人気ブログランキング |

サーティンキュー

2014年 08月 08日 ( 1 )


佐世保首切り少女事件を伝説と神話から読み解く!



我々は「目に見える世界」と「目に見えない世界」の二つの世界を同時に生きている。佐世保首切り少女事件のことをテレビで解説している人間たちは、全て「この世に目に見える世界しかない」という価値観から語るから問題の本質には至らない。【 学 】の人間では全く見えないこの事件の本質も、「目に見えない世界」や伝説や神話から考察すれば見えてくるのだ。



1、首切り少女は悪魔に憑依されて事件を起こした、とまず考える

★映画「エクソシスト」は実際にあった事件を元にして創られた。その実話とは、叔母(霊能力があるという)が死んだことをきっかけに、心を傷んだ14歳の少年に中に悪魔が侵入した。そして悪魔はその少年を支配する。しかしイエズス会の神父が少年の中の悪魔を見抜き、戦ったという実話。

★親族が死んだことがきっかに悪魔に憑依された少年というのは、酒鬼薔薇と同じである。酒鬼薔薇も祖母が死んだことがきっかに【 死 】について異常な興味を持つ。そして悪魔に憑依され、動物を虐待し、小学4年の少女を殴り殺し、11歳の少年の首を切断して校門の前に置いた。そして口には社会を挑発する文をくわえさせて。彼がやったとも言えるが、酒鬼薔薇の中に入った悪魔が起こした事件である。だから14歳がやることとは思えず冤罪説が流れた。

★悪魔に憑依されて殺人事件を起こす例を世界に求めれば無数にあるだろう。しかし現代の日本社会のように唯物主義に洗脳されているから、気づこうとしないだけだ。世界に「悪魔にとり憑かれて殺人事件を起こした例」を集めて研究すれば、そこに共通点が見えてくるだろう。それをしないで両親が悪い、学校が悪い、社会が悪いでは、あのバカで未熟児の左翼連中と同じだ。

★まずこの手の事件を理解するには唯物主義を卒業しなければならない。人間は「目に見える世界」と「目に見えない世界」の二つの世界に生きていると。そして「目に見えない世界」には【 闇の力 】というのが存在する。その【 闇の力 】に憑依されたのが、今回の佐世保首切り少女であり、酒鬼薔薇だったのである。そしてそのような悪魔憑きの事件は古今東西無数にある。日本では【 狐憑き 】という言葉で残っている。




2、人間は【 太陽に属する魂 】、【 月に属する霊(心理) 】、【 地球に属する肉体 】の三つに分かれる。


★【 自分 】という漢字は【 自らを分ける 】と書く。人間は太陽に属する【 魂 】、月に属する【 霊(心理) 】、地球に属する【 肉体 】の三つに分かれる。この認識が基本である。さて、今回の佐世保事件や酒鬼薔薇の事件を【 魂 】という文字で考える。魂は【 鬼が云う 】と書く。そして鬼という漢字の【 田 】という文字に注目する。

   田とは 卐+卍

   卍は創造、再生する力の働き 

   卐は破壊であり、浄化


★酒鬼薔薇や佐世保首切り少女は魂の田の卐の力に従っていた。つまり破壊である。破壊神とは秋田の伝統の【 ナマハゲ 】やヒンズー教の【 カーリー神 】である。この破壊神は古来から出現するから世界の伝統的宗教には必ず見られる。この世を破壊して、新しい世界を再生する神である。6の世界を破壊して、【 旭 】の世界を創造する神である。破壊があって、【 旭 】の太陽神と一体化した世界が来る。

★破壊神は定期的に出てくることは、1997年に酒鬼薔薇事件があり、2014年に佐世保首切り少女事件があったことで解る。その間は17年である。数字の17の意味は【 星、希望、啓示、明白な真理、聖なる母、光の星 】など。なぜかこの残虐な事件と17の意味は関係ないような気がするが、日本の唯物主義社会が危ないとの【 啓示 】を与えていることは間違いない。

★佐世保首切り少女事件が起きたので、秋田の伝統のナマハゲは、こうした事件が古来からあったことを教えるためにやっていると解る。ナマハゲは包丁を持っているから、佐世保少女や酒鬼薔薇のような【 首切り魔 】だったのだろう。

★ナマハゲやカーリー神が出現した時、佐世保首切り少女のような事件を起こすから非常に残虐なのだが、「 神として祀られている 」ことを考える必要がある。現在の唯物主義、拝金主義、未熟左翼、虚しい言葉を崇拝する社会は破壊神の出現によって破壊される運命ということ。そして【 6 】の世界の成功者は破壊神に破滅させられるということである。





3、ゲーテの「ファウスト」の物語との類似性


★ゲーテの「ファウスト」では、老人のファウスト博士が【 若さ 】が欲しく、悪魔と契約して、希望どおりの【 若さ 】を得る。しかし悪魔に魂を奪われ、破滅するが、永遠なる女性的なるもの、によって救われる、という物語。「ファウスト」は欧米に古来からある伝説を元に創作されたもの。

