人気ブログランキング |

サーティンキュー

2018年 04月 11日 ( 1 )


「 悪魔のお城の崩壊 」と「 女神の世界の始り 」と「 黄金の子の誕生 」






★ネット記事で今日注目したのは元NHKアナウンサーの登坂淳一が女性にセクハラ行為をして今月4月から番組のMCの予定だったが降り、離婚して、部屋に閉じこもっている!という記事。今、セクハラなどの性的問題を起こした人間は悲惨な結果となっている。前回、札幌市西区のスーパーで女装して女性トイレに侵入して逮捕された公務員の男のことを書いたが、「 女装してトイレに侵入にして逮捕 」という事実で本名と職業を新聞やテレビでオオヤケにされた彼の人生の全てが終わっただろう。彼の妻と子供はどうなるのか?最悪の結果となるだろう。性的犯罪で顔写真がオオヤケになった者は死刑判決と同じである。





★そして写真家のアラーキーがモデルの女性に告発されたこと。アラーキーは女性の裸を性エネルギーの消耗の意味のエロにしか見えない人物だ。けして「 ベールを脱いだ女神 」という発想で女性の裸を見ることができない人物である。単なるスケベ親父にすぎない。たまたま「 時の魔術 」に芸術家だと勘違いされたが、正体が表にやっと出たということだろう。あれの写真が芸術だと勘違いされたことも「 時の幻想と魔術 」であったのだ。アラーキーも「 時の廃墟 」になり裁かれた!と感じる。




★今、性的変質者は裁かれる時が来ている。「 性とは何か? 」を学ぶ時が今であるのだ。戦後の日本人はカネを神のように崇拝する性的退廃者の群れである。しかし神社は性エネルギーの昇華を三次元で体験する建築物であり、お賽銭箱が「 お金を捨てないと太陽(魂)と白い月(霊)が合体するふ性エネルギー昇華はできない! 」と主張している。その辺を書いていきます。









1、女は性の道具ではない!


d0241558_11565484.jpg

★女は性の道具ではない!それは真実のことである。ミートゥーの反セクハラ運動がやっと日本に入ってきたか?と思われるが、実は、松居一代が元夫の船越英一郎を不倫で告発した去年の7月ですでにやっていたのだが、あまりにも、松居一代が神憑りだったので多くの人々が「 引いた 」ということ。女の肉体を性の道具としか見れないのは、カネが全てだと思っているタロットの15の悪魔の奴隷の男たちである。しかしタロットの15の世界が崩壊してきたから、米国で黒い衣装の女優達が反セクハラ運動の声を上げた。

d0241558_15205926.jpg
d0241558_15212415.jpg


★米国の反セクハラ運動はトランプと不倫セックスをしたという告発をしたポルノ女優までくるわけだが、当のポルノ女優は「 私が性犯罪の被害者ではない! 」とミートゥーとは一線を引いている。悪魔が支配するタロットの15の世界が崩壊して、タロットの17の裸の女神の世界に入り込んだのが、今、世界である。と同時にカルトの世界が崩壊している。韓国では、占師のチェスンシルに洗脳された朴槿恵が元韓国大統領が24年の懲役刑になったのは「 カルトの崩壊現象 」であり、また、あらゆるカルト組織が崩壊している。そのカルトの一つに安倍総理が入っている日本会議もあり、性的退廃者、カルト、拝金主義者が裁かれている。





★さて、もう一度考えれば「 悪魔のお城 」とは、カネを神のように崇拝する者たち、性的退廃者、ウソ神を崇拝するカルト組織、天動説の左翼、その他の要素があるが、これらの「 悪魔のお城 」が崩壊中ということ。新社会人のニュースがテレビで流れているが、その会社の殆ど100%が「 悪魔のお城 」である。大相撲協会のように「 悪魔のお城 」は崩壊中であることを新入社員は意識することが必要であろう。




★戦前の現人神天皇教の終わりは「 一億総玉砕 」であった。しかし完全に「 一億玉砕 」のイエズス会の殉教死に日本人の全てがならなかったのは、ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に原爆が落ちて、現人神天皇教という「 悪魔のお城 」の方が国民より先に終焉となったからだ。戦前は主権の現人神天皇の「 人間宣言 」で終わりとなった。戦後の終わり方は、「 主権の国民の性的退廃 」で、今、終わりを迎えようとしている。国民主権、自由、平等、人権、反戦平和主義、それらのOSS憲法の言葉は「 性的退廃者の群れを無数に誕生させた 」という罪で、戦後日本が太陽神に裁かれる終焉に来ている!




★太陽神に帰依せず、人間(イエズス会)が創作した天皇という人工の王を信じたために戦前の日本人の殆どは終わった。しかし戦後の日本人も太陽神に帰依せず、「 お金 」と「 自由・平等・人権・反戦平和主義 」、などの空想的言語を信じた結果の、「 性的退廃 」で亡びている。「 戦後的人間が滅びている 」のが今だ。カネと性的退廃で亡びている。しかしどんなに時代は変わっても正解は、太陽神に帰依し、女神から叡智を得て、性エネルギー昇華秘法の実践者に成ることである。それが「 浦島太郎の道 」ということ。

d0241558_15214630.jpg
d0241558_21175244.jpg
d0241558_15220815.jpg
d0241558_15223094.jpg








2、「 ベールを脱いだ女神 」の意味は、隠された真実が明らかになること!

