人気ブログランキング |

サーティンキュー

2018年 04月 06日 ( 1 )


女人禁制の真の意味は何か?








★またまた大相撲の大失態。市長が土俵上で倒れ、その救命活動をした女性に「 土俵から降りてください 」のアナウンス。そして女性が降りた後に土俵に大量の塩を撒く。完全に大相撲側の大失態。「 女人禁制 」というシキタリをわけもわからず守ってきたための大失態である。「 女人禁制 」というシキタリも深い意味があったと思うが、今は「 女神崇拝 」の時代である。今の男達は性的退廃者のロクデナシしかいない。女神に裁かれる穢れた男たちの時代に「 女人禁制 」はそぐわない。これは大相撲が太陽神に裁かれた!現象だろう。




★今の現実は「 女は穢れたもの 」ではなく、「 性的退廃者の男こそが穢れた存在 」である。しかし「 女が穢れた時 」もあったかもしれない。しかし今は違う。今の男たちの殆どは性的退廃者である。猿のようにマスターベーションを辞めれない男達ばっかりである。「 女人禁制 」を掲げる大相撲は時代からズレたから呪われいるのだ。「 女人禁制 」の本来の意味は、女神が男たちの相撲を楽しむため!だっと鷲は推理する。または女神が「 本来の男を創る世界 」だったと思うい。しかし今の大相撲は女神に嫌われたから「 呪われた存在 」に堕ちたのだ。今回は大相撲に限らず「 女人禁制 」の本来の意味に挑戦します。








1、女人禁制とは何か? ~ 相撲の世界の女神を表すものが横綱である!


女人禁制



★ヒンズー教の黒い女神カーリーは性的退廃者の男の生首を左手に持ち、首飾りのペンダントは全て穢れた男の顔ばっかりである。あのペンダントに女の顔はない。男の顔ばかりだ。タロットカードは、女神が非常に重要であり、タロットの「 2 」は女神が持つ宇宙の根本知識であり、タロットの「 8 」と「 11 」は女神が持つ宇宙的な正義と力である。女神の持つ力は、根本知識、正義、力である。古代オリエントの女神アシェラ(日本語の柱「ハシラ」の語源)崇拝、エジプトのイシス崇拝、そして仏教の観音信仰は、女神崇拝である。古代宗教は実は女神崇拝が基本であるのだ。しかし相撲だけでなく神道も仏教にも「 女人禁制 」の世界が確実にある。これは何か?これは何か深淵な思想が隠されていると鷲は考える。

d0241558_22074588.jpg


★現実の世界で穢れているのは圧倒的に男性の方である。日本社会は「 カネのことしか頭にない性的退廃者の男社会 」であり、そんな日本男社会を見れば、女性の方が穢れてないのだ。しかし古代から女人禁制の世界はある。それは何か?それは男の方が偉い!というのではない。女人禁制の男達の世界の上に女神の世界がある!ということで見えてくるものがある。

d0241558_08563995.jpg

d0241558_09001771.jpg
d0241558_09013587.jpg

★「 女人禁制 」とは女神が男達を宇宙的なマトモな男にするための特別な世界である!エジプトの女神であるイシスは黄金の子ホルスを誕生し、ホルスは父のオシリスを殺した悪神セトの敵討ちをする。この神話から考えられることは、「 女人禁制 」の「 男たちのだけの世界 」を創ったのは女神である。そして「 太陽神と結びついた本物の男を育てるために女人禁制の特別な場 」を創った!ということだと推理できる。




★男は常に簡単に性的退廃者のロクデナシに堕ちる存在である。性的退廃者の男は本来の男ではない。女神を崇拝し性エネルギー昇華を実践し太陽神と結びつく男が本来の男である。力士は単なるデブではない。あの存在は、女神イシスの秘儀で誕生する黄金子ホルス神のレゴミニズムということ。そしてホルス神は戦士である。叡智と力を獲得している者である。

d0241558_11492745.jpg



★相撲に限らず神道でも仏教でも「 女人禁制 」の特別な世界を創ったのは、太陽神と結びつく叡智と力を持つ本来の男性を創る女神の世界!相撲の世界で女神を表現するものが二匹のヘビが絡まった「 横綱 」であるのだ!現代の日本人は唯物主義だから肉体に囚われているが、人間の構成要素は、


1、太陽である魂

2、白い月である霊

3、黒い月であるエゴ

4、運命

5、地球である肉体


の5つに分かれて、この「 五 」を土台として太陽神と結びつく「 九 」の「 旭 」に成ることを表現した芸術作品が五重塔ということ。五重塔は完成した人間を表現しているのだ。結論を言えば「 女人禁制 」とは女神が創った世界で、「 まともな男 」にするための修行の場というようなものだと鷲は考える!

d0241558_12223520.jpg

d0241558_08520240.jpg








2、古代の女神は二匹の上昇する蛇で表現された。その女神が横綱が腰に巻く注連縄になっている!






★「 女人禁制 」とは実に深い世界である。さて何度も云うが、現実の世界で穢れているのは圧倒的に性的退廃者の男達の方である。米国戦略情報局(OSS)が与えたOSS憲法の男女平等の感覚で「 女人禁制 」を批判してはならない。「 女人禁制 」の世界を創りだしたのは実は女神であるからだ。相撲では女神は二匹のヘビが絡まる横綱で表現される。あれは注連縄のことだが。

d0241558_08014023.jpg

★宗教とは「 性エネルギーを女神の協力で33本の椎骨に沿って上昇させ脳神経と胸腺にフィードバックして、松果腺を開き、太陽神と結びつく行為と言葉 」である。宗教の奥義に誰も到達しないのは宗教を「 お言葉教 」とする聖書の世界を見抜けないからだ。「 女人禁制 」は明治からだと知ったかぶりする者、小林よしのりとかいるが、古来から「 女人禁制 」の世界は日本でも世界でもあった。

d0241558_08010105.jpg

★そして三島由紀夫の盾の会も男性秘密結社であった。盾の会を同性愛の会だという者はバチが当たっていると感じる。その俗説を唱える全ての者が「 性エネルギー昇華秘法 」に無知であった。「 女人禁制 」が産みだす「 男性秘密結社 」は、太陽神と結びつく叡智ある戦士を誕生させるために女神が創った世界である。

d0241558_19383438.jpg

★力士は全裸ではなく褌をしている。あれは「 性エネルギー 」を守る、というような意味があるはずだ。「 女人禁制 」は女神が創りだした「 太陽神と結びつく男のなかの男 」を誕生させるためのものだっただろう。どんな神聖な起源の行いも堕落するものだから最初の起源は解らなくなるものだが、横綱が腰に巻く注連縄ことが「 女神を表現するシンボル 」であることは間違いない。性エネルギーを正しく昇華した者だけが女神を表現する横綱が腰に巻けるということ。

d0241558_08300228.jpg





 完



by xuzu9851 | 2018-04-06 08:33 | Comments(0)