人気ブログランキング |

サーティンキュー

熊沢英昭一家の破滅と中東の宗教国家同士の殺し合いの原因は同じである!

熊沢英昭一家の破滅と中東の宗教国家同士の殺し合いの原因は同じである!




熊沢英昭一家の破滅と中東の宗教国家同士の殺し合いの原因は同じである!_d0241558_14042633.jpg




★今回は中東の宗教国家同士の戦いも熊沢英昭一家の悲劇も原因は同じ!というテーマで書いています。多くの人々が「 人間が生きる目的とは何か? 」を解らず生きています。しかし鷲は理解し誰でも解る表現ができます。上の将棋盤に生きる目的が描かれています。将棋の目的は「 王将を取ること 」ですが、人間の生きる目的も同じです。「 内なる太陽神である魂と意識が一体化すること 」です。「 魂(王将)と一体化した意識を【 霊 】 」と云います。しかし大川隆法の言う「 霊 」は「 妄想意識 」なので「 霊 」とは言えません。





熊沢英昭一家の破滅と中東の宗教国家同士の殺し合いの原因は同じである!_d0241558_17383913.jpg
熊沢英昭一家の破滅と中東の宗教国家同士の殺し合いの原因は同じである!_d0241558_17393967.jpg
熊沢英昭一家の破滅と中東の宗教国家同士の殺し合いの原因は同じである!_d0241558_17400224.jpg
熊沢英昭一家の破滅と中東の宗教国家同士の殺し合いの原因は同じである!_d0241558_17402860.jpg






★将棋の下から六段階から九段目をタロットカードでは上のように表現してます。これは完璧な知識(グノーシス)から来ます。人間は太陽神(魂)と一体化して合格であります。それはサンサンクドの本来の意味の「 太陽の子の誕生 」ということです。狸大明神の妊娠腹の中に「 太陽の子 」が存在してます。その「 太陽の子 」を表現しているのが「 狛犬 」であり沖縄の「 シーサー 」であります。お正月の獅子舞とは「 太陽の子を誕生させよ! 」というメッセージなのです。





熊沢英昭一家の破滅と中東の宗教国家同士の殺し合いの原因は同じである!_d0241558_09460068.jpg





★さて上のことは毎回云っていることですので、毎日、鷲のブログを読んでいる人は分かり切っていることだと思います。今、多くの人間が「 破滅 」してます。それは毎日のニュースを見ればわかることです。それは「 太陽神(将棋の王将)を無視して生きている 」からです。太陽神と一体化するためには「 太陽神と一体化するために、性エネルギー昇華を毎日実践しなければなりません 」。






★第一に世界の殆どの人間は「 太陽神との一体化のための性エネルギー昇華を知らないし実践してません 」。だから永遠に将棋盤の下から六番目の「 歩兵 」なのです。将棋盤の下から「 7段目は雷が落ちるような天啓を受け取る(宇宙の父の発見) 」です。下から「 8段目は宇宙の母からグノーシス(本当の知識)を獲得する 」ことです。下から「 9段目は太陽の子を誕生 」です。




熊沢英昭一家の破滅と中東の宗教国家同士の殺し合いの原因は同じである!_d0241558_16444287.jpg




★人間の生きる目的を明確に表現しているレゴミニズムは日本中にあります。札幌では「 狸大明神 」です。右手の杖は「 性エネルギーを宇宙の母の援助を得て、33個の脊椎骨に沿って上昇させ、脳神経と胸腺にハテナ(?)の形に昇華する 」と云うことを表現してます。左手の大福帳はグノーシス(本物の知識)です。そして狸大明神の腹は「 太陽の子を誕生させている妊娠腹 」ということ。





熊沢英昭一家の破滅と中東の宗教国家同士の殺し合いの原因は同じである!_d0241558_19091062.jpg






★さて、去年、熊沢英昭一家は親子で殺し合いをしました。息子の熊沢英一郎を殺さなければ、父と母が殺される!と云う状況でした。そして元農林省事務次官の熊沢英昭は息子を殺したのです。この原因は「 人間の生きる目的は太陽神と一体化すること! 」ということを知らなかったことが原因です。どういう教育をしたのか?それは知りませんが「 太陽神と一体化することが人間の生きる目的 」ということを知らなかったことが根本の原因でしょう。






★「 人間の生きる目的は太陽神と一体化すること 」という言語表現は鷲の表現で、鷲の前には誰もいません。しかし鷲が自信があるのは将棋や狸大明神やタロットカードで表現されているからです。熊沢英昭一家の悲劇は「 日本の全ての家族の悲劇 」となります。日本人で「 人間の生きる目的は太陽神と一体化すること 」と云ってるのは鷲だけだから。