d0241558_18181134.jpg

★タロットの17は星のカードであるが、全裸の女神の姿で表現される、ベールを脱いだ女神である。なぜ?芸術作品は女性の裸の絵や彫刻が多いのか?それはタロットの17の「 明らかな真実の顕現 」としての意味での女性の全裸であるからだ。明らかな真実が顕れることを全裸の女性美で表現した。戦後、女性の裸について「 芸術か?猥褻か? 」の論争があったが、芸術の世界では、女性の全裸は「 隠されていた真実が明らかになる 」という意味の表現であって、性的退廃者の男のための性的消耗のための女性の全裸ではない。





☆アラーキーの写真は芸術ではなく性エネルギーの消耗のためにある。だから今の女神の時代にアラーキーはわいせつ者として告発されるのである。そして小説家・野坂昭如の作品も猥褻であったから、晩年は脳神経の障害で10数年も妻に介護されて哀れな人生を送った。大島渚の「 愛のコリーダー 」も猥褻作品であったから、彼の晩年も脳障害となり、妻の介護で10数年の寝た切りの人生で終わった。寺山修司の「 母殺し 」の思想が間違っていたから、死ぬ直前に「 のぞきで現行犯逮捕 」となったのだ。

d0241558_07525562.jpg

★女性の全裸を性的退廃行為にしか使えない猥褻な男たちは必ずバチが当たっている。アラーキーは芸術家ではなく、猥褻家であったから、性的退廃者の男のために写真を撮った。本来の芸術は深い意味がある。エジプトのピラミッドは芸術作品であるとともに数学的な建築物であり、あらゆる世界の謎があの石のピラミッドに表現されているだろう。そして神社、鏡餅、松竹梅、将棋、囲碁、チェス、タロットカード、あらゆるレゴミニズムに宇宙の秘密の叡智が存在する。

d0241558_08014023.jpg

★性的退廃者がベール脱いだ女神の世界に到達することはできない。ベールを脱いだ女神の世界に到達できるのは「 性エネルギー昇華秘法の実践家 」のみであり、日々、レゴミニズムを学んでいる者だけである。さてもう一度言えば、女性が全裸の芸術作品は「 隠されていた真実が明らかにされる! 」という意味の表現であり、タロットの17である。しかし猥褻妄想の男たちには、女性の全裸の美は性的退廃の道具としかな思わない。つまり数字の「 6 」のロクデナシは真の芸術の世界には参入できないのだ!米国戦略情報局(OSS)がイエローモンキーに与えた言葉の「 自由 」に騙されたのが戦後の日本人であり、「 自由 」という言葉を崇拝した者たちは全て、性的退廃者となり哀れな人生の結果となった。アラーキーという退廃写真家が認められたのは、「 自由 」という言葉を信じるバカたちがあまりにも多かったためだ。真の芸術の目的は女神の世界に入り太陽神と一体化するためにある。アラーキーのわいせつ写真は性的退廃のためであり、彼の作品を見てマスターベーションをする者たちは、脳神経の障害で死ぬことになるだろう!その結果が今の日本の多くの老人であるのだ!






3、女神の秘儀で誕生する黄金の子ホルス

d0241558_17271027.jpg

★今は「 悪魔のお城が崩壊 」して「 女神の出現 」の時代である。その次に「 黄金の子の誕生 」の時が来るだろう。「 悪魔のお城 」の時代の主役は、カネを神にように崇拝する性的退廃者の男たちであった。彼らは米大統領のトランプのようにカネが全ての精神だ。そして女はカネで買える!と勘違いしている。しかし、今、米大統領のトランプが裁かれているように、「 悪魔のお城 」の主役の拝金主義で性的退廃者の男たちが裁かれているのだ。

d0241558_12292301.jpg

★ベールを脱いだ女神は様々な隠された知識(オカルト)を明らかにする。そしてその根本的知識(グノーシス)を得た者たちが出現する。それが「 黄金の子ホルス 」とエジプトで呼ばれる存在である。日本では大相撲の力士がエジプトの黄金の子のホルス神であるのだ。腰に巻く二匹蛇が絡んだあの注連縄の横綱が「 女神 」のシンボルである。大相撲の話が長引くのは、女神が相撲というレゴミニズムを解明せよ!と言っていると鷲は感じている。

d0241558_08002256.jpg

★女神の秘儀で誕生する黄金の子ホルス神は「 女神崇拝であり性エネルギー昇華秘法の実践者 」である。これは性的退廃の数字の「 6 」の者と対極の存在の「 9 」である。実はその存在が地球表面に出現したのがナチスヒトラーであったのだ。また、日本の関東軍である。戦後は73年目である。70年間、一番嫌われたのはナチスヒトラ―と日本の関東軍である。しかし時は変わった。ナチスと関東軍を理解できる知性のある者たちの時代に変わったのである。




★戦後の日本の文化人はOSS憲法の語句の「 自由・平等・人権・国民主権・反戦平和主義 」とかに騙され続けた。その結果、日本は「 性的退廃者の群れ 」となったのである。後は列島の54基の原発が爆発して、死んでいくしかないのがロクデナシである。それが敗北の人生だが、戦後の日本人の100%は敗北の人生であった。それは反ナチスであり、ユダヤに騙され続けたからだ。

d0241558_14091164.jpg

★これからは「 女神の秘儀で誕生する黄金の子 」の時代にある。「 黄金の子の時代 」の前に「 女神の時代 」がある!ということ。鷲は常に簡単な言葉で言っている。女神を崇拝して、真実の探求を日々行い、性エネルギーを昇華して、太陽神と一体化する!それが人間の正しい生き方だと。太陽神に帰依して、女神を崇拝する、性エネルギー昇華秘法の実践家の浦島太郎の時代にこれからなるだろう!

d0241558_14343979.jpg


           完



by xuzu9851 | 2018-04-11 14:43 | Comments(0)