人気ブログランキング |

サーティンキュー

666の意味 ~ 太陽神の人類へのメッセージは常に6から9である!

666の意味 ~ 太陽神の人類へのメッセージは常に6から9である!









★666という言葉を初めて聞いたのは映画「 オーメン 」が上映されていた高校の頃だが、今は「 6から9 」を語る第一人者に鷲はなった。今の世界で鷲一人しか「 6から9 」を語る者がいないから第一人者なのだが。あの映画「 オーメン 」を見た時、あまりにも牧師たちが弱いので悪魔の子のデミアンがあまりにも強い!と思っていたが、カトリックの神父たちが「 子供たちへの性的虐待 」で世界中で逮捕されているのを見ると、デミアンこそが悪魔を裁く神ではないのか?と思ってしまう。






ヨハネの黙示録13


 第二の獣は、獣の像に息を吹きこむことを許されて、獣の像がものを言うことさえできるようにし、獣の像を拝もうとしない者があれば、皆殺しにされた。また小さな者にも大きな者にも、富める者にも、貧しい者にも、自由な者にも奴隷にも、全ての者にその額か右手に刻印を押された。そこでこの刻印のある者でなければ、物を買うことも、物を売ることも、できないようになった。この刻印はあの獣の名、あるいはその名の数字である。ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるのか考えるが良い。その数字は人間を指している。そして数字は666である。(ヨハネの黙示録13の15から18)






★旧約聖書でも新約聖書でも原本(あるいは種本)というのが存在した。旧約聖書はバビロンの「 ベルの目 」が種本である。新約聖書は80あったグノーシス文書の4つである。「 ベルの目 」や「 グノーシス文書 」を改竄して「 神を変えて 」現在の旧約聖書と新約聖書がある。全てを改竄してるわけではない。本来の本文部分と改竄部分がある!ということ。ヨハネの黙示録13の上の文は本文が残っているような感じがする。それは鷲の直感だが。





666の意味 ~ 太陽神の人類へのメッセージは常に6から9である!_d0241558_11302580.jpg
666の意味 ~ 太陽神の人類へのメッセージは常に6から9である!_d0241558_11320834.jpg






6とは英語で「 シックス 」と発音するがそれは「 シック(病気) 」と「 セックス(性) 」の合体語の「 シックス 」であり「 性の病気の人間を意味するのが6のシックス 」である。性の病気の人間が3人揃うと社会を創る。666とは「 性エネルギー昇華をしない性の病気の獣の人間の社会 」という意味である。





666の意味 ~ 太陽神の人類へのメッセージは常に6から9である!_d0241558_15334304.jpg




「 罪と罰 」という小説のエピローグは以下のように書かれる。



【 シベリア。荒涼とした広い河のほとりにロシアの行政中心地になっている町がある。町には要塞があり、要塞の中には監獄がある。この監獄にすでに九か月間、第二級徒刑囚人ロジオン・ラスコーリニコフが投獄されている。彼の犯行の日から、もう一年半になろうとしている 



ロジオン・ラスコーリニコフ  ➡  666の獣の名


九か月の監獄         ➡   9


犯行から1年半(18か月)  ➡  18か月とは9か月の逃亡と9か月の監獄






ギリシャ語の新約聖書とロシア語の新約聖書のイエスキリストの死刑の時間は「 正午6時から午後9時 」である。この「 6から9 」が太陽神が古代から人類に与えた偉大な暗号である。さてもう一度、ヨハネの黙示録の13を考えてみよう。





★「 ものを言える獣の像 」とは実現しそうである。アレクサを考えればわかる。このヨハネの黙示録にはグノーシス文章の本文がかなり残されている!と鷲は思っている。人間によって改竄されてない!文章がかなり多いのでは?結論を言えば「 太陽神と一体化するための性エネルギー昇華と真実の探求をしない者(数字の6)はどんな時代でも奴隷(もしくは犯罪者)として扱われる!太陽神と分離している6は奴隷か?犯罪者に堕ちる運命!。【 9 】が太陽神と一体化した者である!【 9 】が本来の人間である。 」ということ。太陽神が人類に与えた偉大なる暗号のメッセージは「 6から9 」というシンプルなものである!その暗号はあらゆるところにあり、隠されてはいない。しかし6である限りは見えないのだ!




666の意味 ~ 太陽神の人類へのメッセージは常に6から9である!_d0241558_15342251.jpg




  



by xuzu9851 | 2019-12-06 15:36 | Comments(0)
<< 最近、鷲が一番「 受けた者 」... コメントへの返答  ~  百軒さんへ >>