サーティンキュー

呪文を唱えることで酒を辞める力を得る!

呪文を唱えることで酒を辞める力を得る!

d0241558_10503166.jpg


★酒を一切飲まなくなって一週間。30数年も毎日毎日、酒を飲んでいればたいていは辞めれなく病院に入院するか?死ぬまで飲んでしまうのだが、性エネルギー昇華秘法をマジに実践するには、一切、酒を断たなければならない!と思いたち、一週間、辞めている。これまで一日辞めても、次の日は2倍飲んでしまって、総体的には量が変わってなかった。しかし今は一週間も辞めれるのである。



★毎日飲むと言っても500ミリ「ストロング9%焼酎」を2缶から3缶で、かつてよりはかなり量は少なく、毎日、日本酒を一升飲む、一升瓶アキエよりもずっと少ないのだが、酒を毎日飲むのがダメだと感じて、一週間飲んでない。なぜ辞めることができたのか?それは「 呪文の力 」である。鷲の20歳代は、呪文、スートラ(お経)、マントラ(真言)を唱えていたのだが、30歳中盤で辞めてしまったのは、世間に考えを毒されたからだ。




★毎日、酒を飲んでいる者が一切、酒を辞めることは簡単ではない。断酒会とか行っても無駄であろう。しかし性エネルギー昇華秘法を実践する時、必ず、白い月の女神(或いは、宇宙の女神、聖なる母)に援助を求めるのだが、それと同じように、白い月の女神に「 白い月の女神よ、酒を飲むことを辞める意志を与えてください! 」と唱えると、案外と簡単に辞めれたのである。



★我々は「 目に見える世界 」と「 目に見えない世界 」の二つの世界で生きている。目に見える世界だけで生きていると思っているから、断酒会にしろ、麻薬解脱会にしろ、仲間と協力して、解脱を目指すが、それはかなり難しいやり方である。しかし呪文という言葉の力を借りれば、薬物の依存から逃れることが出来る鴨?と鷲は思っている。そして日本には、お経や真言を唱える!という伝統があるのである。



★レゴミニズムは完成された知識から創造された芸術作品だが、呪文、スートラ(お経)、マントラ(真言)もまた、「 完成された知識から創造された神秘の言葉 」である。神秘の言葉を唱えることで酒飲みからの解脱を測っているのが鷲の今である。呪文、スートラ(お経)、マントラ(真言)を唱えることで太陽と白い月の力を借りて酒を辞める!ということをやっている。再び、「 神秘の言葉の力 」を再確認したのである。


d0241558_18021939.jpg





[PR]

by xuzu9851 | 2018-06-04 10:57 | Comments(0)
<< 太陽神と一体化するために性エネ... ハッキリと「 性 」に関しては... >>