★佐世保首切り少女事件は加害者の父は、普通の人とは違う。50歳になって社会人大学生となり、ピアノ・トライアスロン・ゴルフなどのサークルに入り活躍し、スケートの国体選手でもある。そして本業でも成功し、金持ちであり、女性にもモテて、地元の名士であった。ファウスト伝説の悪魔と契約すると「若さ」と「この世の栄光を得る」と同じであると感じた。

★ファウストでは悪魔と契約したファウストが己の魂を奪われるが、佐世保の加害者の父は、娘の魂が悪魔に奪われてしまう。そして悪魔に支配されて「強力な殺人願望」を持つ娘によって破滅してしまう。

★この欧米に古来からあるファウスト伝説で、佐世保首切り少女事件が見えて来ないだろうか?このファウストだけではなくヒンズー教の破壊の女神カーリー神や秋田のナマハゲ伝説や映画「エクソシスト」、その他、を加えれば、この事件の全貌も見えてくるだろう。






4、カミュの「異邦人」との類似性


★カミュの異邦人は最初に母が死んだところから始まる。母が死んだことに、主人公のムルソーは何にも感じることがなく、翌日はいつもどうり女性と情事に耽る。そして友人レエモンのトラブルに巻き込まれアラブ人を射殺してしまう。その結果逮捕される。裁判で射殺した理由を聞かれ「太陽が眩しかったから」と答える。死刑を宣告されたムルソーは、懺悔を促す司祭を監獄から追い出し、死刑の際に人々から罵声を浴びせられることを人生最後の希望にする。

★佐世保の首切り少女も昨年の10月に母がなくなったが、全く泣かなかったという。そして父が今年2月に少女を祖母と養子縁組させた直後の3月2日に、父を金属バットで殴り大怪我をさせている。が、憎くて殴ったのではないかもしれない。「人間を殺して見たかったから殺した」と理由を言うかもしれない。その理由はカミュ著「異邦人」の主人公のセリフの「太陽が眩しかったから殺した」の理由に似ている。

★「太陽が眩しかったから殺した」は深い言葉である。これを「私の中の太陽神に従って殺した」と翻訳すれば、もっと解ってくるだろう。首狩り族にとって、人間を殺し首を切断することは、神聖な宗教行為であった。この少女の前世が首狩り族なら納得する人も多いだろう。しかし冗談ではなく、本当の可能性もある。この少女はまだ現世に慣れてなく、前世の感覚で生きているのかもしれない。首狩り族なら「人を殺すのがなぜ悪なのですか?と真剣に考え質問するかもしれない」。





5、三島由紀夫事件との類似性

★1970年11月25日、当時のノーベル文学賞候補の三島由紀夫は楯の会の4人とともに市ヶ谷の自衛隊に行き、総監を人質にし、総監室を占拠し、入って来た自衛隊員数名を斬りつけた。そして自衛隊の全員を本館前に集合させ、広いバルコニーで演説を始めた。野次と怒号の中の演説の後、三島由紀夫と楯の会の森田必勝は切腹をして、二人の肉体から分離した生首は週刊誌を通して、多くの日本人の目に触れた。

★当時は三島由紀夫が気が狂ってやった事件だと解釈されたが、時の経過とともに「三島が正しかった」に変わってきた。三島としては切腹して、「生首」をゴロンと見せることが目的だったように思える。三島由紀夫は当時、ノーベル文学賞候補だったから世界に衝撃を与えた。鷲が思うに「生首」を見せることは【 太陽神の出現 】である。それは三島由紀夫が太陽神と結びついていたからできたこと。また、三島由紀夫はこの日のために予行練習を何度も積んで実践に臨んだように思える。





6、タナトスとエロス


★15世紀にジャンヌ・ダルクを助けて国を救った軍人であり貴族で当時のフランスの英雄であるジル・ドレは快楽殺人分野で今も世界でも有名である。当時、ジル・ドレの性的快楽のために殺された少年たちの数は150人から1500人だと言われる。タナトス(死)とエロス(性)の関係は非常に深いものがある。



★タナトス(死)は髑髏で表現され、エロス(性)は骨二つが交差する×(バツ)で表現される。人間は性から誕生し、死に至る。それを表現したのが髑髏とその下の骨二本の交差である。スカル(髑髏)&ボーンズ(骨二本の交差)はタナトスとエロスを表現したものである。

★【 死の衝動と性の衝動は一体化 】を今回の佐世保首切り少女に見ることができるし、酒鬼薔薇も殺人の衝動とエロスの高まりが同時だったのである。人を殺すことで自分の性的欲求を満たす!ということで、佐世保首切り少女と酒鬼薔薇は同じなのだ。そしてそれが【 悪魔に憑依された 】ことである。

★14歳から21歳は金星の影響で【 性 】が活動の中心となる。しかし【 闇の力 】に性を支配されれば、人を殺すことで己の性衝動を満たそうとする者たちが出てくる。闇の力とは、魂の中の【 卐 】の破壊衝動であり、白と黒の月があるが、【 黒い月 】が人間に与える影響であり、


今回の佐世保首切り少女は、【 卐 】+【 黒い月 】により現実の肉体的行動となった!


