サーティンキュー

小池百合子はカイロ大学を卒業してなかった! ~ 「 灰燼(かいじん)に帰す 」の時代

小池百合子はカイロ大学を卒業してなかった! 






★「 灰燼(かいじん)に帰す 」という言葉の意味は、火事で何もかもすっかり燃えてしまう!という意味だが、日大の田中理事長のこれまでの世俗的な栄光も「 灰燼に帰す 」となるだろうし、安倍ちゃん自民党も「 灰燼に帰す 」ことになるだろうし、そして小池百合子こそがカイロ大学を卒業してない!なら、小池百合子という女も舛添や石原慎太郎と同じようなレベルだと云えるだろうし、学歴詐称なら、これまでのバカ都知事よりももっと最低最悪の位置に堕ちるだろう。それにしても、都知事に成る奴はロクなもんでない!と感じる膿~~。



★まさに今は「 灰燼(かいじん)に帰す 」時である。これまでの世間的な栄光が「 火事によって何もかもすっかり燃えてしまう 」現象が今である。戦後は73年間経過した。戦後の我が国の憲法は米国の戦略情報局(OSS)によって創作されたが、今、OSS憲法の偽善を見抜ける者たちの時代の始まり!だと鷲は感じる。そして、戦後73年間の何もかもが「 灰燼に帰す 」ということになるだろう。



★小池百合子とは何者だったのか?すでに過去形である。学歴詐称はカネを払ってのニセの卒業証書で逃げ切った?かのようだったが、ここに来て、文藝春秋の「 小池百合子はカイロ大学を卒業してない! 」という記事。鷲はずっと前から、小池百合子はカイロ大学を卒業してない!と思っていた。今の東京都知事の小池百合子は日大の田中理事長のようにヤバイ。しかしそれは良いことである!今は



「 灰燼(かいじん)に帰す 」の時である!


d0241558_09202277.jpg





[PR]

by xuzu9851 | 2018-06-08 19:46 | Comments(0)
<< 白い月の女神の援助を得ての性エ... 日大・田中理事長を代表にする日... >>