人気ブログランキング |

サーティンキュー

2016年 07月 29日 ( 1 )


ヒットラー思想が降りて来たと証言していた植松聖




★2016年7月27日の鷲のブログで、2014年2月の東京の図書館で「アンネ日記破損事件を起こした30歳代の男」と「植松聖」は『 異次元に存在するヒットラーの世界とコンタクトしている 』と書いた。



★今日2016年7月29日の朝、ネット記事を見ると、今年の2016年2月に植松聖は「ヒットラー思想が降りてきた」と語っている。この現象は実は、「アンネの日記破損事件」の男や「植松聖」だけではなく世界で起きている現象であるのだ。この現象は何なのか?またこの植松聖の証言によって「ユダヤ人」と「反ユダヤ主義者」に日本人も解れてくると鷲は直観した。その辺を考え書いていきます。




ーーーーーーーーーーーー
http://www.huffingtonpost.jp/2016/07/28/sagamihara-hitler_n_11234966.html
神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件で、植松聖容疑者がナチス・ドイツの思想に影響を受けていたことが明らかになった。植松容疑者が措置入院中だった2月20日、病院の担当者に「ヒトラーの思想が2週間前に降りてきた」と話していたと、NHKニュースなどが報じた


ーーーーーーーーーーーー
http://xuzu0911.exblog.jp/23335559/
この場合の「異次元の世界」がナチスの世界であったから「アンネの日記」を破ったのだ。この「異次元とのコンタクト」という観点が重要であるのだ。今回の植松聖も「異次元とコンタクト」している。その世界と「結び」ついて行動している。そして彼の結びついている世界とはナチスの世界である。「 障害者の安楽死 」ということで解る。それを1939年から実践してたのはナチスであったから


ーーーーーーーーーーーーー
https://ja.wikipedia.org/wiki/アンネの日記破損事
アンネの日記破損事件(アンネのにっきはそんじけん)とは、2014年2月に東京都内の図書館などでアンネ・フランクに関する書籍が破られた事件。警視庁の名称はアンネ・フランク関連図書を狙った連続器物損壊事件






1、世界に出現してきた新たな首狩り族


ーーーーーーーーーーー
http://matome.naver.jp/odai/2139512010555892601
カリマンタン島には、古来から首狩りを儀式として行ってきた、ダヤック族という部族が住んでいる。彼らは、他のインドネシアの部族よりも攻撃的で子供達は生まれた時から戦士として育てられる。
また、ダウン症などの障害を持った子が生まれた場合"悪魔の仕業"として女は自ら子供を地面に生き埋めにしてしまう。
しかし、そんな恐ろしい彼らの生み出す木材や骨(人骨)を含む工芸品はその芸術性の高さから高い評価を受け、高値で取引されているのだ。


https://ja.wikipedia.org/wiki/首狩り
自身の所属する集落以外の(時に敵対関係にある)人間を殺害し、切断した犠牲者の首級を持ち帰る。頭骨を除去した後、土鍋などで煮込み、乾燥するという事を繰り返すことで縮小させ、最終的に拳大の大きさまで小さくする場合もあった(干し首)。両目と口唇を糸で縫い合わせたり、全体を煙で燻す処理を施したりする場合もある。頭骨の保存に重点が置かれる場合、頭蓋崇拝と呼ばれることもある

ーーーーーーーーーーーーー


★昔々、首狩り族という人種がいたが今は存在しない、と誰もが思っているが、それは違う。2014年7月27日の佐世保の首切り少女。世界で暴れるIS。そして今回の事件の植松聖。これらは、新しい首狩り族の復活である。



★戦士の国、カリマンタン島の首狩り族について興味深い記述を発見した。首狩り族の母は障害を持った子を産むと「悪魔の仕業」として、母親自ら、その子を地面に生き埋めにして殺害してしまうのだ。



★週刊文春で5人の女性との不倫を暴露されなかったら、五体不満足の乙武が都知事になってしまうほどの日本は障害者崇拝であるが、大乗仏教の考えでは、障害者は1、前世の悪業のため。2、特殊な能力を持った者。という2種の理解をしていた。



