人気ブログランキング |

サーティンキュー

2015年 10月 22日 ( 1 )


暗号解読の時代!


第87回のアカデミー賞を獲得したのは「イミテーション・ゲーム」という暗号解読がテーマの映画だった。この映画を見た時、鷲は『 時代は暗号解読の時代に入った! 』と思った。



★考えてみれば鷲の中学生の頃、五島勉の「ノストラダムスの大予言」が爆発的に大ヒットしたものだが、鷲はいまだに原典の「諸世紀」を持っている。諸世紀は四行詩の暗号の本である。いまだにペラペラと諸世紀をめくり暗号解読をしている。鷲にとってはノストラダムスはいまだに現役である。



★暗号はナゾナゾである。誰もが「ナゾナゾ」にぶつかるが、そのナゾナゾに正解を出せる者は殆どいない。しかし鷲は1988年2月21日出たナゾナゾの『 9の字事件 』の正解を出したと思っている。その付録でキリスト教も解明したと思っている。



★さてネット社会とは魔術世界の蘇りであり、世界の王である『 アン 』が出すナゾナゾを解けるか?の世界に入ったと思っている。暗号について考え、書いていく。


注)シュメールの世界の王(父)の名はアンである。または世界の王のエンリルの父がアン。







1、神々の暗号は我々の日常生活の中にガッチリと組み込まれている!


★映画「イミテーション・ゲーム」の暗号解読は、ナチスが攻めてくるから、ナチスの暗号を解読して第二次世界大戦を終結させるのが目的だったが、神々の暗号はそんな切迫した状況だけにあるのではなく、我々の日常に中にガッチリと組み込まれている。



★例えば、一週間の7つの惑星、日時を書く時の月と太陽(日)、神社の狛犬や神社自体、大晦日と正月の儀式、節分、ひな祭り、鯉のぼり、七夕、753、葬式、結婚式、など、様々に日本には慣習と儀式があるが、それは全て深い意味がある神々の暗号である。



★我々は神々の暗号世界の日常の中で生きているが、殆どの日本人は本当の意味を知らない。神々の暗号は能動的に探求しないと解からないからだ。正解が出るまで探求しないと解からない。辞典に書いている意味は、『 今だけ通用する解釈 』にすぎない。後の研究で、変わってしまうだろう。



★さて、一週間が7つの惑星で出来ていることを解明できた者がいるだろうか?実は存在しないのだ。古代からの迷信ではない。そこには深い『 超科学 』が土台にある。しかし一つでも日常にある神々の暗号を自力で解読できた者は、全ての暗号を解読できる可能性がある!



★神々の暗号は様々に古代からある。エジプトのピラミッド、ツタンカーメンの黄金のマスク、マヤやアステカの神殿と暦、仏像、空海が唐から持ってきた両界曼荼羅、日蓮の髭曼荼羅、寺院と神社、鏡、注連縄、相撲、なまはげ、葬式や結婚式の儀式、ダビンチのモナリザ、フリーメーソンのシンボル、闘牛、昔話、ダンテやシェークスピアやドストエフスキーの文学、ウルトラマンやウルトラセブン、鬼太郎と目玉親父、大魔人、様々な現代映画、世界美術、漢字や記号、チェス、将棋、囲碁、トランプ、タロット、かるた、ルーン文字、サイコロ、現代のゲーム、野球などのスポーツ、毎日起きる事件の中、その他、我々はこれらの『 神々の暗号に囲まれて生きている 』。




★神々の暗号でないものは、人間の頭が創作した学問や法律から来る暗号である。学校で習うことは人間の妄想が創作したものである。これは神々の暗号ではない。神々が存在しない数字の6の人間の暗号である。法律を六法と云うが、六法を超えたところに神々の暗号がある!神々の暗号と人間の妄想の中間地点に我々は生きている!



★現代の学問はキリスト教を代表とする『 ウソの神、妄想の神 』の反動で出てきたものだが、この学問とてキリスト教と同じレベルの妄想にすぎない。その証拠に現代の学問の総決算の医学は風邪を治すことはできないし、癌に至っては、現代医学の医療が創り上げたものであろう。



しかしウソと妄想の現代の学問をよく考えてみると、その学問は言葉と数字と記号で出来上がっている。この言葉と数字と記号の源には神々の暗号があるのだ!







