人気ブログランキング |

サーティンキュー

2018年 10月 13日 ( 2 )


人間として生きる上で一番面白い生き方は?

人間として生きる上で一番面白い生き方は?

d0241558_17094520.jpg


★人間が生きる上で一番面白い生き方は、性エネルギー昇華秘法の実践家となり「 世界の謎を解く 」者となることである。今の世界で「 性エネルギー昇華秘法の実践家 」は殆どいない。しかし性エネルギー昇華秘法のシンボルは世界中にある。性エネルギー昇華秘法の世界は実に不思議な世界であるのだ。誰でも知っているところに性エネルギー昇華秘法のシンボルがあるが誰も本当の意味が解らないから、性エネルギー昇華秘法の実践家にはならない。



★鷲が性エネルギー昇華秘法を学んだのは1982年に来日したメキシコ人のミゲルネリからだ。ミゲルネリは噂によればメキシコの上から6番目の財閥の息子らしいが(当時60歳を超えていたが)、本人は「 過去の人生の履歴を消す 」というカルロスカスタネダの思想にハマっていたから、メキシコで何をしていたか?それは全く語らなかった。しかも魔術師だから写真も撮らせない。一枚の写真があれば黒魔術師に攻撃を受ける!という理由だった。



★しかし今考えればミゲルネリの知識は完璧ではない。イエスキリストは実在の人間で、十字架の磔の死の三日後に肉体のまんま復活したと彼はマジで思っていたからだ。イエスキリスト伝説は「 寓話 」である。マジでイエスキリストが居た、と思えばキリスト教徒に堕ちる。そこがミゲルネリの致命的な間違いだったが、無料(一回400円)での講演は非常に参考になった。ミゲルネリの信念では「 精神的な価値をお金で売ることは、聖なるものを地に落とす行為であり、ダンテの神曲の地獄の8段目に堕ちる 」ということで、無料の講演を実践していた。

d0241558_10152128.jpg


★今、考えてもミゲルネリほどの知識人はいなかったのである。鷲が五井野正の講演に行ったのは彼が戦後の日本で最初に「 メシア 」と名のったからである。五井野正はメシアでもなんでもなく、高卒の宗教詐欺師だったが、一度彼を信じ、鷲が五井野正の全てを暴いた。で、五井野正は死んだ。死ぬくらいの暴きでないとならないとダメだ!と鷲は思っている。鷲が裁いたのではなくて太陽神から五井野正は裁かれたのであるが。鷲も「 太陽神の使い 」になったことで様々なことが解ったのである。



★人間の生きる目的は「 太陽神との一体化 」である。それは将棋で「 王将を取る 」ということで表現されている。将棋の意味を全て理解できる者は、全てのエソテリック(秘教)、全てのレゴミニズム芸術を理解できる。「 謎解き候補者 」には、今の鷲の言説からくるヒントくらいで十分であるのだ。今、性的退廃文明は終わり、次に性エネルギー昇華秘法実践の文明に転換する。人間は「 性 」から誕生する。そして「 性エネルギー昇華の実践 」によって完全なる人間の「 9 」に成るのである。



★学校の教師に一番、今の「 わいせつ犯 」が多いという現実は、今の学校で習ったこととは、人間を破滅させること!ということ。鷲の20歳代前半は当時の日本に存在した一番の知識人に出逢ったということ。が、ミゲルネリにも間違いはあった。しかし彼は偉大だった。無料でやっていたから。無料でやっていた者には批判はいかない。しかしカネを取って精神的価値の講演をやっていた者の全てがいずれは「 詐欺師 」と云われる。



★それは非常に重要な鍵である。大川隆法もリチャードコシミズも「 発狂 」していることが、今、解る。ウソを土台とするカルト教祖はいずれ正体を暴かれるのである。鷲はカルト教祖を暴く者であり、カルト教祖にはならない。そして性エネルギー昇華秘法の実践家であり、世界の謎を解く者を目指している!

d0241558_14193311.jpg






     



by xuzu9851 | 2018-10-13 13:27 | Comments(0)

ダビンチの『 モナリザ 』の解読

ダビンチの『 モナリザ 』の解読

d0241558_10544191.jpg



★前澤友作という人は美術品に凝っているようだが、「 何でも鑑定団 」に洗脳されて「 美術品 = カネ 」という感覚だ。そして、成金に10億円のバイオリンは似合うことはない。世界美術に太陽系の教えがある!ということは彼には解らないだろう。それは彼が「 カネという幻想にハマっている 」からだ。




★さてダビンチのモナリザを語ろう。モナリザは「 女の絵 」である。しかしもっと深いものがあるのは、誰もが気づくことである。モナリザの妊娠説を鷲は支持し、そして


1、モナリザの腹の子は数字の「 1 」 ☛ 宇宙の父


2、モナリザは女教皇の数字の「 2 」 ☛ 宇宙の母


3、モナリザの背後の東洋的な自然界の描写は数字の「 3 」 ☛ 宇宙の子(宇宙の生産物)



★ダビンチのモナリザは「 1・2・3 」であると鷲は理解している。それは「 父・母・子 」という意味である。「 父・母・子 」が三位一体であり、キリスト教の「 父・子・聖霊 」は間違い。世界的カルトの最大のキリスト教は理論的には根本から間違っている!


d0241558_17001918.jpg


d0241558_11210725.jpg


           



by xuzu9851 | 2018-10-13 02:04 | Comments(0)