★戦後の日本人はどうして平等という価値観にとり憑かれたのだろうか?それは戦後憲法に自由と平等というフリーメーソンの言葉が書かれ、単純に信じたからだ。この世に平等なんぞはない!という踏ん切りが日本人にはまだできてない。



★戦士の国、カリマンタン島の首狩り族の母親が障害者の子を産むと、障害者は「悪魔の仕業」と考え、母親自らが障害を持った子を生き埋めして殺害する伝統を日本人は考えないとならない。いつまでも米国OSSの軍事戦略に洗脳されている時ではないのだから。カリマンタン島の伝統に太陽神の原初の教えが残っている。日本人はユダヤのウソの教えに騙され続けている。






2、大いなる暗黒の神としての大黒天


★大黒天とは富の神。カネが欲しい人は大黒天を部屋に飾っているが、大黒(マハーカーラー)天の本当の意味は『 大いなる暗黒の神 』である。マハーカーラーとは『 大いなる暗黒 』という意味である。ユダヤ人がバアルをヤハウェに変えてしまったように、日本人は、コワ~イ大黒天をニコニコ顔の金儲けの神に変えてしまった。



★数字の『 13 』は、欧米では不吉な数字である。だから欧米のアパートには『 13号室 』はない。タロットカードの『 13 』は死神である。日本では『 13 』が『 4 』になっている。だから日本のアパートには『 4号室 』がない。1+3は4で考えれば、同じということが解る。



★富という漢字は『 トミ 』と発音する。これは10のトと、3のミである。トミとは10+3の13がもたらすものである。だからトミを与える大黒天は実は『 13 』の不吉な数字の神であるのだ。



★2014年7月27日の佐世保の首切り少女。IS。そして植松聖。彼らは大いなる暗黒の神からの使者である。彼らの仕業があまりにも残酷なので、人々は思考停止となっている。が、これが『 13 』の出現ということ。「大いなる暗黒の神」の出現である。暗黒の神の出現から世界は大転換し、人々の意識が大転換し、大いなる富をもらたす。これが大黒天の本当の意味だ。







3、太陽系では『 9 』の者しか生きていくことができない!


チベット密教六道輪廻図


9の字事件



★戦後の新興宗教の教祖とは全てニセモノである。神は人間にやさしいと思っているからだ。だから神様を演じる詐欺師である新興宗教の教祖は愛と慈悲に満ちた演技をする。その代表が瀬戸内寂聴である。



★しかし大黒天の本当の意味は「 大いなる暗黒の神(マハーカーラ) 」であり、ヒンズー教の黒い女神カーリー神は、男の切断された生首を持ち、舌を出し、剣を持つ、姿で表現されている。また太陽神が人間に大いなる暗黒を与える存在として表現されている古代の偶像や遺跡の数は多い。



★チベット密教の六道輪廻図は六つに区切られた輪の上に三つ目の鬼が支配する絵である。そして三つ目の鬼の頭上には髑髏があり、髑髏の頭上は火である。数字の『 6 』の人間は全て殺す!という絵である。髑髏(死)と火によって、6から9に、人間を変換する!という絵である。



★2014年7月27日の佐世保首切り少女、IS、植松聖の暗号とは何か?それは『 大いなる暗黒の神 』の降臨である。6の人間はこれから、経済破綻、大地震、首狩り族の襲撃、その他、の大いに苦しむ時代になった。詐欺師のカルト教祖を信じても無駄だ。詐欺師のカルト教祖を信じている者こそが、太陽神に殺されることになるだろう。



★太陽系は、人間に『 9 』しか求めていない。それが1988年2月の「 9の字事件 』のメッセージの意味である。大いなる暗黒の神が降臨した、今、6から9への転換をしなければ、生きていけなくなるだろう!そして古代の原観念、またナチスヒットラーがこれから肯定されることになるだろう。来年の仏の大統領選に選ばれる国民戦線のマリーヌルペン女性党首は、ヒットラーを戦後初めて肯定する発言をするかもしれない!




★そして、障害者の子が生まれたら、生き埋めにして殺害するカリマンタン島の首狩り族の伝統に、佐世保首切り少女やISや植松聖の狂気の謎を解く鍵がある!と鷲は思っている。













by xuzu9851 | 2016-07-29 07:32 | Comments(0)