サーティンキュー

ガス室に強制収容させたい!あまりにも役立たない糞ジジイのベスト4


ガス室に強制収容させたい!あまりにも役立たない糞ジジイのベスト4





d0241558_09165243.jpg


★この世にはあまりにも偉そうなんだが、全く役立たない糞ジジイというのがウジャウジャいる。麻生太郎がその代表だ。軽く10人の名を出すのは簡単だが、その辺にいる糞ジジイの名前を出すと問題になるので、一応、政治家とか、本を書いているとか、ネットで話しているとか、そのレベルにしておく。彼らはどうして生きているのだろうか?死神はどうして彼らをガス室に強制連行しないのだろうか?



★今はカフカの「 審判 」の時代である。銀行員Kは何も悪いことをしてないのに、ある日突然逮捕され、どんなに抗弁しても、犬のように殺されてしまう!という物語がカフカの「 審判 」だが、あまりにも役立たない糞ジジイはある日突然逮捕されて死刑に成る理由は明白にある。全く役に立たないことを偉そうに言ってきて責任を取らないからだ。さて鷲が思う、物凄く偉そうなんだが、全く役に立たないことを云ってきて、これからも責任を取りそうもない糞ジジイの日本ベスト4は


1、麻生太郎

2、青山繁晴

3、副島隆彦

4、板垣英憲


である。





★麻生太郎は日本人である限り、どんなバカでも知っているが、2位以下は知らない者がいるかもしれない。青山や副島や板垣について、鷲もそんなに熱心に読んだり聞いたりしているわけではない。バカの話を1分以上聞いていると伝染して死んでしまうからだ。チョット聞いて、こいつらはもの凄いバカだと感じてたが、遠くから観察しているだけだが、彼らの存在理由が解らない。



★上の糞ジジイのベスト4を思うと「 神はこの世にいない 」と思ってしまいます。あっ、それほど鷲は純真でなかったが。糞ジジイも一つの芸術作品だと思って鑑賞するべきだろうか???糞ジジイ達はヒトラーが言った「 退廃芸術 」である。人間とは結局、宇宙的に見て、どんな人間も芸術作品であろう。真実に到達できない数字の「 6 」のロクデナシも実は深く鑑賞して深く考えることで役立つのである!生きて限りは勉強である!という観点で糞ジジイのベスト4を考えていきますwww

d0241558_06094668.jpg










1、悪魔の城、大転落、ベールを脱いだ女神、黄金の子の誕生 ~ 世界はタロットカードどおりに動く!

d0241558_11471531.jpg

★これからの出来事はズバリ、タロットカードに表現されている。悪魔の城の崩壊、大転落、ベールを脱いだ女神、ハネムーン、黄金の子の誕生、復活、である。これはタロットカードの15から20で表現されている。これを知ると知らないでは全く違うことになる。タロットカードを読めることができれば預言者になれる!ということ。これから起きることの大局はわかるだろう。タロットカード通りに世界は動いているからだ。



★ガス室に強制収容させたいベスト4として、麻生太郎、青山繁晴、副島隆彦、板垣英憲を上げたが、この4人はすでに終わっていて太陽神に裁かれている。彼らはタロットの16の大転落の中に入っている。麻生太郎はなにもかも終わった。あまりにもバカ。麻生太郎を裁いているのは太陽神である。そして青山や副島や板垣は全く世の中の流れが見えないので、評論家で食っていくことは無理だ。彼らも太陽神に裁かれている。



★来月の6月12日にシンガポールでトランプと金正恩の平和会談が行われる予定なのに副島隆彦は6月に米軍は北朝鮮を爆撃する、この副島隆彦だけが解る!とか今日書いているので楽しみである。やっぱり発狂者であった。もしかしてトランプと金正恩の平和会談が成功して終わり、北朝鮮と米国が親密になったのに、副島は8月になっても「 私、副島隆彦は間違ったことはけして言わない! 」と寝言を言うかもしれない。発狂者だからそれはありえる。すでに誰でも解ることを解らなくなる。鉄格子のある病院に行くことを勧めるが、それは日本にガス室がないからである。



