人気ブログランキング |

サーティンキュー

【 激愛 】に感じること

【 激愛 】に感じること






★上の長渕剛の「 激愛 」は実を言うと鷲の長年の定番の【 歌 】であるのだ。この歌は1989年だっただろうか?その頃から、鷲は歌っていた。飲み屋でね。長渕剛が凄いとも思ってもないのだが「 激愛 」という歌は鷲の長年の飲み屋での【 歌 】であったのだ。今は飲み屋にはいきませんが、懐かしい感じがしました。



d0241558_13080482.jpg




  


by xuzu9851 | 2019-10-19 15:48 | Comments(4)
Commented by 安清やっさん at 2019-10-19 17:30 x
 カクレイシことサーテインキューさん、お久し振りです。

 お元気な様で何よりです。

 そうですか。
もう、飲み屋には、行かなくなったのですね。

 五井野正さんが、亡くなられた後
腹が据わって堂々と自分なりの落ち着いたマイペースを
確立できたのかも知れませんね。

 先ずは、おめでとうございます。
可能ならば、地湧菩薩を楽々と超えて、
新生『法華経おじさん』として、
天衣無縫かつ融通無碍に
自分なりの法華経を語る日が来ることを
心より、同志として祈念しています。

 そういえば、その後、
ゾーゲンさんは、お元気でしょうか?
Commented by xuzu9851 at 2019-10-19 20:21
> 安清やっさんさん



先ずは、おめでとうございます。
可能ならば、地湧菩薩を楽々と超えて、
新生『法華経おじさん』として、
天衣無縫かつ融通無碍に
自分なりの法華経を語る日が来ることを
心より、同志として祈念しています。



ーーーーーーーーーーーーーー

貴方だれ?という感覚。「 自分なりの法華経 」とか「 ゾーゲン 」とか「 カクレイシ 」とか知っているのは、かなり鷲を知っているのだが、いまだに「 五井野正 」系列と感じる膿~。これで終わらないでモーチョットのコメントお願いしますねwwww
Commented by 安清やっさん at 2019-10-19 23:19 x
 もはや、10年一昔前の2009年の3月。カクレイシさんのブログを見て、所用もかねて
札幌で行われた五井野さんの講演会に静岡から初めて参加した者です。

 以前から、五井野さんの著書は、同学年の縁もあって読み込んでいましたが、
実際に会って話を聴いたのは、この時が初めてでした。

 カクレイシさんから一念三千のコピーも郵送していただいたこともあって、
上京の折りに国会図書館で聖教新聞を隈なく調べたこともありましたね。

 その後、「プラズマの世紀」等の掲示板を通じて私なりの距離感で、
動静を見つめ続けていたという訳です。

 ともあれ、酒に溺れていた(?)カクレイシさんが、
もう飲み屋には、行かずに、ひたすらマイペースで
自己修業の道を楽しみながら、
生き抜いていることに心からの共感のエールを送りたいと思います。

  
Commented by xuzu9851 at 2019-10-20 07:49
> 安清やっさんさん


貴方に驚いているのは「 五井野正 」に「 さん付け 」するような(いまだに五井野正の信者のような)者が鷲にも好意を持っていること。鷲の過去の大きな仕事は「 五井野正の正体を暴くこと 」だったので、鷲の文章を読んでいる者は全て「 五井野正の正体 1~17と0 」を読んでいると思っていたからです。鷲こそが「 五井野正の最大の敵 」で五井野正信者たちもそう理解していると思っていたのですが、いまだに鷲が五井野正の信者のような言い方に驚いたのです。

鷲と五井野正の戦いは非常に激しかったのです。それで2017年10月に五井野正が死に、晩年の五井野正は信者たちを長野に移転させて「 五井野正王国 」を創ろうしました。そして今回の長野における台風19号や大雨による被害です。五井野正と彼の信者は裁かれたのです。まだまだ五井野正の正体を鷲は知っているのですが、結果がハッキリと出ているので止めているだけです。鷲の「 五井野正の正体 1~17と0 」を読んでください。ゾーゲンは交通事故に遭い4か月入院した、ことまで知ってますが、それ以降はしりません。プラズマの世紀というトピのトピ主が五井野正で、五井野正とはあのトピで語っていましたが、鷲が彼を許さなかった!ということ。インチキメシアだから。

五井野正の正体を明らかにした後、今は「 性エネルギー昇華 」で日本人を性的退廃から「 太陽神と一体化する性エネルギー昇華 」へ転換するための情報を無料で提供することをこのブログのメインとしてます。創価みたいに「 ナムミョ~ 」の人では鷲はありません。何かタイムマシンで10年前に戻った気がしましたが、それなりに激しい闘いがこの10年間だったのです。鷲は五体満足で健康ですが、鷲の敵たちは、死んだり、交通事故、台風被害、とか散々な目にあってます。貴方の文章を読んで一度過去に戻ったような気がしましが、五井野正は麻原彰晃と同じく、最低最悪のインチキメシアでした!
<< このコメントには驚いた! これからの日本は何もかもダメダ... >>