人気ブログランキング |

サーティンキュー

2016年 07月 19日 ( 1 )


ユダヤに盗まれた清王朝をユダヤから取返し清王朝を蘇らせよ! ~ 日中戦争と満州国の謎を解く!




★都知事選は7月31日まで後12日間があるが、小池百合子の当選が見えて来た。歴史の繰返しで見ると、今回の都知事選は1928年2月の第一回普通選挙と似ているのかもしれない。

第一回普通選挙


★1928年2月の第一回普通選挙では、政友会の田中義一が「中国と戦争をする」と演説し、民政党の浜口雄幸が「中国と友好」と演説した。その結果、一議席差で田中義一の政友会が勝利する。



★中国と戦争する!と現在の政治家で堂々と言っていたのは石原慎太郎である。それは以下の記事。



「支那(中国)と戦争して勝つこと」


石原慎太郎氏が週刊現代に「中国と戦争して勝つ」と明言したとして話題に



★7月10日の参議選で改憲勢力が三分の二を超えた直後、天皇の生前退位が大きく報道され、予想を覆し、元防衛大臣の小池百合子が都知事候補NO1走っていて、自公推薦の増田寛也の都知事の目はなくなっている。そして近くサヨクの鳥越俊太郎の都知事の目もなくなるだろう。



★なぜ日中戦争したのか?そしてまた日中戦争を繰り返すのか?その辺を考え書いていきます。







1、日中戦争を志向する政治家の時代になるか?


★歴史は繰返す。今は1930年代の繰返し!と何度も書いてきたが、都知事選を見て気づいたが、「今は中国と戦争する!」という政治家が出てくるのでは?という予感である。それは元防衛大臣の小池百合子をみていて閃いた。



★ハッキリと「中国と戦争して勝つ」と言ったのは、最近の政治家では石原慎太郎だけである。石原慎太郎以外は言ってない。石原慎太郎は舛添要一以上に「脛に傷がある政治家」だが、逮捕されたり暴露されないのは、「中国と戦争する!」とハッキリ言っているからかもしれない。利用価値があるから。暗い過去がある政治家ほど戦争という大事業をやるには必要である。



★シオンの議定書の第10章に『 われらの筋書きどおりに運ぶため、パナマ運河事件のような、暗い過去をもった大統領を選ぶように工作する。旧悪が暴露されることへの恐怖、権力欲、つまり特権と名誉をできるだけ長く保ちたい、という望みから、彼は、われわれの指令を怠りなく実行するだろう 』と記述される。



★舛添要一よりも、石原慎太郎やヒラリークリントンやトランプなどの方が比較にならない大きな『 暗い過去 』を持っているだろう。しかし『 暗い過去 』のある者ほど、世界権力としては使いやすい人物である。それを表現したのが、上のシオンの議定書第10の言葉である。



★2016年7月10日の参議選の結果、改憲勢力が三分の二となり、憲法が改正できることになると、さっそく、反戦平和の象徴天皇の『 生前退位 』が大きく報道される。あの報道ですでに『 戦争準備 』が来たな!と鷲は思った。そして小池百合子が都知事になりそうなのは、彼女が元防衛大臣で改憲派であり日中戦争を積極的に肯定する人物だからかもしれない。



★まずは再び『 日中戦争をする暗号 』が見えて来たところである。日中戦争に反対する政治家や人々は戦前の『 赤狩り 』のようにこれから弾圧されることになるかもしれない。








2、鬼(バアル)が出てきてユダヤを裁く!


★1928年(昭和3年)から1945年(昭和20年)までは日本の暗黒時代とかファシズムの時代と呼ばれる。その繰り返しの時に来ている。この1928年から1945年を何度も考えることが「未来」を予測することができる。この期間は『 鬼が出てきてユダヤを裁いた時代! 』であった。



★鬼は全て暗号で教える。広島と長崎に原爆を落ちたことは、イエズス会の聖地に落ちたことにより、明治からの天皇の正体はイエズス会である!と鷲は閃いた。この解読には絶対の自信がある。原爆はイエズス会天皇教に落ちた。だから昭和天皇は1945年8月15日に終戦宣言をして、1946年1月1日に人間宣言をした。これが現人神天皇教の解体である。イエズス会天皇教とはユダヤのカルトだったのである。


★ユダヤには大きく3つの要素がある。

 1、ウソの神を信じるカルト
 2、何でも反対するサヨク(共産主義)
 3、カネを神とする拝金主義者



★1928年に田中義一が治安維持法を改正して共産主義者を刑務所に入れて弾圧するが、それはサヨクという何でも反対するユダヤの弾圧の現象。血盟団が、三井財閥系の政財界の要人たちを暗殺するが、それはカネを神とするユダヤを裁いた現象。そして当時の最大のカルトのイエズス会天皇教は原爆二発が広島と長崎に落ちて解体する。イエズス会というユダヤカルトへの裁きである。



★そして天皇を神だと信じた者たちは、軍人でも庶民でも「天皇陛下のために立派に死ぬことだけが目的になった」。一億総玉砕である。これもイエズス会天皇教を信じたユダヤカルト信者たちを鬼が裁いた現象である。ISの自爆テロもかつての日本人の一億総玉砕と同じ精神状態。



