人気ブログランキング |

サーティンキュー

五井野正と輿水正の違いについて

五井野正と輿水正の違いについて





d0241558_12183405.jpg


★今回は「 五井野正 」と「 リチャードコシミズ(輿水正) 」を比較し考えて見たいと思います。五井野正が鷲を最大の敵にしていた(る)ことは「 五井野正オフシャルサイト 」を見ればわかるが、結局は五井野正は2017年10月29日に死んだわけだから「 死んだ奴は負け! 」という映画の麻雀放浪記ある言葉どおり「 五井野正に鷲は勝った! 」と思っています。五井野正は「 宇宙一偉い創造神 」と自称していたわけだが、鷲との闘いには勝てなかった。それは「 精神と精神の戦い ➡ 霊的戦い 」であったのだ。五井野正が若い時言っていた「 私は人間として永遠に生きる 」と言う言葉はウソであった。





d0241558_06002168.jpg







★リチャードコシミズも今はマイケル氏に激しく裁かれている。考えてみれば池田大作の最大の敵が池田大作の側近たちだったように、「 元の熱心な信者こそがカルト教祖の最大の敵になる 」ということ。その意味でオウム真理教の麻原彰晃の激烈信者たちで「 麻原彰晃に激烈敵対した者 」が思い浮かばないので、オウム真理教の場合は「 成熟しないで終わったカルト現象 」だと鷲には思える。あの当時のオウム真理教はあまりにも焦っていた(☚ 信者たちの思考時間を許さない)から、精神の成熟した元オウム真理教信から反麻原彰晃になった「 成熟した覚醒者の誕生 」まで行かなかったと思う。


d0241558_10552647.jpg


★自称メシアの五井野正の書いた本の内容や発言は全てウソであった。「 法華経の主の大通智勝如来 」「 釈迦やイエスキリストやモーセの先生である宇宙の創造神 」「 ロシアのプーチンを指導する地球のリーダー 」「 創価学会から迫害されている 」「 悟っている 」などの言葉。五井野正の言葉の全てがウソであった。リチャードコシミズと五井野正の違いは、五井野正の場合、明らかに「 背後の組織 」があること。それは以下の動画でもわかる。




★上の動画は「 救世主役をやっている五井野正 」だが、ウクライナに行って「 患者役の人間 」とか「 市長?を巻きこむ 」ことがなければ、あの動画を創ることはできない。つまりイエズス会の力がないと五井野正のこの動画は創作されない!ということ。ここがリチャードコシミズと五井野正の決定的な違いであるのだ。コシミズには背後の組織がないからだ。コシミズは背後組織なく出てきた。彼の思想の背景は「 戦後左翼思想の影響の反カルト 」である。それに輿水正は少しのオカルト面を付け加えた。しかしもうダメであるのだ。コシミズの発言のなにもかもが。



d0241558_10415497.jpg



★「 闇の権力の正体は太陽神の別名の死神 」である。コシミズは「 性的退廃者 」ゆえに「 太陽神に帰依することができない数字の6のロクデナシ 」である。「 便所臭いフルムグシ 」にしても性的退廃者だから、太陽神の別名の死神に裁かれている最中ということ。五井野正と輿水正の違いは「 イエズス会の者(五井野正) 」と「 戦後左翼思想を土台とした反カルトの妄想家(輿水正) 」の違いである。妄想家であることは両者とも同じである。五井野正の方が「 古典的なカルト教祖 」であり、コシミズは戦後日本的な「 左翼思想を土台とする反カルトのカルト教祖 」である。カルトに反対してコシミズは出てきたのに、カルト教祖になってしまったのがコシミズである。



d0241558_19334878.jpg




★五井野正は法華経の何も解らない。仏教の何も解らない。仏教とキリスト教の違いも解らない。戦後の日本のインチキなカルト教祖の典型が五井野正であった。まだまだじっくりと五井野正の間違いをこのブログで語っていく。何もかも間違いが五井野正の書いていることであった。禅定を否定した五井野正は仏教ではない!ということ。仏教はキリスト教とは違い「 性エネルギー昇華文明 」に属しているからだ。



d0241558_07253977.jpg

★五井野正・大川隆法・麻原彰晃はニセモノでありインチキカルト教祖である。彼らの浅はかな宗教観を全て否定して、本物の「 太陽と一体化する思想 」のレゴミニズムで復活させること。そして彼らの発言のウソを見抜いて否定して、太陽神との「 結び 」の世界があると鷲は思っている。そして今はカネを神とする人間は全てダメに成る時である。それを認識しないとならない。太陽神に帰依できない者たちの神はお金であるのだ!






d0241558_05212503.jpg

     




     完



by xuzu9851 | 2019-05-20 21:59 | Comments(2)
Commented by 酔っ払い at 2019-05-21 00:15 x
嫌いな場合は感知しない、タッチしないといわました。嫌いでも相手のことは分析されるのですね。
死人に口なしなので、いちまでも叩くのはどうでしょう。時たま叩く気分になることはOKよ。
Commented by xuzu9851 at 2019-05-21 07:03
五井野正は普通の人ではなくて救世主を名乗って出てきました。人間として永遠に生きる!とも若い時は自分で出している雑誌に書いたりしてましたが、その言葉がウソであったのは、2017年10月29日に死んだことで解ります。「 私の本が広まらないと人類は滅亡する! 」と若い頃から言ってましたが、人類は滅亡せず、五井野はは死にました。いまだに五井野正を信じているバカ信者たちがいるので「 タマ~~に五井野正のことを書く 」という感じですね。輿水正は一匹狼でやってますが、五井野正は「 救済者 」という動画を見てわかるように大きな組織が背後にあったのです。その大きな組織は創価学会や統一教会や幸福の科学の背後にもあるイエズス会なのです。
<< カネは≪ 死神の罠 ≫の最大のもの ネットジャーナリストという仕事... >>