人気ブログランキング |

サーティンキュー

2020年東京五輪は日朝戦争で中止か?

2020年東京五輪は日朝戦争で中止か?








★朝、起きるとテレビでは2020年東京五輪のマラソン代表について報じているが、鷲は全く来年の東京五輪には興味がない。1940年の東京五輪の戦争で中止だったように、2020年東京五輪も日本と朝鮮の戦争?で中止になるのでは?と思っている。そして北朝鮮&韓国(背後にいるのが中国)VS日本の戦争の結果、大東亜共栄圏を創り出し、大東亜共栄圏が米国滅亡の後に世界の覇権となるのでは?と思っている。つまり663年の白村江の戦いの再来がくるのでは?と思っている。





d0241558_00034415.jpg





★テレビを見ると識者と呼ばれる者たちが政治を語るが、2016年11月にトランプ大統領誕生を当てたのは木村太郎だけだった。一人だけ。テレビに出てくる識者は木村太郎以外は、トランプ大統領誕生を当てることができなかった。ヒラリーとトランプの二人のどっちかが米大統領に成る!という闘いだったのに。鷲はトランプ大統領誕生を当てた。その証拠はネットに残っている。実を言うとテレビに出てくる識者とは全く明日(政治その他)が見えてないのである。政治の世界では日韓は戦っているが、別の角度で見れば日本の十代の若者は韓国のスターに憧れている!という現象がある。









★日朝戦争は日本を米国から切り離し「 大東亜共栄圏 」を創り出すために行われる!と鷲は見ている。米国は内戦状態だから日本を守る力はない。中国がこれから覇権国家となる!というのは100%正しくはない。世界の主導権を握るのは共産中国ではないからだ。共産中国にしたのは、実は米国である。ファーウェイを米国が嫌っているのはすでに5G(第五世代)の世界では中国の方が主導権を握っているからである。鷲が云っているのは「 大東亜共栄圏 」が世界のリーダーと成る!ということ。英国は終わったし、米国も終わったし。中国共産党も終わる。しかし「 アンゴルモアの大王が蘇る! 」ということ。諸世紀の10章72番である。その「 アンゴルモアの大王とは大東亜共栄圏 」ということ。








★日本のスポーツは米国から来た野球が廃れてきて、卓球がどんどん昇っている。卓球は長い間、中国が王者である。日本のスポーツ界で米国から来た野球が衰退して、卓球が大人気なのは、日本の中国化現象の暗号である。そして京都が中国人に人気なのは「 京都文明とは古代中国の唐文明 」だからである。












★唐も新羅も百済も滅亡したが、日本に古代中国と古代朝鮮の文明が残っている。元々日本とは新羅の王族のキンリョウリンが建国し、唐から来た藤原氏が支配した世界である。唐と新羅と百済の文明が日本の古代文明として保存されている。それを考えると、中国を背後とする北朝鮮が韓国を使って日朝戦争に追い込み、その結果、米国から脱した「 大東亜共栄圏 」が近い未来に出来る可能性はかなりある。








d0241558_10150571.jpg






★2020年、東京五輪を考えると、これほど呪われた五輪もない。2020年東京五輪はスポーツの祭典のためにやろうとしたのではなかった。東京五輪を名目に、東京再開発をして、バブル景気を創り出し、一部の者たちの「 金儲け 」のために始めたものである。だから佐野研二のエンブレムのパクリ問題「 ケチ 」がつき、JOC会長の竹田恒和が五輪招致の贈収賄でフランス警察から捜査を開始されてJOC会長を辞めた。石原慎太郎と石原系の政治家は姿が見えなくなり、東京都知事の小池百合子もカイロ大学を本当に卒業したのか?の学歴詐称を問われている。2020年東京五輪に関わった者には「 呪い 」が来ている。










★間違いなく2020年東京五輪は呪われている。進めようとする全ての者たちに「 災いが襲いかかる 」という結果になっている。多くの日本人は2020年に東京五輪が起きる!と思っているが、今の日韓のゴタゴタから鷲は「 663年の白村江の戦いの再来 」が来ると見ている。2020年東京五輪は戦争によって中止になるだろう!再び、トランプ大統領誕生を当てた時と同じ【 勝負 】をしたい!



d0241558_13480727.jpg




   


by xuzu9851 | 2019-09-16 10:08 | Comments(0)
<< 最近のヘンなことを解読しますw 今日の一曲 >>