人気ブログランキング |

サーティンキュー

コメント欄より  ~  明治天皇からの天皇教はイエズス会であり、信じると殉教死する運命である!

コメント欄より  ~  明治天皇からの天皇教はイエズス会であり、信じると殉教死する運命である!







Commented by 酔っ払い at 2019-11-10 09:24 x
小室 直樹の天皇恐るべしだったかは記憶が曖昧であります。

無限無責任とか、要は何をしても無責任であるということかな。
一般庶民は逆であります。都合により(任意たまたまに】
いつでもどこでも、些細な事で法律の名の下に責任を
負わせて罰するであります。
天皇は一切の責任を取らない事を是とし、言葉だけは聞こえのいいことをいいます




ーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント欄より  ~  明治天皇からの天皇教はイエズス会であり、信じると殉教死する運命である!_d0241558_13481711.jpg




★田代まさしは5度も逮捕され責任を取ってますが、昭和天皇は無限無責任だったですね。天皇陛下万歳と叫んで死んだ日本人は何百何千万人いたでしょう。その殉教者たちに対して昭和天皇は全く責任を取らなかった。そんな天皇に対して戦後の共産党が批判して支持層を増やしたのですが、今や共産党も長いヌルマ湯生活のためなのか?まったく大事な時に天皇への批判をしません。そして今の日本人も長い間のカネカネカネカネ生活によってあらゆる思想が抜け落ちたからN国党のような「 気持ち悪い集団 」が出てきましたwwwwwww






★明治天皇は英国とイエズス会が作ったものです。長州はイエズス会藩です。イエズス会の教会が一番最初にできたのが長州の山口県です。安倍晋三総理の本籍が山口県にしているのは、自分のアイディンティティは長州イエズス会である!としているからです。イエズス会が作った天皇だから昭和天皇も無責任になったところがあります。単なる「 ひな祭りの人形として現人神 」だったからです。






★明治天皇からの天皇はイエズス会が作った天皇ですが、創価学会や統一教会やオウム真理教や五井野正教や幸福の科学や深見東州もイエズス会の下部組織です。それはすぐに世界的になることで分かります。できたばかりの幸福の科学が世界100か国に支部があると言ってますが、イエズス会の教会を支部と云っていれば良いわけです。





コメント欄より  ~  明治天皇からの天皇教はイエズス会であり、信じると殉教死する運命である!_d0241558_13430880.jpg





★歴史的に見ればイエズス会の信者たちは「 殉教死 」する運命ですから、現人神天皇教の信者もイエズス会信者なので「 殉教死 」した!ということです。今「 天皇陛下万歳 」をする者たちは「 全てイエズス会の信者 」と太陽神に判断されて「 殉教死 」をかつてのように強要されるでしょうね。だから「 天皇陛下万歳 」はヤバイのです。






★世界を支配する「 世界の王 」は「 太陽神 」です。太陽神には黒と赤があります。黒い太陽神はロクデナシの六を殺します。赤い太陽神は【 9 】の人間と一体化し、人間を超人にします。大きなカルト組織は全て「 黒い太陽神の罠 」です。それを信じると殉教死に至る!ということ。天皇を正確に解読するのは「 赤い太陽神と合体するため 」です!




コメント欄より  ~  明治天皇からの天皇教はイエズス会であり、信じると殉教死する運命である!_d0241558_13483420.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


追伸

★天皇の式典に出ることが名誉であり栄光である考える日本人は何も天皇について学んでない者である。ウソ本・テレビ・ラジオ、あらゆるメディアに騙されている。戦前の日本人は「 天皇神様教育 」に洗脳されて「 天皇のために戦い死んで行った 」がそれは英米の利益のためだった。そして情報過多のように見えるSMSの時代の今の日本人の多くも「 天皇 」に騙されている。それほど「 天皇 」はいつの時代も隠された存在!だということ。






★今は総理・政治家・著名人の全てが「 天皇陛下万歳 」である。だから天皇の正体を正確に明らかにする仕事は偉大な仕事であるのだ。戦後の言論界で「 天皇陛下とは何か? 」が議論の中心にあった。しかし今は共産党でさえ、天皇批判が弱まっている。共産主義というインチキ思想から天皇批判はインチキがインチキを批判しているわけだから無効だろう。鷲は赤い太陽神と合体する!という位置から黒い太陽神の罠である天皇の正確な情報を出していきたい!



   


by xuzu9851 | 2019-11-10 11:16 | Comments(0)
<< 天皇陛下万歳!をすることは「 ... 空気に飲み込まれる日本人と天皇の正体 >>