サーティンキュー

カネが神か?太陽神が神か?それが問われる!

カネが神か?太陽神が神か?それが問われる!






★1986年から5年間のバブル景気とは、不動産・株・美術品・ゴルフ会員券などが劇的に上昇して、不動産・株・美術品・ゴルフ会員券、を持った者たちは簡単に成金に成れた世界だったが、その成金を味わう時も短かった。バブルとは「 泡 」という意味で、「 大転落する運命の一時的な上昇現象 」である。










★さて「 呪われた2020年東京五輪 」の目的は東京五輪を名目に東京でバブル景気を人工的に作り上げて「 一部の支配層にカネを配給する目的 」だったが、あまりにも何もかもに「 呪われた現象 」が起きて、何もかもがダメになりそうな直前に今ある。










★考えて見れば東京の土地の価格は高すぎる。銀座の一坪が何千万もする!というのは完全にオカシナの世界。「 東京は人間の住むところではない! 」というのが普通の人の実感である。とは言っても、誰もいない過疎の村よりは面白い面はあるが。今直面していることは、アベノミクスが作ってきた、人工的な不動産バブルの崩壊現象である。



d0241558_06290757.jpg





★スルガ銀行の「 不正融資 」をきっかけに東京の地価が大暴落する直前に来ている。東京の地価はいずれ大暴落する運命だと思っていたが、とうとうソレガやってきか!という思いである。2020年東京五輪は「 人工的にバブルを産みだそうとする試み 」である。しかし、森喜郎、石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一、小池百合子、などの政治家を見れば解るが、太陽神から完全に否定されている存在である。「 呪われる 」とは太陽神から否定される現象のこと。




d0241558_14160320.jpg





★人間は「 カネに生かされているのか?それとも太陽神に生かされているのか? 」の問い、である。「 カネに生かされている! 」と思っている者は呪われて、太陽神に生かされている!と思う者は太陽神からの恩栄がある。空海的に表現すると「 大日如来と一体化する意志のある金剛遍照だけが性エネルギー昇華を実践できる! 」ということ。




d0241558_10533173.jpg




★カネを神とする者たちはことごとく「 性的退廃者 」である。カネは数十年の幻想にすぎない。しかし戦後の日本社会の73年間は結局「 カネを神様仏様のように信仰する社会 」であった。それが崩壊するのが、スルガ銀行の不正融資から、というよりも2020年東京五輪の失敗からの「 東京不動産バブル崩壊 」からであろう。




d0241558_13161815.jpg





[PR]

by xuzu9851 | 2018-06-30 04:47 | Comments(0)
<< 亡びる数字の「 6 」から天啓... 五井野正の正体 16 >>