サーティンキュー

五井野正の正体 17

鷲がこの世であった最低最悪の人間の屑が五井野正!

d0241558_18014334.jpg


★1995年12月1日に発刊された五井野正著「 科学から芸術 」のP150には「 インターネットを発明したのは五井野正博士である 」と書かれる。果たしてインターネットは五井野正が発明したのだろうか?と疑問を抱く人間は世界で五井野正のバカ信者のみだろう。五井野正の信者はバカ杉だが、いまだに五井野正がインターネットを発明した!と信じているとしたら極限バカで、見物したい感じもするが膿~。そしていまだに五井野正博士は素晴らしい!という者は、いまだにインターネットは五井野正が創ったというウソを信じているだろうか?wwwww

d0241558_09220124.jpg


★五井野正にとっては「 インターネットを発明した! 」程度のウソは序の口で、「 地球は核兵戦争ですでに滅びているが、法華経の主の五井野正の秘法で時間を戻し今の姿にかろうじてなっている! 」というのが初期の五井野正の大ウソであった。このどうしょうないレベルのウソを発信しまくる体質は親が創価学会の幹部ということから来るのか?

d0241558_19580756.jpg


★五井野正とは「 創価学会の日本占領計画 」に命を捧げた人間であり、どんなにウソを云い張っても創価学会が日本を支配することが正しい!と思っていたから「 ウソも方便の人間 」でウソつくことが悪いとも思ってなかった。五井野のバカ信者たちは「 五井野正博士は創価学会に迫害されている! 」が口癖であるが、そんなことがあるわけがない。五井野正は世間からは全く無視され、創価学会の上層と世界的なキリスト教詐欺組織だけが五井野正の協力者であったのであり、創価上層部とその上が五井野正の命令者であった!と鷲は感じる。五井野正の「 世間的な無名 」が橋本龍太郎、小渕恵三、鳩山由紀夫などの現役総理とツーショットできる結果となった。当時の現役首相たちは五井野正のインチキ経歴に騙されてツーショットしたのだろう。これも笑える話である。

d0241558_19583536.jpg


★詐欺師は「 息を吐き、息を吸う、ように(ごく自然に、という意味)ウソを言う存在 」だが、それがまさに五井野正であった。五井野正はどうしてあんなにしょうもないウソつきだったのか?かなり前に五井野正のバカ信者と話した時の発言の「 天下をとろうぜ! 」というフレーズを聞いた時に、これは創価学会員のフレーズと同じだと鷲は確認した。

d0241558_18020867.jpg


★1995年12月1日に発刊された五井野正著「 科学から芸術 」という本の表紙に「 駐日アルメニア共和国名誉領事 」という肩書が書かれているが、東京の赤坂にあるアルメニア大使館に電話し「 五井野正は駐日アルメニア名誉領事なのでしょうか? 」という質問をしたところ、「 あの人物は前からそんなウソを言っているが一度も駐日アルメニア名誉領事になったことはありません! 」と怒って、お答えくださった。これまでの五井野正のウソは海外の問い合わせができない場所でのウソばっかりだったが、どうして電話一本で解るウソをやったのか?それは五井野正のド勘違いで、アルメニア大使館はアルメニアに存在する!と思い込んでいたからだ。アルメニア大使館は東京の赤坂にあり電話一本で日本語でつながる。マルタ共和国で国民の10%が大統領に五井野正の漢方薬の嘆願書を出した!というウソは問合せが難しいが、アルメニア共和国名誉領事の件は電話一本でウソがバレたのであるwww しかし、今、調べるとマルタ共和国の大使館や領事館も日本にはあるので、閑な時に聞いてみるか。五井野正のウソの確認のために。


d0241558_13094545.jpg



★五井野正は大学受験に失敗していたと弟の五井野宏がネットで書いていたが、学歴コンプレックスが激しい。学歴に変わる「 偉そうな肩書 」が欲しくてアカデミシャンとか名誉博士とかの肩書をバカ信者たちに自慢していたと思うが、それがインチキ人間を際立たせる!ことに気づいてはいなかった。その名誉博士とかアカデミシャンが異常に多いことが池田大作の二番煎じそのものだからだ。カイロ大学首席卒業で箔をつけようとした小池百合子の発想と同じ。海外の「 名誉 」はカネで買えるもので詐欺師の道具にすぎない!

d0241558_19334878.jpg


★五井野正は「 7次元 」という言葉からウソである。五井野正著の「 法華三部経大系 」という本も極致のウソの書である。密の法華三部経という本も超超超極致のウソ本である。ウソを言ってバカからカネを騙し取る仕事(宗教詐欺師)をしていたのが五井野正という自称・メシアであった。それはオウム真理教の麻原彰晃と同じレベル。五井野正は親が創価学会の幹部からか?世界の偉人たちとのツーショットの世界に入った。地下鉄サリン事件のようなことをやっていれば、五井野正と麻原彰晃は同じタイプと世界の人々が思ったが、池田大作のように「 世界の偉人とツーショット 」で世界の五井野正博士として世界中から崇められる存在になろうとしたが、バチが当たって死んでしまった。五井野正の生き方を見ていれば仏罰食らって当たり前である。




★自称メシア(救世主)の五井野正は誰かを助けたのか?誰も助けない。バカ信者たちより早く、五井野正は、バチが当たって、仏罰食らって、さっさと死んでしまった。多くの人々が五井野正を理解できない!ことは世界のエラソ~な人とのツーショットがあるからだが、そんなことは、池田大作が先行していてやっていて、イエズス会の代表的なヒト騙しのやり方をやっていただけのこと!だと鷲は確信している。つまり創価学会の本体はイエズス会だからイエズス会に入っている「 ウソの偉人 」たちとは簡単にツーショットできる。それは池田大作がさんざんやってきたこと。鷲の云っているイエズス会とは看板の上がっているところのものではない。看板のないイエズス会のことを言っている。弾圧を必ず受ける運命のイエズス会は常に姿を隠している。




★五井野正としては「 正しい創価学会員であるために日本占領の創価学会戦略を実践していた! 」ということだろう。ところがウソばっかり言っているから仏罰食らって池田大作より早く死んでしまった!ということ。五井野正とツーショットしたスペインの国王のカルロス一世は前代未聞の国王退位となり、五井野正とツーショットした、日本総理の小渕恵三や橋本龍太郎も五井野正とツーショット後に急死し、鳩山由紀夫は「 鳩山さんこんにちは 」の五井野正の呪われた絵の影響で、政界の中で再起不能となり、田中真紀子も亀井静も五井野正とツーショット後に全くダメになった。

d0241558_19195848.jpg


★イエズス会とは呪われている。ある程度繁栄しても時が来れば鬼(カミ)から弾圧を食らう運命の組織である。だからもちろん日本のイエズス会の創価学会も呪われているのだ。五井野正は「 ウソばっかり言っている人間の屑 」であった。麻原彰晃と同じレベルのインチキメシアであった。もっともユダヤ人のメシア概念自体が根本的に間違っているが。メシア概念とは何なのか?それはいずれこのブログで語る。さて結論だが、鷲がこの世で遭った最低最悪の人間の屑はインチキメシアの五井野正であった!

d0241558_19245544.jpg


d0241558_15212415.jpg





[PR]

by xuzu9851 | 2018-07-05 19:59 | Comments(0)
<< オウム真理教の7人の死刑に関して! 6から9に転換して13と一体化する! >>