人気ブログランキング |

サーティンキュー

2016年 07月 12日 ( 1 )


都知事選について




★2016年7月12日に鳥越俊太郎が立候補宣言したことで、都知事選は、小池百合子、増田寛也、鳥越俊太郎の3人の戦いになった。鷲の当選予想順位は


  1、小池百合子
  2、鳥越俊太郎
  3、増田寛也


 で 都知事は小池百合子になるだろう!と見ている。その辺を書いていきます。







1、世界的な極右の時代にサヨクは都知事にはなれない!


★さて世界的な今の政治の流れを考えてみよう。フランスは極右の国民戦線のマリーヌルペンが2017年の第一の大統領候補である。そして英国のEU離脱の力の源は英国独立党にあった。そして移民排斥のトランプが米国に旋風を起こしている。



★デーブスぺクターに思想支配されている日本のマスコミはユダヤマスコミだから、真実を報道することはできない。常にユダヤ報道である。しかし世界の現象から見て流れは極右であるのは明白。戦争が悪く平和が正しい!その考え自体が否定される時代だ。戦争より悪いことが平和の名の下に起こっているから。



★戦争とは何か?を考えないで池田大作の定番のスピーチの「世界平和」という魔語を信じているのが今の多くの日本人。そしてそれが「うす~いサヨク日本人」だと解る。それらの者たちは惑星の力によって否定されるのである。時は止まらない。常に同じことを言う者たちは否定されるのである。常に学ばなければならない。



★世界的な『 極右 』の潮流の中で、サヨクの増田寛也とか鳥越俊太郎はダメだろう。彼らは、今、の人間でない。『 過去の信仰の中で生きる 』の者たちだ。で、結論は元防衛大臣の小池百合子が『 時 』に適っている!と鷲は思う。






2、癌に騙されて、さらにサヨクの鳥越俊太郎はダメ!


★癌というのは病気なのか?鷲はそうは思ってない。現代医療創作のウソ病気が癌だと思っている。癌検診しなければ癌という病気は存在しないと思っている。癌で死ぬのではなく、現代の癌治療法で死ぬのだ。



★医学は三種類ある

  1、西洋医学
  2、東洋医学
  3、神霊治療


★古代は神霊治療が中心だったが、今は神霊治療を否定し、180度転換した西洋医学が正しいと思っている。それは今だけのこと。そして『 癌 』という魔物が出て来た。これに殆どの人間が騙され、どんな金持ちも『 癌 』だと宣言され癌治療によって苦しみながら死んでいく。



★近藤誠氏のデビューしたあたりから、鷲は彼の本を読んでいるが、癌は病気ではないと確信している。現代の医者はかつてのオウム真理教の信者のようなもので、正しいと思っているが、現代魔医学信仰の信者にすぎない。



★現代の西洋医学を万能だと思っている者が愚かであるのだ。その点から見て4度も癌手術をした鳥越俊太郎は愚か者である。癌検診をして医者に癌と言われて「こんなものはウソだ、癌は病気でない!」と笑っていれば知性ある人物だと言えるが、鳥越俊太郎は癌信者にすぎない。



★癌信者であり、いまだにサヨクの鳥越俊太郎は今の都知事には向かないし、シールズや石田純一レベルの愚かなタレントにすぎない。それは今日の内容のない記者会見をみてもわかる。鳥越俊太郎が都知事になってはダメだと鷲は思う。






3、都議会の正体は創価学会である!


★安部総理の自民党は谷口雅春思想の日本会議が内部に食い込んだ右翼であるのに、東京都の自民党はサヨクである。それは増田寛也というサヨクを担ぐあたりで解る。なんで東京都の自民党はサヨクなんだろうか?



★それは鷲の推理でいくと東京都の自民党議員は創価票という麻薬票で当選した者たちの集合体ではないのか?と予測する。創価票は麻薬票だと言われる。創価票で簡単に議員になれるが、逆に創価票がなければ自力では議員にはなれなくなる。で、創価学会の奴隷になる東京都の自民党議員という現象が起きる。まさにそれが都議連の闇ではないのか?



★創価学会は東京都知事選が大事だ。それは宗教法人の認可を受けたのは東京都だったからだ。さらに理由があるかもしれないが、第一は創価学会の宗教法人の認可の問題が東京都にあったということ。







結び ~ 世界的な流れから見て次の都知事は小池百合子!


★今回の都知事選を見れば


反都議会 ☛ 右の小池百合子、

親都議会 ☛ 左の増田寛也


都議会に対して、反でも親でもないのが鳥越俊太郎



鳥越が出たのは反都議会だと鷲は最初に思ったが、鳥越は反都議会でも親都議会でもないと記者会見で語っていた。要するに何も考えてない。彼の話は石田純一レベルの「あんまり考えないで都知事に立候補」だと感じる。反安部政権のみでの立候補。それ事態が東京問題からズレてる。すでにジャーナリストの感性を失っている。東京都はもの凄い問題が山積みなんだから。



★世界の潮流を見れば、政治は極右である。また反ユダヤ主義である。日本での反ユダヤ主義は、実は反創価学会である。創価学会はユダヤ教が偽装したものだ。それが本質。



★鳥越俊太郎は会見を見る限りは、マスゾエ問題を無視して、安部政権の憲法改正のみに危惧を抱いて立候補したようだが、東京都知事選は『マスゾエ問題』を土台としなければならない。その意味で鳥越俊太郎は全くズレている。1930年代の繰返しの、今、サヨクは弾圧されることはあっても、栄光を得ることはない!









by xuzu9851 | 2016-07-12 20:48 | Comments(0)