サーティンキュー

なぜ麻原彰晃に多くの優秀な若者たちが熱狂し信者となり何もかも失ったのか?

なぜ麻原彰晃に多くの優秀な若者たちが熱狂し信者となり何もかも失ったのか?

d0241558_10343510.jpg


★なぜ?麻原彰晃のようなどうしょうもない男に多くの若者が熱狂して信者になって何もかも失ったのか?それは後の時の人間が考えてもしょうがない。メシアを宣言して多くの若者が熱狂する現象は、「 狐憑き現象 」だと捉えないとならない。鷲が20歳前半、ミゲルネリの講座に毎週通っていたが、その中でミゲルネリは「 私は1982年から1987年?の間だけ、高次元から特別な力を与えられている 」と語っていたことがあった。



★ミゲルネリには1983年に出会ったが、彼は幽体離脱の先生であり、第三の目を持ち、ルーン文字の奥義に達し、シンボルの意味を熟知し、儀式治療にて病気を治す力が与えれ、性エネルギー昇華秘法を日本で初めて公式に公開し、雨を止める力を持ち、霊的知識を豊富に持っていた。彼が言った通りにある一定の期間の超能力者であったのだ。その期間から出ると、彼は神経の病気に陥った。



★麻原彰晃も五井野正も大川隆法も文鮮明も池田大作もある一定期間は「 神のようにふるまう 」ことを許可されていたから、その力で多くの人々が集まってくるのである。その力がある時、多くの自称メシアは極端な性的破滅行為を行う。それは池田大作や文鮮明を考えれば解ることだ。

d0241558_15214630.jpg


★麻原彰晃が力があったのは、初期のオウム神仙の会の時から1990年前半のみ。逮捕されてからは神通力は全て失われた。逮捕される!ということがハイラーキー(高次元)から捨てられたことを意味するからだ。いつの時もハイラーキー(高次元)から力を与えらる人物が「 時の主役 」となる。しかしそれはいつまでも続かない。



★石原慎太郎も長く「 時の主役 」の座にいた。しかし今は何もかも明らかにされ哀れでブザマな糞ジジィに堕ちた。小池百合子も長く「 時の主役 」の座にいた。しかし今は学歴詐称のインチキババア~にすぎない。考えてみれば自称メシアは嘘つきである。100%。そして誰が見ても悪人である。なぜ悪人に一時期、ハイラーキーから力が与えられるのか?

d0241558_10491437.jpg


★釈迦が悟りを得ようと出家したが最初に出会ったのが、二人のインチキ仙人で、そのインチキ仙人の元、「 6 」年間の死ぬほど修行したが、悟れず、インチキ仙人から自ら離れて、菩提樹の下で瞑想して、女神スジャータに出会い、悟りを得る、という話がある。この釈迦が出会ったインチキ仙人が、今の世では麻原彰晃であり、五井野正であり、大川隆法であり、池田大作であり、文鮮明であるのだ。



★インチキメシアに一度は騙されるが、インチキメシアから離れ、女神スジャータに出逢った者が悟りを得ることができる。それが仏話から読み取れる。今の若者の前にも、麻原彰晃のようなインチキメシアが顕れ、多くの若者が魅かれるだろう。このパターンはどの世代でも同じように起きるから。インチキメシアに騙され、死ぬほど修行するが悟れず、そこから離れ、女神スジャータに出逢った者が「 黄金の子 」を誕生することが出来る。

d0241558_16304289.jpg

d0241558_17271027.jpg

★「 黄金の子 」を自らの腹の中に妊娠すること。それが本当の再生である。「 黄金の子の誕生 」を、肉体を持ったメシアを信じることで救われる!と間違って解釈したのが、ユダヤ教であり、ウソのメシアのイエスキリストを信じて、殉教死するのが、イエズス会であり、世界のキリスト教という邪教である。



★太陽神は常に霊鷲山で説法している。その内なる太陽神に帰依して、女神から様々なことを教わり、黄金の子を誕生させた者が、数字の「 9 」の者であるのだ。将棋は人間の生き方を表現している。「 裏と 」になって太陽神である王将を取ることが人間の本来の生き方であるのだ!


d0241558_16044374.jpg




[PR]

by xuzu9851 | 2018-07-10 08:02 | Comments(0)
<< 日本を支配しようとするカルトの... 小池百合子のカイロ大学卒業のウ... >>