囲碁やチェスは白と黒の戦いであるが、それは日常の中で、人間がの性と心理が、【白い月】と【黒い月】の影響の、戦いの中にあることを表現している。





7、なぜ?「 首を切る 」のか? 


★切腹の時に、腹を切ってから、首を切り落す。腹には腸という第二の脳があり、頭には大脳がある。また腹は「太陽神経叢」がある。狸の置物は腹を強調し、布袋様の置物も腹を強調する。頭は「自分という意識」であるが、腹は「自分の意志でコントロールできない神」が居る部分である。

★腹を切るとは、腹の中の太陽神を見せる!ということだろう。腹に太陽神が居て、一人前の人間という考えが古来にあったと思う。または、腹の中に太陽神を収めろ!という意味か。そして首を切り落すとは、自分という意識を中心にすることを捨てろ!という意味であろう。

★首を切る!ということは現代人ではショックであるが、江戸時代までは武士の風習の一つであった。また欧米にはギロチンがあり、キリスト教のヨハネも首を切り落とされ、死んだ。

★首を切り落すとは、自分中心の天動説を捨て、太陽中心の地動説に転換せよ!というメッセージであろう。





8、首切り魔は、古今東西、世界中でマハーカーラー(大いなる暗黒の神)として崇拝されている!

★今回の佐世保首切り少女は、1に映画「エクソシスト」のように少女の中に悪魔が入ったと見るか?、2に少女の中にマハーカーラー(暗黒神)が入ったと見るか?の二つの見方ができる。鷲は映画「エクソシスト」ではなく、マハーカーラー(大いなる暗黒神)が降臨したと見ている。


★それは【 首切り 】をしているからである。映画「エクソシスト」では首切りまでやってない。この【 首切り 】こそに意味がある。暗黒の女神カーリーは左手に生首を持って表現される。


★【 大いなる暗黒の神 】とはヒンズー教のカーリー神や秋田のナマハゲである。右手に長い剣や包丁を持っていて、左手に生首を持っている神。本来の大黒天も大いなる暗黒の神(マハーカーラー)であったが、人間がニコニコ顔に変えてしまった。


★現実に、殺して「首を切断」する!というのは肉体的にも精神的にも、物凄い力が必要である。暗黒神の力なしに一人の人間ができることではない。「佐世保首切り少女事件」は、首切り神のマハーカーラーの降臨。これは【 6から9に転換して13と一体化せよ! 】という世界へのメッセージである!





9、結び ~ 太陽神は「首切り」によって人間に道を教える!


★14歳の酒鬼薔薇は奇妙な神様を崇拝していた。その神の名を彼は「バモイドオキ神」と彼は名づけた。当時の彼について書かれた記事を思い出せば、彼はダンテの神曲を愛読書にし【 私は二度、人間を殺す能力を持っている 】と発言していたはずだ。酒鬼薔薇の発言は【 第二の死 】のことだが、それは転生輪廻の終わり、であり、宇宙から消滅を意味する。今考えれば、そのセリフは14歳の酒鬼薔薇の中に入った【 太陽神 】が云った言葉だったのかもしれない。人間を二度殺す殺す能力のある者は太陽神であるから。

★14歳の酒鬼薔薇に入った太陽神は再び、佐世保の15歳の少女の中に入った。それが今回の事件だろう。酒鬼薔薇と同じく、動物解体から、【 首切り 】をしている。太陽神とは伝統的に【 邪悪だが、神聖な存在 】と表現される。太陽神の代表的な絵はエリファス・レヴィのバフォメットの絵。悪魔の絵だと世界から有名であるが、太陽神の絵である。

★宇宙の父、或いは、太陽神とは【 地震・雷・火事・親父 】の怖い存在の本源である。太陽神の邪悪さは、太陽の熱さからくる浄化のこと。人間から見れば、【 太陽神は戦争の主 】であり恐怖の根源だから【 邪悪 】な存在に見える。死と再生の主である太陽神の一面は人間から見れば悪魔に見える。

★古代の地球はバアル教という一つの宗教しかなかったが、バアル教は【 生贄 】を求める。そして【 生贄 】はもっとも優秀で純粋で罪のない崇高な生命でないとならない。それが、今回、首を切られた少女であるのだ。しかし太陽神は【 生と死の主 】であるから、彼女が第二の死を迎えたわけではなく、再び、生命は蘇るだろう。それはイエス・キリスト伝説で伝承されている。【 生贄 】についてはもう少し鷲も研究が必要である。

★太陽神とは数字の【 13 】である。13の意味はタロットでは【 死神 】であり、トランプでは【 キング 】である。太陽系に居て、太陽を崇拝しないのが本当の【 邪悪 】であるのだ。戦後の憲法の【 国民主権 】とは人間が創った妄想の言葉。その六法を守る者が【 首切り 】の対象になったが、生贄になるのは【 最も純粋な存在 】だったということ。第一の死は、本当の死ではない。第二の死が本当の死だ。

★【 首切り 】は少女の中に入った太陽神が我々に放ったメッセージであり、太陽神に帰還せよ!というメッセージである!










by xuzu9851 | 2014-08-08 10:12 | Comments(2)