サーティンキュー

女神から嫌われた者が呪われる!





d0241558_15462036.jpg


★呪われた者たちが多い。特に大相撲はずっと「 呪われた話題 」が続いているが、鷲が思うに、今は女神出現の時代である。女神に嫌われた者たちが「 呪われている 」と感じる。「 女神は二匹のヘビが絡んだのが腰に巻く横綱というシンボル 」なのだが、「 二匹の絡んだ蛇で表現される横綱と呼ばれる女神 」の本質を忘れ、男の暴力が支配するタロットの15の世界に大相撲の世界が落ちているので「 呪いが止まらない 」と感じる。それは栄和人のレスリング協会も同じだ。

d0241558_15205926.jpg




★カネ儲けできれば良し、金メダル取れれば良し、の世界に大相撲もレスリング協会も堕ちているから、女神から見放され、「 呪われた現象 」が起きているのだ。さて日韓のトップを見ると、韓国の呪われたかは凄い。前の元韓国大統領の朴槿恵が懲役24年で囚人番号503と呼ばれ、その前の元韓国大統領の李明博は囚人番号716と呼ばれる。

d0241558_13133628.jpg





★そして日本の安倍ちゃん夫婦も呪われている。この日韓のトップはキリシタンだから呪われている!と鷲は見ている。山口県に日本最初のイエズス会の教会が出来たわけで、長州とはイエズス会というキリスト教の藩である。ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に原爆が落ちたのは、イエズス会の日本の聖地に落ちたと書いてきたが、日韓トップはキリシタンだから女神に嫌われている!ということ。

d0241558_16024284.jpg


★女神の世界に入れる者は、超エリートである。第一に性エネルギー昇華秘法を実践する浦島太郎に成らねばならない。そしてあらゆる知識を女神から受け取る聖杯がないとダメだ。呪われるのは、女神の世界に入る精進がないためである。その辺を書いていきます。






1、腰に巻く横綱は、二匹のヘビが絡まることで表現した女神である!


d0241558_14091164.jpg


d0241558_18530530.jpg
d0241558_07525562.jpg
d0241558_12292301.jpg

★大相撲の話題が続いている。これの根本の原因は二匹のヘビが絡んだ、あの腰に締める横綱が女神を表現している!ということが解らないためだ。相撲協会は大相撲が女神の世界だと全く解らず「 暴力が支配する男の世界 」だと完全に思っている。そこが裁かれ、呪われている!ということ。あの横綱は二匹のヘビが絡んでいることで表現される女神である。そして古代の女神崇拝は、二匹の上昇する蛇を女神としていた。それはツタンカーメンの黄金のマスクで解るのである。



★大相撲の伝統はくだらない伝統ではない。大相撲の起源は神聖であると鷲は感じる。しかし問題は神聖な起源を理解できない者たちが大相撲を運営していることだ。土俵という丸は宇宙の父を表現している。二人の相撲取りは宇宙の母を表現する「 二匹のヘビの絡みの数字の2と8と11 」の表現である。そして相撲取りがデブなのは単なるデブではなく、布袋様と同じく黄金の子を妊娠している、妊娠腹の姿であるのだ。

d0241558_14343979.jpg


★そして米国戦略情報局(OSS)が戦後の日本人に与えた「 自由、平等、人権、反戦平和主義 」という語句の立場からレゴミニズムの大相撲を否定すれば、またまた、女神から嫌われ、呪われる!結果となるだろう。この大相撲の問題は「 OSS憲法の語句に洗脳された大衆 」と「 神聖な大相撲の起源の意味を理解できない大相撲の今の運営者たち 」の問題であり、女神が大衆も協会も裁いているように思われる。そして大相撲というレゴミニズムを完璧に理解できる説明が出来る者を女神は待っているような気がする。

d0241558_13102253.jpg


★大相撲が問題になるのは、あの腰に巻く「 横綱が女神の表現 」という解らすためにである。大相撲は「 女神の秘儀によって誕生する黄金の子ホルス神の誕生 」を表現するものだ。黄金の子ホルスとはエジプトの女神イシスの子のことだが。その神聖な起源の意味を表に出しなさい!と女神が鷲に言っているような気がする。








2、女神とは脊髄神経のことである!


d0241558_19540807.jpg


★聖書からくるウソの神の信者は人生の失敗者であり、これから(今も)何もかもダメになる。聖書に本当のことが書かれているのか?という真剣な探求なくして聖書からくる神を信じる者たちは朴槿恵や李明博や昭恵ちゃんのように裁かれるだろう。今は呪われた書物である聖書を信じる者たちは呪われ裁かれる時であるから。それはかつてのキリシタンの弾圧、ユダヤ人の弾圧の周期が来ているからだ。




★白い月の女神は脊髄神経のことである。これは性エネルギー昇華秘法を実践する浦島太郎なら分かることだが、性的退廃者のロクデナシは永遠に解らないこと。人間は母という女性から誕生した。母という女性を崇拝する者は正常な者だが、母と女性を否定する者は呪われてロクな人生を歩まないから破滅する。呪われて裁かれて最悪の人生となるだろう。

d0241558_18181134.jpg


★性エネルギー昇華秘法を発見して実践する浦島太郎だけがマトモな男性である。世界と日本には様々な「 迷信 」がある。その全てを見抜いて本来の太陽神の世界に入らねば、ロクデナシの人生となる。性的退廃者の男こそが太陽系では一番軽蔑される存在である。世間(数字の6の世界)の王は「 お金 」である。「 お金 」を王とする企業も政治も組織も何もかもダメになる周期に来ている。

d0241558_15584993.jpg


★人生の秘密は以下のタロットカードの6枚で簡単に表現されている。19の太陽子の妊娠した者が成功者なのである。キリスト教は初めから何もかも間違いである。三位一体を、父と子と聖霊と言っているが、どうして母が抜けているのか?キリスト教の始りが、女性蔑視であったからだ。三位一体は父と母と子である。何もかも間違いなのがキリスト教であり、ユダヤ教であるから、今、その信者たちは裁かれるのである。

d0241558_15205926.jpg

d0241558_15212415.jpg
d0241558_15214630.jpg
d0241558_21175244.jpg
d0241558_15220815.jpg
d0241558_15223094.jpg

★グノーシス主義の者は女神を崇拝しての真実の探求者である。女神を崇拝する者でないとグノーシスの者ではない。「 女神 」を理解できるか?が今の様々に世界で起きる事件の中心にあると鷲は思っている。そしてグノーシス主義者が何もかもを明らかににする。鷲の使命はまずは「 性エネルギー昇華秘法 」を表に出すことである。性エネルギー昇華秘法は女神崇拝者だけが実践できる。浦島太郎は女神崇拝者だったから女神である乙姫様の居る龍宮城に行ったのだ!

d0241558_10043859.jpg




           完


[PR]

by xuzu9851 | 2018-04-10 13:42 | Comments(0)
<< あまりにも日本に性的退廃者が多... 「 ? 」の意味 >>