サーティンキュー

2018年 06月 12日 ( 2 )


糞ジジィたちは生きるに値しない!

糞ジジィたちは生きるに値しない!

d0241558_00294226.jpg


★今の日本の問題は「 糞ジジィ問題 」である。日大を支配する田中理事長グループの糞ジジィたち。カネ儲けと性的快楽に走って覚醒剤中毒で死んだ野崎幸助という糞ジジィ。北朝鮮に対して間違った情報を流し続ける辺真一や青山繁晴などの糞ジジィ。糞ジジィたちは、カネを神とする性的退廃者である。糞ジジィとは猿の惑星の猿である。映画「 猿の惑星 」とは戦後の日本の世界であった。戦前も現人神天皇の時代の天皇の権威を背後にする糞ジジィたちの支配だったが。




★タロットカードでは糞ジジィ支配を「 悪魔のカード 」として描いている。タロットカードは何度も書いたが、「 完成された知識から製作されたカード 」である。糞ジジィたちが信じることは、何もかもダメである。糞ジジィが信じるのは、「 カネ 」「 組織力 」「 ニセの権威 」「 権力と暴力による人間支配 」であり、求めるものは「 性的快楽 」である。それが数字の6の六道の世界だ。

d0241558_15205926.jpg


★糞ジジィの世界は「 男尊女卑 」である。日大アメフトの元監督の内田正人が「 白い月の女神 」を崇拝するだろうか?それは絶対にありえない。日大アメフトの前監督の内田正人が信じるのは、カネであり、恐怖と暴力による人間支配であり、男尊女卑の思想であっただろう。内田のようなクダラナイ凡人の日本人があまりにも多いので、彼に謎は全くない。

d0241558_18175343.jpg


★鷲が小学生の頃、近くの風呂屋に通っていた。その風呂屋には東映のヤクザ映画のポスターが張っていた。その当時、髙倉健は最高のヤクザ映画の俳優であった。髙倉健が演じた「 ヤクザの美学 」とは何だったのか?それが大相撲と日大アメフト部に通じる精神の深層がある。「 あまり話さない(沈黙の美学) 」、「 親分に疑問を持たないで盲目的に信じる 」、「 知的でなく、知的を否定しての肉体的実行 」。親分への盲目的信仰と思慮の浅さと肉体的実行を重んじることが、戦前の日本軍人体質。 その日本軍人の遺伝子が日大を支配する体質に伝染して、今の日大問題になっている!ということ。

d0241558_19381150.jpg


★戦前の日本軍人は「 天皇とは何か? 」と考える時がなかった。高倉健が演じるヤクザの美学のようにカミカゼとなり死んでいった。三島由紀夫の浅さは、天皇を見抜けなかったことにある!英国が創ったのが明治天皇だと三島由紀夫は英国風の制服を着ながら解らなかった。三島由紀夫を見ても「 タレント文化人 」とは何も解ってない!

d0241558_13161815.jpg






[PR]

by xuzu9851 | 2018-06-12 18:26 | Comments(0)

今の日本の最低は誰か?

今の日本の最低は誰か?

d0241558_12061122.jpg

d0241558_00294226.jpg




★今日、2018年6月12日は金正恩とトランプのシンガポールでの会談の日である。それにしても米軍が北朝鮮を爆撃して亡ぼす!という言論が去年から圧倒的だったが、現実は、トランプ米大統領と金正恩書記長の和平会談が今日実現である。北朝鮮の動きを全く日本の識者と呼ばれる者たちは、日大の大塚学長レベルのバカ発言で終始している。これだけ識者が読めないのは、彼らがCIAの工作情報を鵜呑みにしているからだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/eco/1522130000/l50


>投稿者:副島隆彦 投稿日:2018-06-07 01:10:42
副島隆彦です。
今日は2018年6月7日(木)です。
私、副島隆彦は、日本を代表するトランプ研究者(ウオッチャー)であるから、
私以外の誰が、一体、これだけのしっかりした骨格をもった理論を、日本国内に提出出来ているか。答えてみろ



・オバマ暗殺 ハズレ
・バイデン大統領 ハズレ
・ヒラリー大統領 ハズレ
・ヒラリー不正選挙 ハズレ
・ヒラリー逮捕 ハズレ
・ヒラリー入院 ハズレ
・ロックフェラーはヒラリーを支持 ハズレ
・トランプ大統領 アタリ{しかし田中宇と大重俊の剽窃・盗作}
・ダウ工業指数は暴落 ハズレ
・FRBは利上げできない ハズレ
・在日米国大使はモルモン教徒のジョン・ハンツマンがなる ハズレ
・北朝鮮への米軍の爆撃は、来年の4月。私の予言通り ハズレ
・米軍の北朝鮮爆撃は6月 ハズレ
・北朝鮮爆撃は、先に延びたようだ ハズレ

ーーーーーーーーーーーーーー



★日大の糞ジジイたちと北朝鮮予測評論家は同じレベルのバカ杉である。今の日本でバカ杉で輝いているのは、


1、日大の糞ジジイたち


2、学歴詐称の小池百合子


3、副島隆彦を代表にする北朝鮮を語るバカ評論家たち



★一歩、日大の田中理事長が雲隠れしている!という点で日大糞ジジィたちのバカ杉が光輝いている。前から言われていたが小池百合子がカイロ大学を卒業してないことは明らかだが、カイロ大学がニセ卒業証書をカネを貰って出す!ということをしているのが紀州ドンファン殺人事件なみの難儀になるのか?小池百合子は学歴詐称は逃げ切りかもしれないが、次に2020年の東京五輪の中止の責任を取らされるのでは?小池百合子は何もかも失うだろう。呪われた者は何をやってもダメだからだ。

d0241558_06574336.jpg

d0241558_06580153.jpg

★それにしても自称予言者wwwの副島隆彦はこれだけ予言が外れたら、恥ずかしい!と思わなければならないが、思いっきりバカにしてもいい人物が副島隆彦なので、この路線でメデタク破滅一直線でやってほしい。今回の件で予言者の看板を掲げるのは無理があるが、基地外なら、看板を上げ続けるが、それがどのような結果になるのか?どんどんやって欲しいものだ。予言者だと名のるだけで呪われる!ということを副島によって解った。さて北朝鮮を見る場合、ノストラダムスの諸世紀10章72番を考えるべきだろう。




★それは北朝鮮のミサイルの名が「 火星 」であるからだ。この「 火星 」というミサイルの名で何もかもが解って来る。北朝鮮とは「 アンゴルモアの大王を蘇す火星 」であると。その時「 空から恐ろしい大王が降りてくる 」。今、恐ろしい大王は日大の田中理事長に降りて来て、小池百合子の学歴詐称を明らかにした。

d0241558_15212415.jpg


★さて、今日一日、トランプと金正恩の会談を楽しみたい。今、大変な人々は大変なんだが、呑気にトランプと金正恩を見れる人々は正しい人生を歩んで来たからか?www 今回、一升瓶アキエと野崎幸助が抜けているが、日本にはダメ人間の新人が毎日バンバン出ているので、常に「 今、日本で一番ダメ人間は誰か? 」ということで、過去のダメ人間は捨てるしかない状況ですwww









[PR]

by xuzu9851 | 2018-06-12 07:34 | Comments(0)