人気ブログランキング | 話題のタグを見る

サーティンキュー

関わった人間の全てを滅ぼすのが統一教会というカルト






★戦前は1868年から1945年までの「77年間」であり、今年は1945年から「77年目の時」である。ここで日本が終わるとずっと前から書いてきたが、山上徹也が安部晋三を2発の自家製の銃で暗殺して、自民党員と統一教会の深い深い関係が表に出て来て日本が終わるとは思ってなかった。戦前はヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に原爆が落ちて「日本は終わった」。日月神示にある「同じようなことが繰り返す」であれば、もう一発8月の今月中に起きるかもしれない。疫病・飢饉・戦争・天変地異と「日本を滅ぼす力はそろっている」。





★統一教会とは「全滅系カルト」である。文鮮明もヘリコプターが墜落して死んだ!のではないかな。信者たちは「お父様の文鮮明師はヘリコプタ―が墜落してもかすり傷一つしなかった」と信じているようだが、バカを相手にする時間はない。カルト教祖夫妻とは「呪われている」から必ず「変な死に方」をする。そして信者全員が山上徹也の母のように「バカ杉」であり、統一教会にかかわった者たちは、政治家に限らず、全員が「呪われて不幸死」となる運命である。かかわった者たちが全滅する「全滅系カルトが統一教会」ということ。





★統一教会とかかわった自民党政治家たちを見ていると「まだ余裕」があるようだが、必ず「阿鼻叫喚」がくる。統一教会に限らず「カルトにかかわった者たち」は必ず「阿鼻叫喚」が来るのである。そこから逃げるには、「阿鼻叫喚」が来る前に教団の実態を公にして、否定して批判して、カルト教団と勇気を持って戦うしかない。自民党の統一教会議員たちは、黙って入れば「この風はとおりすぎる」と思っているが、今は、太陽神が髑髏となって裁いている時であり、それは通用しない。


関わった人間の全てを滅ぼすのが統一教会というカルト_d0241558_14522325.jpg



★1945年8月6日と8月9日に広島と長崎に原爆が落とされて戦前の「天皇崇拝カルト日本は終わった」が、今回は二つのカルト政党(統一教会と創価学会)が支配する日本が終わるだろう。安部晋三は山口県の本籍があり、岸田総理は広島出身である。ここに深い意味がある!ということ。イエズス会系の二人ということ。安部晋三の9月の国葬は必ず中止となる。そして自民党は解散して、創価学会党の公明党も解散となるだろう。この「風は太陽神という恐怖の大王から来る風」だからだ!








by xuzu9851 | 2022-08-05 18:29 | Comments(0)
<< 宗教の核心は言葉ではなく【性】... 自民党議員たちは、統一教会を利... >>