サーティンキュー

神殿が建設される時代は「 性エネルギー昇華秘法の実践の時代 」である!

 神殿が建設される時代は「 性エネルギー昇華秘法の実践の時代 」である! 

d0241558_14245162.jpg


★上の写真はアンデスの神殿である。上の写真は二つの〇の中に男根と女陰の合体があり、前方には神殿を昇る階段がある。これが性エネルギー昇華秘法のアンデス的な表現である。性エネルギー昇華秘法を実践する!ということは、人体に神殿を建築することと同じである。神殿建築がされる時代とは「 性エネルギー昇華の時代 」であるのだ。



★今の日本は性エネルギーを消耗する時代である。朝堂院大覚によれば議員会館は不倫会館、議員と秘書がセックスをやることは当たり前。議員と議員のセックスも多くあるそうだ。そして学校の教師があらゆる職業の中で一番「 強制わいせつで逮捕 」される割合が多い。性的退廃で亡びる時だが、そのような時には「 性エネルギー昇華秘法 」も蘇って来る。



★日本の神社とは性エネルギー昇華秘法を教えるために存在している聖なる建築物である。門は上昇する二匹のヘビと鳥の合体である。上昇する二匹のヘビの上に鳥の羽がある!という意味での「 鳥居 」ということ。神社の門はヘルメスの杖の表現である。



★階段を登ることは「 性エネルギー昇華を実践すること 」であり、注連縄とは、「 明白な真理 」を人間に与える宇宙の母、ベールを脱いだ女神を意味する。そして太陽と白い月の合体のハネムーンを表現するのが鏡であり、そのハネムーンによって黄金の子を誕生させた者が数字の「 9 」の者であり、太陽神と一体化した漢字の「 旭 」であるのだ!

d0241558_13491381.jpg




d0241558_21175244.jpg

d0241558_08002256.jpg

d0241558_14343979.jpg





[PR]

by xuzu9851 | 2018-07-02 08:30 | Comments(0)
<< カネで固めてカネで潰す レゴミニズムの解読 >>