サーティンキュー

小池百合子は韓国のパククネのようになるのか?

小池百合子は韓国のパククネのようになるのか?


d0241558_11164989.jpg



★今月の文藝春秋に書かれた小池百合子のカイロ大学の学歴詐称で小池百合子という人間はパーフェクトに破滅したし、東京五輪も北朝鮮の支援がないと実行できないだろう。今回の小池百合子の学歴詐称騒動がなくても、小池百合子は豊洲移転で躓き、東京五輪で躓くだろうと見ていたが、時が来た!と感じる。小池百合子は現在のエジプトの大統領のシーシーと仲良しらしいから、シーシーの力を借りてカイロ大学学長に「 小池百合子はカイロ大学を卒業している! 」と云わせる作戦に出てくるか?それも失敗するだろう。「 呪われている 」からだ。「 呪われてる奴は何をやってもダメ! 」だから。

d0241558_14251760.jpg


★2020年の東京五輪とは2014年2月に米国の有力ニュースサイトである「 デイリー・ビースト 」が表現したように「 ヤクザオリンピック 」であるのだ。自民党と都知事などの権力者たちがヤクザとタッグを組み、東京五輪用の国の公金をピンハネし、箱物建設や道路工事なので建設業者が儲けた金を権力者とヤクザがピンハネするためにやろう!としているだけであり、それはヤクザのような政治家とヤクザのための五輪であり、世界のスポーツの祭典ではない。どの国の今の五輪も「 マフィアオリンピック 」と呼ばれ、本来の精神がとっくになくなっている。そして栄和人レスリングコーチが裁かれているのもその辺にある。五輪の意味はいずれこのブログで書こうと思っている。なぜ「 5 」なのか?の意味を。

d0241558_17501382.jpg


★小池百合子は豊洲移転も2020年東京五輪も全て失敗するだろう。エジプトは汚れた権力によって不正がまかり通る国でありコネの国であるらしいから、日本からカネを引き出すために「 小池百合子はカイロ大学を卒業している 」とか「 卒業証書を創り出す 」こともやるかもしれない。というよりすでにやっている。しかし「 呪われてる奴は何をやってもダメ 」だから小池百合子に勝ち目はない。




★今の小池百合子は豊洲移転も東京五輪も眼中にないかもしれない。それは今が彼女の人生の最大の危機であるからだ。日大の田中理事長のように。日本は権力があれば不正がまかり通る時は過ぎたのだ。今は大魔神が現れ悪代官たちを踏んづけている時が今だからだ。小池百合子はカイロ大学首席というウソを土台として生きてきた「 虚飾人生 」であった。カイロ大学首席卒業が「 売り 」であたが、それが嘘だったことは何もかもウソまみれの女!ということ。

d0241558_15513569.jpg


★ウソを隠そうとすると「 ウソを暴こう 」という側の力が強くなる。今や、国民の全てが小池百合子のウソを暴こうとしている。そして結論は見えているのだ。関西学院大学を中退してエジプトの語学学校に行き、カイロ大学は父のコネで裏口で入学し、しかし全く勉強しなかったがコネで2年になり、3回の落第で退学をするしかなかったが、1976年にサダト大統領の夫人の来日した時に日本に戻り、世話役をやり、日本の新聞に「 カイロ大学卒業 」と誤った記事が書かれてからの、カイロ大学卒業のウソ経歴を元にしたウソ人生が始まって都知事という栄光を掴んだが、今、運も尽き、今ここで裁かれた!ということ。

d0241558_17472275.jpg


★元日本オリンピック委員会の副理事長の日大理事長の田中英壽が日大アメフト問題で記者会見しないことが批判されている。とにかく東京五輪で金儲けしようとする者たちは「 今、裁かれている 」のだ。1940年の東京五輪は戦争で中止になった。それと同じく2020年の東京五輪は中止となるだろう。ここから安倍ちゃんと小池百合子が醜く粘るのか?破滅するからそれしかないか?しかし「 呪われている 」ということは太陽神から嫌われているということ。

d0241558_15420646.jpg


★上の本の表紙に出ている、森喜朗、石原慎太郎、安倍晋三、舛添要一、猪瀬直樹、これらは全ての呪われて終わった人々である。これらの人々に小池百合子と田中英壽が入ってきた!ということ。東京が呪われている!ということは日本が呪われている!ということ。それはどうしてか?イエズス会が創作したウソ天皇がいまだに日本に存在しているからだ。小池百合子は今は囚人番号503と呼ばれる韓国の元大統領のパククネのようになるだろう!

d0241558_00294226.jpg






[PR]

by xuzu9851 | 2018-06-17 15:54 | Comments(0)
<< 栄和人の謝罪記者会見後の夜のキ... 2020年東京五輪に関わった者... >>