★ナチスヒットラーはユダヤ人を強制収容所に送ったが、日本でも赤狩り、三井財閥狩り、広島と長崎の原爆が落ちたこと、などの本質はユダヤ狩りであるのだ。ユダヤ狩りの季節に、再び、日本は入ったのである。








3、ユダヤに盗まれた清王朝をユダヤから取返し清王朝を蘇らせよ!


https://ja.wikipedia.org/wiki/満州国

https://ja.wikipedia.org/wiki/清

https://ja.wikipedia.org/wiki/日中戦争




★日中戦争はなぜ?起きたのか?それを一言で言えば「 ユダヤに盗まれた清王朝を取返し、清王朝を蘇らせよ!」という鬼から命令によって起きた!と鷲は考える。そして清王朝を蘇らせる『 型(元型) 』が、愛新覚羅溥儀を王とする満州国であったのだ。



★清王朝が健全であったときは、鬼が地上世界をも支配していた。しかし英国ユダヤ(ロスチャイルド)からの「阿片戦争」や「太平天国の乱」や「日清戦争(英国の手下として日本)」のために清王朝は崩壊して、現在、共産主義というユダヤの支配下になっている。



★日中戦争は『 500年前からの欧米のアジアへの侵略戦争へのモンゴル系人種の逆襲 』という観点で初めて見えてくるのだ。そして満州国とは清王朝復活の『 型(元型) 』であり、これから蘇る未来の王朝の『 型(元型) 』である。



★そして石原慎太郎について言えば、彼は様々な悪業をしているが、鬼に守られているから「石原タブー」が存在する。それは鷲が一番ネットで石原慎太郎を攻撃しているから解る。彼の唯一の正義は「日中戦争しろ!日本は中国に勝つ!」という発言。それは鬼から来ているのだ。



★鬼はけして「反戦平和主義」でなく、その言葉(反戦平和)はユダヤの言葉だ。様々な悪業をしている石原慎太郎が鬼に守れるのは、日中戦争を志向している、その一点のみからである。



★そして満州国は未来の統一ユーラシア大陸国家のモデル。日本人・朝鮮人・漢民族、蒙古人、満州人の祖先は同じで、故郷は満州の地である。満州国は未来のユーラシア大陸統一国家の『 型(元型) 』を見せた13年間だったということ。








4、なぜ次の都知事は小池百合子か?


★現時点で小池百合子か?鳥越俊太郎か?の都知事争いになっている。増田寛也は落ちた。小池百合子という右翼と鳥越俊太郎というサヨクの戦いである。鷲はイエズス会右翼とは違う。鷲は鬼道。内なる鬼(太陽神)の方向を向日葵のように常に意識して向いているのが鬼道の者である。



★鳥越俊太郎は癌になったが、癌という病気に関しても無知。癌は現代の癌治療医療によって起きる病気であり、本当は病気ではない。鳥越俊太郎は癌患者になっても、医者にあまりにも騙されて、癌の本質を解ってない。これは危険な人物である。都民の100%を癌検診を強制しようとするから。癌医療の問題に気づいてないところが、致命的なダメな人間である。年齢よりも。



★癌はホットケが第一。癌に騙され杉の鳥越俊太郎は愚か者である。



★小池百合子が都知事になった時、東京の最深部に巣食う創価学会をも掃除する可能性はある。単純に言って、小池百合子は右翼で、創価はサヨクだから。創価学会は小池百合子が都知事になることで大掃除されて終わる可能性もある。池田大作も死んだ?ことだし。



★今回の結論は、中国と戦争を志向する者が正義の時代に入った!ということ。その鬼からの指令の目的はユダヤに支配された中国の浄化。中国からユダヤを追っ払い、新しい清王朝をユーラシア大陸に復活させるための戦いの時に入ったということ。この流れに乗った者の時代となった!と鷲は見る。



ーーーーーーーーーーーーーー

補足


★満州国は未来のユーラシア大陸統一国家の元型であり、ナチスは未来の欧州統一国家の元型である。その大統一国家の元型を1930年代の関東軍とナチスドイツは創っていた!ということ。だから満州国とナチスドイツを批判する者たちがユダヤであり、満州国とナチスドイツを理解し肯定する者たちが、鬼と結びついた者、イシスの秘儀で誕生する黄金のホルス神であるのだ。



★諸世紀の10章72番は以下の四行詩である

 1999年7月
 空から恐怖の大王が降りてくるだろう
 その前後、アンゴルモアの大王を蘇らすため
 マルスは平和の名において支配するだろう



★恐怖の大王とは『 鬼(カミ) 』のことであり、アンゴルモアの大王とはモンゴルの大王のことで、それも『 鬼(カミ) 』のことである。ナチスの地政学者ハウスホーファーは「モンゴルを制覇する者が世界を制覇する」と言った。



★出口鬼三郎が1924年にイエズス会天皇教の牢獄を出た直後にモンゴルに行ったのは、世界の王である『 鬼 』と結びつくためであった。そして1932年に関東軍は満州国を建国する。











by xuzu9851 | 2016-07-19 11:53 | Comments(0)