サーティンキュー

金正恩が、ほどよく世界を平和の名において支配する!

金正恩が、ほどよく世界を平和の名において支配する!




★北朝鮮のミサイルは「 火星 」という名前だが、そこに鷲は注目している。それは諸世紀の10章72番が以下の四行詩であるから。

d0241558_21395460.jpg

諸世紀10章72番


1999年の7カ月

天から驚くほど強い恐ろしい王がやってきて

アンゴルモアの大王を蘇らせ

その前後、火星はほどよく統治するだろう



★上のノストラダムスの四行詩によって、自称メシア(救世主)の麻原彰晃が誕生して、麻原彰晃のオウム真理教は地下鉄サリン事件を1995年3月20日に起こして、今、麻原彰晃と12人のオウム真理教の幹部は死刑判決を言い渡されている。インチキメシアは麻原彰晃だけではなく、自称・創造神であり七次元からの使者と名のった五井野正もいたし、幸福の科学の大川隆法も、このノストラダムスの諸世紀の10章72番の四行詩に大きな影響を受けて、狐憑きとなり、メシアを名のったのである。もちろん彼らは全てインチキメシアであり詐欺師だ!

d0241558_17314477.jpg


★1973年に五島勉が書いた「 ノストラダムスの大予言 」は、出版史上、空前の大大大ベストセラーであった。鷲が中学一年生の頃、日本で大ヒットしたのであるが、それは表紙に「 迫りくる1999年7月、人類滅亡の日 」という文字があったからだろう。1973年に生きた中学生にとって、1999年7月に人類が滅亡する!というノストラダムスの予言は衝撃であった。人生は後、27年しかない!という衝動が起きるからだwww




★しかしノストラダムスの諸世紀は素人が解読できるしろものの四行詩ではない。四行詩の全てがチンプンカンプンなのに、1999年7月を、ストレートに西暦だと考えることが間違っているのだ。1999年7月は「 数字の意味 」を正確に理解している者しか解らない。1999年7月とは、鷲が解読すれば「 太陽の勝利 」という意味に翻訳できる。

d0241558_09165243.jpg


★そして「 天から驚くほど恐ろしい王 」はやってきている。その王が日大を裁いているのだ!さて今回言いたいのは、北朝鮮のミサイル火星は諸世紀の10章72番を意識した名前だ!ということ。アンゴルモアの大王はモンゴルの大王という意味だが、鷲の常に言っている「 太陽神 」で良いだろう。北朝鮮は金正恩の今の大活躍を見ても解るが、太陽神に従っている。だから何もかも北朝鮮外交は上手く行っている。

d0241558_13184719.jpg


★CIA工作員の代表の青山繁晴やその他のバカ工作員に騙されてはならない。彼らは太陽神の反対の陣地にいる。太陽神の反対の陣地にいたから、韓国の元大統領の朴槿恵は囚人番号503と呼ばれる身に堕ちたし、韓国元大統領の李明博も囚人番号716と呼ばれる地位に堕ちている。




★長州イエズス会の安部ちゃんを代表にする今の自民党も全て、パククネと李明博と同じ境遇となる。それは太陽神に逆らっているからだ。安倍ちゃん自民党は盲目的に古いCIAに従っているにすぎない。それは朴槿恵やチェスンシルがたどった大転落の道である。天から降りてくる恐怖の大王によって自民党も裁かれるであろう。それは東京五輪の約1年前に!




★北朝鮮のミサイルの名が「 火星 」なのは、諸世紀の10章72番を意識してのことである。太陽神を蘇らす火星が北朝鮮である。そして「 その前後、火星は平和の名において支配する 」という別の翻訳もあるが、ズバリ、この諸世紀のように北朝鮮の金正恩は「 ほどよく東アジアを支配する 」ことになる。




★CIAの工作員は、北朝鮮は日本人を拉致した悪い国!と煽動しているが、青山繁晴を代表にする北朝鮮の工作員は全て朴槿恵のように「 呪われる 」結果となる。来年の今頃は、自民党は「 今の日大のように火あぶり 」となってるだろう。2020年に東京五輪があるとすれば、主催国家日本の総理は金正恩と握手できる人物となっているだろう!でなければ、2020年の東京五輪は中止となる!

d0241558_06094668.jpg









[PR]

by xuzu9851 | 2018-06-06 21:54 | Comments(0)
<< 性とカネで滅びる日本人 性的破滅から逃れるためには、性... >>