2、マイナンバーという暗号1 ~ 獣の数字は太陽神の数字


★さて、12桁でできた「マイナンバー」は、神々の暗号であろうか?人間同士のみに通用する暗号であろうか?本来は数字の一つ一つが神々の暗号である。数字の一つ一つに深い深い意味がある。しかしその数字の意味を知らない人間は、数字を『 精神のない形の記号 』として、生活のための道具の一つとして使ってきた。



★しかしマイナンバーは数字の神々の暗号としての復活かもしれない!さて、ヨハネの黙示録第13章には以下のように書かれる。

ーーーーーーー

【 小さい者にも、大きな者にも、富んでいる者にも、貧しい者にも、自由人にも、奴隷にも、全ての人々のにその右手か額かに、刻印を受けさせた。また、その刻印、すなわち、あの獣の名、またその名の数字を持っている者以外は、だれも、買うことも売ることもできないようにした。ここに知恵がある。思慮がある者はその獣の数字を数えなさい。その数字は人間をさしているからである。その数字は六百六十六である。 ~ ヨハネの黙示録第13章 】


ーーーーーーーーーーー

★聖書を読む時の基本の第一は、旧約聖書とはバビロンの粘土で出来た聖典の『 ベルの目 』を改竄したものであるということ。改竄して、ベルを悪魔として、絶対神のヤハウェと預言者モーセを創作した書物が旧約聖書。旧約聖書はユダヤ人が北と南に分かれた時の『 南ユダヤ側の聖典 』である。



★北ユダヤのバアル(ベル)神崇拝に対抗して、南ユダヤがヤハウェと預言者モーセを創りだした!ということ。この北と南のユダヤの対決が、今でも続いていて、バアルを崇拝するのがナチスであり、ヤハウェと預言者モーセを崇拝するのがユダヤであり、ナチスとユダヤの戦いは、バアルとヤハウェの戦いであるのだ。



★戦後の70年間、ナチスヒットラーは極悪とされたが、今は蘇ってきている。それは映画「帰って来たヒットラー」で解かる。バビロンでベルと呼ばれた太陽神は古代オリエントの全体の神で名はバアル。そして日本ではスサノオと呼ばれ、エジプトではオシリスと呼ばれ、朝鮮では檀君と呼ばれた、世界の王である。



★さて、ヨハネの黙示録の『 獣 』であるが、この獣が本来の世界の王であり、太陽神のバアルである。ヨハネの黙示録は南ユダヤの流れの文章であるから、反バビロンであり、反多神教であり、反バアルである。数字の一つ一つは太陽神の名でもあるのだ。



獣の数字とは太陽神の数字という意味。つまりヨハネの黙示録を逆に考えて読まないと本当の意味は掴めない。今ある聖書は全て『 反バアル神の産物(反多神教) 』と解かって初めて本当の意味が解かる。








3、マイナンバーの暗号を解く2 ~ マイナンバーがなければ生活ができなくなる!


★狂牛病対策として国内の牛には10桁の数字で管理されたのが2003年。住基ネットは2002年8月からだが11桁の数字であった。そしてマイナンバーは2015年10月に通知され2016年1月から実施される。



 1、牛 → 10桁
 2、住基ネット → 11桁
 3、マイナンバー → 12桁



★マイナンバーは何も実体が解からない内に始まった感じがするが、5%の普及率の住基ネット違い、ヨハネの黙示録第13章のように、マイナンバーがなければ生活できない!となれば革命が始まったことになるだろう。それはあるか?



★マイナンバーは一生、その数字が変わらない、ということが「かなり疑問」に思う。一生、マイナンバーの数字が変わらないことは何を意味するのか?そしてマイナンバーが必要な時は



1、社会福祉(年金、雇用保険、医療保険、福祉に必要)
2、税(確定申告や調書に記載に必要)
3、被害対策(被災者への生活再建支援金の支給に必要)




 学生や主婦 → アルバイトに勤務する時に必要
 従業員   → 源泉徴収票、年金、雇用保険、健康保険の時に必要
 高齢者   → 年金、福祉、介護などの時に必要




★上を考えると、マイナンバーがないと、アルバイト勤務や就職ができず、保険、年金、介護、被災者支援金をもらえないことが解かる。つまりマイナンバーがないと生活ができない世界に入る!







4、マイナンバーの暗号を解く3 ~ 12桁の数字は左から右へ転換させる!


