サーティンキュー

王手の問題

王手の問題




★「 麻原彰晃に依存するのは止めにしませんか? 」という麻原の四女の言葉を見た時、麻原彰晃の娘として生まれ、特殊な生い立ちの環境からのナマの正直な言葉だと思うが、「 王手 」の問題の認識が欠けている!と感じる。麻原彰晃には日本人の誰も依存しない。あの時、だけの問題だったのだ!最終解脱者と名のった麻原彰晃のウソの問題が来ているわけだ。ほかにも、1980年代に救世主を名のり創造神だと名のった五井野正もいたし、釈迦の生まれ変わり!と名のった大川隆法もいた。



★左翼小児病の江川紹子が正しいわけではない。左翼という将棋で言えば「 歩兵主義 」は間違いである。太陽神に王手することが正しい。しかし麻原彰晃は宗教詐欺師であったのだ。宗教的なことに日本人は全く無知である。「 カネを神のように崇拝する性的退廃者の数字の6 」の日本人に真実が解るわけがない。そしてオウムの表面的なストイックが高学歴の人間たちを引き寄せた。



★江川紹子のような左翼からの麻原彰晃批判は無意味だ。イニシエーションという言葉の意味は何なのか?麻原彰晃は五井野正より俗物であった。五井野正は創価学会というカルトの幹部の息子だから、それなりのカルトノウハウがあり運営ができた、と思っている。もちろん「 狐に憑依 」された現象が、麻原彰晃であり、五井野正であり、大川隆法であるが。



★麻原彰晃の娘に生まれ「 世間の価値観 」で生きたい!というのが麻原の四女だと思うが、それは「 世間価値観という妄想に依存している 」ことになるだろう。麻原彰晃は世界が認める宗教詐欺師である。しかし「 人間が生きる目的は太陽神と一体化すること! 」だと解れば、オウム四女の生まれてきた悩みの解決の糸口となるだろう!と思う。六道の世間的価値観なんぞ何の価値もないのである。「 9 」を追及すべきである!常に人間の生きる目的は「 9 」に成る!ことである。


d0241558_07525562.jpg




[PR]

by xuzu9851 | 2018-07-15 23:57 | Comments(0)
<< 次の都知事はオウム真理教元幹部... 王将を取るのが将棋の目的だが人... >>