熊沢英昭一家の破滅と中東の宗教国家同士の殺し合いの原因は同じである!_d0241558_09300047.jpg




★さて話は変わって中東の宗教国家同士の殺しあいの原因を書いていきます。中東では、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教などが、殺し合いをしてます。それはどうしてか?それは「 旧約聖書の神がウソ神のヤハウェで、太陽神バアルを悪魔としているから 」です。戦後の日本での「 ウソ神 」は、文鮮明・池田大作・五井野正・麻原彰晃・大川隆法、そして天皇がいます。全て「 ウソ神 」です。





熊沢英昭一家の破滅と中東の宗教国家同士の殺し合いの原因は同じである!_d0241558_08550577.jpg
熊沢英昭一家の破滅と中東の宗教国家同士の殺し合いの原因は同じである!_d0241558_13430880.jpg





★本物の太陽神に帰依しないと「 卐 」の破滅の世界に支配されます。田という漢字は「 卍+卐 」です。太陽神は「 太陽系に必要ない、ダメな者を殺す 」ということを考慮しなければなりません。太陽神が王の太陽系はOSSの「 自由・平等・人権・反戦平和 」などのお言葉は通用しない世界ではあります。太陽系にいらない者を太陽神は残酷に殺します。その残酷さを表現したのが「 卐 」をシンボルとするナチスなのです。




熊沢英昭一家の破滅と中東の宗教国家同士の殺し合いの原因は同じである!_d0241558_11315235.jpg





★だから太陽神を古代の人々は「 鬼 」だと思ったのです。そしてこの「 鬼に帰依する宗教が卑弥呼の鬼道 」なのです。キリスト教は「 罪人を許しますが、神父たちはウルトラ性的変質者の気持ち悪い人たち 」です。ウルトラ性的変質者のキリスト教の神父たちはN国党の立花孝志より「 気持ち悪い 」です。旧約聖書を信じている者たちは「 性エネルギー昇華 」はできません。太陽神バアルを否定する書物が旧約聖書だからです。





熊沢英昭一家の破滅と中東の宗教国家同士の殺し合いの原因は同じである!_d0241558_13030462.jpg





★宇野正美より鷲の方がずっと聖書に関しては詳しいのです。宇野正美は聖書の一字一句をバカみたいに信じるフォンダメンタリスト(聖書原理主義)ですが、鷲は世界の優秀な「 聖書研究家 」の本を読んでます。それが鷲の趣味です。宇野正美は「 信仰 」の者ですが、鷲は様々な専門家の話を聞いて理解する常識的な世界の者です。「 信仰という精神状態はヤバイ 」のです。あらゆる角度から研究する者が正しいのです。結論は宇野正美はバカです。彼のユダヤ人の概念も間違っていますし、かなりの妄想が入ってます。そして旧約聖書は「 呪われた書 」です。そして「 2020年の東京五輪も呪われてます 」。「 呪われたもの 」には近づいてはいけなのです。




熊沢英昭一家の破滅と中東の宗教国家同士の殺し合いの原因は同じである!_d0241558_13024796.jpg





★頭上に二本の角がある太陽神であるバアルは日本では「 鬼 」で表現されています。そして旧約聖書の前に存在した原典のバビロンの「 ベルの目 」は、今の日本では鬼太郎の父の「 目玉おやじ 」で表現されてます。水木しげるが受けたインスピレーションは、現代世界の知識を遥かに超えた次元から来たもので、日本人への夜明けを告げる光だったのです。「 ベルの目 」のベルとはバアルこと。鬼であるバアルと宇宙の母である数字の88が「 鬼の子である太陽の子(鬼太郎)を誕生させる 」ということです。






★さて今回の結論ですが、熊沢英昭一家がどうして殺し合いになったのか?それは太陽神(魂)を無視したからです。中東がどうして殺し合いの世界になっているのか?それは太陽神バアルを否定した旧約聖書信仰の宗教を信じてる国の集まりだからです。太陽神は「 太陽神を否定する宗教国家を中東に集めて、殺し合いをさせて、消滅させてしまう 」ということ。





熊沢英昭一家の破滅と中東の宗教国家同士の殺し合いの原因は同じである!_d0241558_15065092.jpg




★「 太陽神と一体化するために、毎日、性エネルギー昇華を実践して、真実を求めて、太陽の子を誕生させる者に成ること 」。その姿勢が「 夜明け 」となります。しかし「 ウソ神信仰 」「 おカネ信仰 」「 日本国憲法にある言語信仰 」の者たちは破滅します。実際、今の日本人は「 破滅の途中 」なのです。卑弥呼が帰依していた鬼道に回帰すること。鬼道とはバアル教なのです。そして我々日本人には「 目玉おやじの息子の鬼太郎 」のイメージで太陽神バアルから【 太陽の子 】のイメージが与えられています。





熊沢英昭一家の破滅と中東の宗教国家同士の殺し合いの原因は同じである!_d0241558_16001883.jpg





  



by xuzu9851 | 2020-01-16 14:58 | Comments(0)
<< 世界はタロットカード通りに動い... 今日の札幌の風景 >>