★マイナンバーに反対するのは、サヨクである。もっともサヨクは何でも反対するヘブライ語のシャターナ(反対する者)である。サタンの語源はこのヘブライ語のシャターナであり「反対する者」という意味。今のシールズような者達が実はサタンの語源の始まり。彼らの反対言論を正統づけるものは、戦後憲法の自由・平等・人権・平和などのキレイごとだが、憲法改正によって、いずれこの言葉群もなくなり、マイナンバーの浄化作用によって左翼は消滅するだろう。






★さて、これからマイナンバーがないと、アルバイトで働く、就職、医療保険、雇用保険、被災者支援金、年金、生活保護、介護を受けることができなくなるから、マイナンバーを拒否した者は生活ができなくなる



★マイナンバーを拒否したサユフラットは生活ができなくなるだろう。もっとも今はネット乞食の違法者で今現在生きていること自体が奇蹟だが。










鷲は憲法改正とマイナンバーを支持する。12桁の数字は獣の数字だが、それは南ユダヤやキリスト教徒から見た獣であり、グノーシスや鬼道から見れば、『 獣の数字は太陽神の数字 』であるのだ。このマイナンバーの目的は『 6から9に転換して13と一体化するため! 』である。








5、三井・旭化成のマンション傾斜はタロットの16であり!「世界の王」の出現の暗号である!




★昭和初期は三井系の政財界の大物たちが暗殺された時代であった。



1、1932年3月5日 団琢磨暗殺(三井合名総理事)
2、1932年2月9日 井上準之助暗殺(前蔵相)
3、1921年11月4日 原敬暗殺
4、1932年5月15日 犬飼毅暗殺
5、1936年2月26日 高橋是清暗殺

 上は全て三井系の政財界の者達である。



★そして現在、日本中を震撼させているのは、三井と旭化成のマンションの傾斜である。再び、三井がやられる時代のサイクルが来たか?三井とはロスチャイルド系であり、ユダヤ系である。ユダヤの沈没の暗号が三井・旭化成マンションの傾斜であろう。



★1929年10月24日の「暗黒の木曜日」で一番大転落したのが英国ロスチャイルドである。ロスチャイルドが沈没して、米国のスタンダード石油のロックフェラーが出てくるが、同時に、ナチスドイツ、そして日本の関東軍も出てくる。



今回の三井・旭化成マンションの傾斜はユダヤの沈没とナチスと関東軍の台頭の暗号であろう。その本質は「世界の王」であるバアル(シュメールではアンという名)が表に出てきた現象である!


ーーーーーーーーーーーー


補足

★我々日本人は「神々の暗号」に囲まれて生活しているが、その暗号の一つでも解読できる者は殆ど存在しない。辞典に書いていることが正解ではない。数字の6のロクデナシは「神々の暗号」の一つも正解を出すことはできない。しかし一つでも自力で正解を出せれば、全ての「神々の暗号」が解かる可能性がある。



★さて、今回書いたは、今、出てきた暗号である、「マイナンバー」と「三井・旭化成マンションの傾斜」を書いた。この2つは「神々の暗号」であり、「神々からのメッセージ」である。



★マイナンバーにより南ユダヤの三要素である「妄想宗教」「拝金主義」「サヨク」は否定されることになろう。なんでも反対するシールズとはキリスト教とサヨクの合体であった。マイナンバーが彼らを絶命するだろう。



★三井・旭化成マンションの傾斜は、今が、昭和初期の三井系政財界の要人暗殺の繰返したが来たことを教える。三井とはロスチャイルド、つまりユダヤである。ユダヤの沈没と同時にナチスと関東軍の台頭とは、バアル神の復活であるのだ!



★黙示録13章に『 獣の名、またその名の数字を持っている者以外は、誰も、買うことも、売ることも、出来ないようにした。ここに知恵がある。思慮のある者はその獣の数字を数えなさい。その数字は人間をさしている。その数字は六百六十六である 』



 南ユダヤやキリスト教徒が『 獣 』と言っている存在の正体は『 世界の王 』である。『 世界の王 』の名はシュメールではアン。アンの名、それが暗号であり、それが数字である!



 
チベット密教の六道輪廻図
が表現するように『 数字の6 』の人間には、世界の王は獣(鬼・死神)に見えるのだ!











by xuzu9851 | 2015-10-22 13:05 | Comments(0)