なる者たちが裁かれる「 時 」となったのである!戦後の日本人ほどのユダヤ化した人種は歴史的に見ても稀だと鷲は考えている。


d0241558_08520240.jpg








2、「 六殺し 」と「 九の誕生 」


d0241558_11164989.jpg


★この2~3年間で一番派手に裁かれたのは韓国の元大統領の朴槿恵だと感じる。朴槿恵はキリスト教徒である。彼女はチェスンシルという新興宗教の教祖を親に持つ占師に操られていた。そして今は韓国大統領から囚人503番と呼ばれる地位に堕ちた。その前の韓国大統領であった李明博も元韓国大統領から囚人番号716に、最近、堕ちた。503+716は1219であり、李明博の誕生日が12月19日であり、結婚記念日が12月19日であり、李明博と朴槿恵が大統領に当選した日が12月19日であり、今の韓国大統領の文在寅が2013年に書いた本のタイトルが「 1219終わりの始り 」である。李明博・朴槿恵・文在寅、最近の三人の韓国大統領は、皆、キリスト教徒である。




★タロットでは数字の12は「 吊るされた男 」であり、数字の19は「 太陽の子の誕生 」である。1219という太陽神のメッセージを解読すると「 これまでの囚人が太陽となって戻って来る 」というのが今日閃いた。だからかつての大犯罪人のヒトラーの「 我が闘争 」がドイツで解禁されて大ベストセラーだし、フランスでは反ユダヤ主義の作家であったルイフェルデナン・セリーヌの1930年代の評論本が復活してきた。そしてフランスでは再び、ユダヤ人の迫害が始まった?かのような事件が起きている。


d0241558_12113188.jpg

d0241558_12115684.jpg


★韓国の大統領から囚人に堕ちた、朴槿恵と李明博はキリスト教徒である。自民党はキリスト教右派という政党であり、麻生も石破もキリスト教徒だし、アキちゃんは森永製菓というキリスト教菓子屋から総理夫人となり、山口県を本籍とする安倍ちゃんは長州イエズス会(日本会議)が正体である。つまり現在、日本では秀吉の時のように、太陽神によるキリシタン弾圧が始まっている!ということ。




★今、蘇るのは、ナチスのアーネンエルベである。古代の叡智の探究会をナチスではアーネンエルベと呼んだが、真の知識をナチスを持っていた。しかしユダヤが創る世界はウソの世界である。それはユダヤはウソの書物である聖書を信じているからウソの世界に入り込み、最後は太陽神の使徒に裁かれる運命であるからだ。戦後の日本人も憲法というウソの言葉、一時の共同幻想であるカネ、ウソの神を信じるカルトに支配されてきた。だから今、日本人はどんどん裁かれているのだ。


d0241558_15040083.jpg


★戦後の日本の終わり方は、日本に54基ある原発が爆破する!ということになるだろう。原発は40年しか寿命がない!と言われていたが、今の科学者と称する者たちは「 原発40年寿命説 」を否定するが、原爆二発で戦前が終わったように、54基の原発爆破で戦後日本が終わるような気がする。


d0241558_10102992.jpg


★ナチスは魔術の世界である。そして「 性エネルギー昇華 」の世界だった。戦後の日本は「 性的退廃者の世界 」。第一に性的退廃者たちが、今、裁かれている。数字の六の特徴は「 性的退廃者 」ということ。「 性的退廃者 」には未来がない!と断言できる。今は「 六殺し(ロクゴロシ) 」と「 九の誕生 」の時に入ったから。女神を崇拝し、性エネルギーを昇華して、黄金の子を誕生し、太陽神と「 結び 」ついた者が未来の扉を開く!ことになる。


d0241558_08000346.jpg
d0241558_08002256.jpg





 


[PR]

by xuzu9851 | 2018-03-28 13:05 | Comments(0)
<< これから性的退廃者は一切良いこ... アキちゃんの証人喚問に反対する... >>