★板垣英憲は去年の10月に衆議院選挙があった時、以下のように書いていた

ーーーーーーーーーーー


https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/d/20171005

世界支配層は、小沢一郎新首相・前原誠司外相が、トランプ大統領とともに訪朝、米朝和平を実現する計画を立てている

◆〔特別情報1〕
 「忍者外交の名手・指南役」の米ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士が、ドナルド・トランプ大統領に対して、「第2の日本」北朝鮮の金正恩党委員長=元帥との「口汚い罵り合いを止めて、対話により『米朝和平』(米朝国交樹立・平和友好条約締結→朝鮮半島統一) を実現するよう」厳しく諌めたという。これを受けて、天皇陛下を戴く世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」は、小沢一郎政権誕生を前提に、11月4日~6日来日するトランプ大統領が天皇陛下に謁見した後、小沢一郎新首相・前原誠司外相が、天皇陛下の親書を携えてトランプ大統領とともに訪朝して、米朝和平とともに日朝和平を実現する計画を立てているという情報が伝わってきた。一方、新党「希望の党」が10月4日、総選挙の第1次公認候補192人を発表したところ、公認候補者の間で「小沢一郎代表に根回ししてもらったお陰だ。今後どこまでも小沢一郎代表に付いて行く」という声が広がり、「小沢一郎政権誕生を最大の目標として選挙戦を繰り広げて行こう」と勢いづいている。これは、「圧力強化一辺倒」の安倍晋三首相の「北朝鮮政策」が、キッシンジャー博士の一喝によって名実とともに破綻させられたことを意味している。

ーーーーーーーーーーーーーー



★2017年10月5日に板垣英憲が書いていたのが上。次(2017年10月衆議院選の結果)の総理は小沢一郎で、外務大臣が前原誠司という予測。全くカスリもしなく外れた。意表をついたことを書いていたが、全くカスリもしないということは「 頭の病気 」であろう。そして副島隆彦が今日書いていることは以下。


ーーーーーーーーーーーーーー


http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

私は、世界は、北朝鮮の核抜き(核兵器)問題から、すでにイランの核兵器の破壊問題に、舞台を移している、と 半年前から知っている。 なぜ北朝鮮を、トランプ=ボルトン=ポンペオ(古代ローマの、ポエニ=フィニキア=カルタゴの英雄、ハンニバルと闘ったポンペイウス将軍に擬せられている) =マティス=ハリー・ハリス新駐韓大使(太平洋軍PACOM(パコム)司令官 らの トランプ政権の首脳が、 北朝鮮爆撃を決めているか、というと、それは、イランの最高指導者のハメネイ、ロウハニを 心底、ぞっとさせて震え上がらせ、脅しあげるためである。 イランがすでに作って隠し持っている核兵器を、アメリカは、爆撃で破壊しようとする。

ーーーーーーーーーーーーーーー



★副島隆彦はいまだに米軍が北朝鮮を爆撃すると思っている。よろしいまだ5月15日だ。7月に入るまで待っていよう。副島隆彦は完全に発狂していると鷲は確信しているが、来月6月に米軍が爆撃する可能性も0、00000000000001%はあることにしよう。副島も預言者人生を賭けているようだしwwww



★青山繁晴は安倍政権のポチなんだが、これまで米軍は本気で北朝鮮を爆撃する!とユーチューブで繰返し言っていた。もちろん最近の発言のトーンは下がり、青山繁晴に文句が殺到しているらしい。青山繁晴のユーチューブは1分以上見ててられないので、詳しいことはしらないが。



★さてじっくりと4人を批判する予定だったが、バカを語ることはレベルが低くなるので辞めた。以下にタロットの15から20を貼ります。この通り世界は動いていくだろう。19の黄金の子を誕生させることが「 油を注がれた者(キリスト)の誕生 」ということ。キリスト教は1600年間、キリストの解釈が間違ったし、INRIの解釈も、復活の解釈も、十字架のイエスが正午6時から午後に9時に死刑になり復活する意味も解らなかった。これからどんどん本来の意味を書いていき、キリスト教美術のレゴミニズムの秘密を書いていきたい!

d0241558_15205926.jpg
d0241558_15212415.jpg
d0241558_15214630.jpg
d0241558_21175244.jpg
d0241558_12115684.jpg

d0241558_15223094.jpg



           完


[PR]

by xuzu9851 | 2018-05-14 23:44 | Comments(0)
<< 性的破滅と54基の原発の存在理由 将棋というレゴミニズムを解明する! >>