サーティンキュー

太陽系の全てのものの真の所有者は太陽神である!

太陽系の全てのものの真の所有者は太陽神である!





★世界同時の株安の原因は前澤社長が10億円のバイオリンを下手に弾いてその姿がテレビに出たためだと思うが、本当の原因は、金融は必ず崩壊するという「 時 」に来たためである。Aさんがカネである土地を買い、税金も支払い法律違反もしてない。Aさんは間違いなくこの土地は俺のものだと確信する。しかし「 太陽系のものは全て太陽神のもの 」だということに、Aさんは気づいてない。地球表面の全ての人々もカネで買い法律違反をしなければ自分のものだと考えている。ものごとはそんなに単純ではない。

d0241558_07525562.jpg


★太陽系にあるものの全ての真の所有者は太陽神である。金融が必ず崩壊するのは「 太陽系にあるものの全ての真の所有者は太陽神である 」という発想がなく売買行為をしているからだ。カネを出して買えば全てそれは俺のもの、という考えが「 六 」の者の考え方であるがそれが間違いだ。

d0241558_10152128.jpg


★太陽と白い月、そしてその二つを含む7つの惑星を無視して行動するとは必ず破綻という結果となる。10年前のリーマンショックの頃、中国の経済が昇り竜だったので、1929年10月24日から始まった「 世界大恐慌 」レベルには行かなかった。しかし今は「 世界同時株安 」であり、防波堤になる国はない。つまり1929年10月24日の「 暗黒の木曜日 」の再来が来た!と鷲は見る。

d0241558_08111901.jpg


★常に感じるのは政治評論家とか経済評論家という人種の無能ぶりである。トランプが大統領になる!と当てたのはテレビに出る評論家では木村太郎一人だった。経済評論家はイカサマ人種だから今回の株価暴落に関しても当たり障りがない発言に終始している。つまり役に立たないし、経済評論家は経済に対する的確な発言をすることは全くできない。


d0241558_08524270.jpg

★さて基本は「 太陽系にあるものの全ての真の所有者は太陽神 」である!ということ。数字の「 六 」が信じているカネによって自分の所有物だと思うと、前澤社長の会社のように株価が大暴落する運命であるのだ。カネを神のように崇拝する性的退廃者の「 六 」は常に亡びの道を歩むようになっている。「 六 」は太陽系にはいらないから破滅の道を歩ませられる。太陽神との一体化を目指す性エネルギー昇華秘法の実践家の「 9 」に成らねばならない!


d0241558_10053049.jpg


d0241558_11445329.jpg



          


[PR]

by xuzu9851 | 2018-10-12 07:39 | Comments(0)
<< 五芒星(ペンタグラム)の一枚の... 1929年10月24日以来の世... >>