人気ブログランキング |

サーティンキュー

ミゲルネリとの出会い

ミゲルネリとの出会い


d0241558_06224684.jpg


★上の写真はメキシコ人のミゲルネリである。22歳から23歳までの1年半、来日していたメキシコ人のミゲルネリの講義を受けていた。週一回400円で、場所は東京の恵比寿。会場代金と資料を考えれば無料で講義を受けていた。それは非常に幸運な体験であった。教えは「 性エネルギー昇華秘法 」を中心とした「 生と死の法則 」「 幽体離脱 」「 ナワリズム 」「 儀式治療 」「 悪魔払い 」「 タロットカード 」「 シンボルの解釈 」「 ルーン文字 」「 ダンテ神曲の地獄編の9段階 」「 様々な呪文とマントラ 」その他である。毎回テーマは違っていた。


d0241558_06551178.jpg


★前にも書いたがミゲルネリのキリスト教的な面を排除して鷲のグノーシスがある。「 性エネルギー昇華 」のキーワードでグーグルやヤフーで検索すると鷲の記事が1位から3位まで出てくるわけで、性エネルギー昇華秘法を日本で広めているのは鷲がトップであるが、キリスト教を排除して空海の世界の「 太陽神と一体化するための性エネルギー昇華 」という表現に30年かけて修正したということ。


d0241558_10552121.jpg


★空海の前にも日本では性エネルギー昇華は実践されていた。神社があるのはその証拠である。性エネルギー昇華はある時忘れ去られる。しかし男たちが「 わいせつで破滅 」「 性で破滅する時 」に再び「 性エネルギー昇華 」が出てくるということ。性エネルギー昇華を始めると毎日実践することになる。性エネルギー昇華を実践することで「 神社の意味 」「 仏閣の意味 」「 将棋の意味 」「 大晦日とお正月の意味 」「 七五三の意味 」「 鏡餅の意味 」「 注連縄の意味 」「 タロットの意味 」などが解ってくる。

d0241558_16444287.jpg








★逆に言えば「 毎日、性エネルギー昇華を実践しない者は何も解らず、破滅の道を歩む 」ことになる。アラジンと魔法のランプの「 魔法のランプとは性エネルギー昇華の実践 」のことであり、「 桃太郎の桃は性エネルギーであり、犬・サル・キジが性エネルギー昇華のヘルメスの杖 」のことであり、「 浦島太郎が亀を助ける 」とは性エネルギー昇華の実践のことである。

d0241558_12230771.jpg



★精神の世界の何事にもキリスト教という邪教が入り込んでくる。サマエル・アウン・べオールの「 ノーシス運動もキリスト教が入っているから失敗した 」と鷲は見ている。サマエルの言葉に「 クリスチャンノーシス 」というのがあるから。飛鳥昭雄の言葉に「 クリスチャンカバラ 」というのがある。イエズス会の世界征服の道具として、グノーシスもカバラも使われる。





★しかし鷲はキリスト教は悪魔教だと鷲なりの調査の結果で確信して断言して、イエズス会を批判しながら「 性エネルギー昇華 」を書いているからミゲルネリとは違う!ということ。「 愛 」というお言葉も使わないし。世界中に「 性エネルギー昇華のシンボル 」はある。「 太陽神と一体化するための性エネルギー昇華を毎日やっている人間がマトモな人間 」である。今は「 性的破滅の時代 」。この時代だから「 意識的に性エネルギー昇華 」をこれからも書いていきたい。

d0241558_17094520.jpg
d0241558_17101058.jpg
d0241558_17092354.jpg
d0241558_17104121.jpg




           


by xuzu9851 | 2019-05-04 07:43 | Comments(0)
<< 連休が終わったらテレビで「 小... 鷲が尊敬する3人の日本人 >>