サーティンキュー

ウソ神を信じる者は性エネルギー昇華秘法を実践できない!

ウソ神を信じる者は性エネルギー昇華秘法を実践できない!

d0241558_21354853.jpg


★鷲は1983年から1984年の間の1年半、東京で週一回メキシコ人のミゲルネリの講義を受けていた。だから「 性エネルギー昇華秘法 」との出逢いはかなり早いわけ。しかしミゲルネリは新約聖書を全部暗記しているタイプの人間で、今から考えればイエスキリストを信じるキリスト教徒のメキシコ人のミゲルネリがグノーシス風味のキリスト教を土台としたノーシス講義をやっていたと考えている。ミゲルネリがスペイン語で講義して、奥さんのアベミチコが日本語に翻訳するという講義形式。

d0241558_20004509.jpg

★さてミゲルネリの師であったサマエルアウンベオールはコロンビア人である。どうしてコロンビア人から爆発的な知識人のサマエルアウンベオールが出現したのか?それはコロンビアにナチス村があったからだ。ナチス村の影響を受けてのサマエルのノーシスだったということ。「 性エネルギー活用秘法 」という本の中には「 ルーン文字体操 」と「 チベット式若返り体操 」が出てくるが、それはナチスがやっていたこと。それでナチスの影響が解るのである。

d0241558_11215861.jpg


★ナチスのアーネンエルベをサマエルがキリスト教と合体させたのがノーシス運動であり、それでは必ず破綻する。本質は「 愛 」という言葉を崇拝するキリスト教だからだ。鷲はキリスト教を見抜くにはかなりの時間をかけた。技術的なることでの性エネルギー昇華秘法自体はそれほど難しない。問題は思想的問題である。性エネルギー昇華には非常に「 思想 」が重要であること。

d0241558_13180822.jpg


★サマエルアウンベオールは1950年に「 完全なる結婚 」という本を書いて「 性の秘密 」を公的に表した!とミゲルネリは云っていた。しかし「 完全なる結婚 」を書いて彼は牢獄に中に堕ちた。サマエルに対する情報があまりにもないので正確なことは解らないが、サマエルもまたイエスキリストを信じるキリスト教徒だから牢獄に堕ちたと、今、鷲は見ている。キリスト教徒が太陽系で肯定されることない。間違っているから。

d0241558_17235840.jpg


★ナチスは悪い!と思っている者は数字の6の歩兵の凡人である。鷲はナチスは太陽神(鬼)の化身だと見ている。そこがミゲルネリとは違う。ミゲルネリは「 1982年から数年間、自分には特別な力をハイラーキーから与えられる 」と云っていたが、ミゲルネリに特別な力が与えられた時間は1982年から1985年あたりだっただろう。聖書を盲目的に信じている!という大欠点がミゲルネリにはあったから一定の期間しかハイラーキ(高次元)から特別な力は与えられなかった。

d0241558_10372604.jpg


★旧約聖書には「 神の言葉で世界は創られた 」という記述があるが、その旧約聖書の箇所は神ではなく、人間の創作した言葉である。太陽系の叡智はレゴミニズムがある芸術作品の中にある。スートラ(お経)やマントラ(真言)や呪文を除いて、一般的に使用する言葉は常に時の権力者が変えるものである。一般的に使用する言葉の中には神はなく、伝統的な芸術作品の中に神は存在するのだ。それでもあの時のミゲルネリは東大の教授の1000倍は知識があったから、鷲はかなりの選ばれた人間の道を歩んでいるが、かなり死神とも対決しなければならなかった。

d0241558_17273781.jpg


★鷲の「 性エネルギー昇華秘法 」の理解は聖書やキリスト教的なるものを否定したものである。今、周期としては太陽神がキリスト教を否定する周期に来ていると鷲は考えている。しかし自称メシアの五井野正の教え?に価値のあるものはなにもないが、ノーシスはナチスのアーネンエルベから来ているがゆえに価値があるものが含有されている。つまりミゲルネリのノーシス講義にキリスト教的なるものを排除すればナチスのアーネンエルベになると考えている。

d0241558_17245669.jpg


★これからナチスの真の価値が蘇ってくるだろう。戦後の米ソの宇宙競争はナチスの科学者が米ソに分かれてやったこと。ナチスが偉大なところは「 聖書のウソを見抜いた 」ところである。「 愛 」という言葉を使っている限りはウソの世界に生きている。また戦後憲法の、平和、自由、平等、人権、反戦平和、などの言葉を尊敬しているようではユダヤに洗脳されている!ということ。

d0241558_17252325.jpg


★ある本に、「 ユダヤ人は宇宙的な犯罪者だからナチスに裁かれた 」と書かれていたが、その宇宙的という箇所を鷲なら太陽系的という言葉に変えるが、それはアタリだ。ユダヤの世界とはひたすら数字の「 6 」であるのだ。ユダヤ人とは旧約聖書を信じる者であり、ユダヤ人の母から産まれた者。この2点しかない。しかし「 ユダヤ的なるもの 」はかなりの広範囲である。

d0241558_10283021.jpg


★学者の殆どは「 ユダヤ的なるものに影響 」されている。学者と鷲の違いは、学者は文字から真実を得ようとするが、鷲は芸術作品から真実のインスピレーションを受けようとすることにある。日本の学校の教師は毎日のように「 性犯罪 」でネット記事に出てくるが、太陽神は数字の6の妄想からくる学問を土台とする者たちを否定しているからである。

d0241558_10274780.jpg


★神とは昼に頭上にある目に見える太陽であり、夜に頭上にある目に見える白い月である。頭上にある「 太陽 」と「 白い月 」を崇拝し、性エネルギー昇華秘法を実践している者が数字の「 9 」であるのだ。カネを神のように崇拝する性的退廃者は数字の「 6 」であり、このロクデナシの6は今の日本では毎日裁かれている。


d0241558_10264856.jpg





[PR]

by xuzu9851 | 2018-08-22 13:25 | Comments(0)
<< 六殺し(ロクゴロシ)と太陽神と... 白い一日 ~ 小椋佳の「 白い... >>