サーティンキュー

2018年 11月 06日 ( 2 )


卓球の伊藤美誠は凄い

卓球の伊藤美誠は凄い





★卓球の伊藤美誠は凄い。「 ミマパンチ 」とかいう新しい前陣速攻なのか?中国が大魔王と尊称するのは解る。しかし中国人の「 中国が世界一なのはアキタ!外人がもっと強くなってほしい 」という声を聴いたのは遥か昔の10年以上前の記憶がある。卓球の場合、中国の一党独裁があまりにも長すぎた。伊藤美誠と平野美宇は順調に強くなっているが、やはり「 ミマパンチ 」だな。



★鷲は小学、中学、高校と卓球部のエース兼監督だったが、卓球を離れて20年も経過しているからダイブ卓球感覚が落ちたが、男子の15歳の張本よりもミマパンチの方が天才的で凄いような気がしている。張本は天才型というより努力型のような感じがする膿~~。努力型は中国に勝つのは難しいと思う。愛ちゃんも努力型。中国の天才卓球に勝つには超天才しか無理。で、鷲の最高の成績は札幌の市民大会優勝。たいしたことがないと皆さま思うでしょう。しかし卓球での「 札幌市の一位 」が最高の目標だったから、それで満足。鷲の場合、世界チャンピオンになれる環境では全くなかったしな。



★福原愛は新しい日本卓球の道を切り開いたが、彼女のプレイスタイルはワンパターンで新しいものはないと見ていた。しかし彼女が日本チャンピオンに2回なったのはたいしたもの。常にあれだけのプレッシャーで日本チャンピオン2回はたいしたものだ。しかし福原愛では中国には勝てない。伊藤美誠で新しい日本卓球の道を開いた。新しいスタイルの者が世界を制するという卓球界の掟に伊藤美誠は順じている。


d0241558_13131078.jpg




 


[PR]

by xuzu9851 | 2018-11-06 18:27 | Comments(0)

前澤友作に感じることは「 お金とは何? 」の問いかけである!

前澤友作に感じることは「 お金とは何? 」の問いかけである!

d0241558_12593689.jpg


★世界的な暗号を解いていく人生は楽しい。鷲は狸大明神、神社や寺、将棋、年末のベートーベン第九、大晦日や正月の儀式、その他数多くの謎を「 性エネルギー昇華秘法 」を中心に解いてきた。さらに法隆寺や日本の国宝と呼ばれるものに挑戦していく。さて今の「 謎解き 」は前澤友作と剛力彩芽の関係から推測する世界大恐慌とかリチャードコシミズの「 ネット乞食のゆくえ 」である。





★前澤友作は資産5000億円もあり、120億の絵を買っているとか聞こえてくるが、ネット乞食のリチャードコシミズに投げ銭する気はないのだろうか?コシミズは「 出版費用 」とか言っているが、それはたぶんウソで「 生活費 」であろう。これまで10年以上、毎日ブログを書き、週一で講演会をやり、その結果が「 乞食 」というのはどうしてだろうか?たぶん、その書いてきたことが「 ウソ 」「 妄想 」「 デマ 」であったから当然の帰結だったのだろう。
ーーーーーーーーーーーー

さて、新著「安倍晋三首相と世界ゴロツキ協同組合」の方ですが、原稿は完成しました。結構、頑張って書きました。この1冊で、世界の構造も歴史も安倍晋三の正体も、安倍と世ゴロ協の関係も、全部分かります。覚醒予備軍、覚醒しつつある人には、最適の教科書になると自負しています。将来的には、歴史に残る重要な著作と評価される時が来ると思います。また、そうでなければ世直しは完遂しない。

ですが、出版資金にいささか問題あり困っています。(既にご支援いただいた皆様、有難うございます。)電子出版を先行させようかとか、POD出版しようかとかいろいろ考えているのですが、やっぱり、紙本はどうしても出したいのです。後になってもしょうがないから。恐縮ですが、出版費用について、読者諸氏のご支援をいただければ、幸いに存じ上げます。(電子出版が先行するかもしれません。紙本とは違う価格で提供されることになります。ご了承下さい。)

活動費支援のお願い
リチャード・コシミズの活動費の寄付をお願いしております。
(振込先)三菱UFJ銀行 中野支店 普通 0171817 コシミズタダシ
※現在、一方的なブログの閉鎖などにより書籍販売やブログからの収入が停止しており、地方遠征などの活動費の拠出に苦しんでいる状況です。皆様の温かいご支援、よろしくお願いします。

「新・HP」への全面移行を考えています。ブログも含めて移行します。後報をお待ち下さい。

以上、何卒よろしくご勘案下さい。

リチャード・コシミズ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


★それにしても前澤友作であるが「 金持ちぶりを見せびらかす 」ことは非常に危険だと鷲は思っている。「 カネは世界で一番呪われている 」からだ。しかし前澤友作を肯定的する雰囲気が日本にある。それは戦後の日本人は「 お金をなによりも神のように崇める猿 」だからだ。戦後の日本人は米国の調教によって「 カネを稼ぐための猿 」にされた。なぜ猿か?性エネルギー昇華をしない人間は全て「 猿 」であると鷲は思っている。数字の「 6 」は絶対に性エネルギー昇華秘法を実践しないがそれが「 猿人間 」ということ。30数年前のミゲルネリの講演でも「 猿は人間の性的退廃の姿 」と言っていた。

d0241558_13545346.jpg


★暗号を解くことは鷲の趣味である。最近「 前澤友作という暗号は何を意味するのか? 」というのを考えていた。彼は戦後の拝金主義の日本人の理想の姿なのかもしれない。40歳代だから実業家としてはまだまだ若いし有名女優とつきあっているし、カネで買えるものは全て手に入れることができる。しかしカネで買えるものにアキて、喪失感に支配された時、タイガーウッズのように「 セックス中毒と薬物 」で堕ちる可能性はある。いつ仁風林に行くのか?とも思ってしまうwww







★多くの金持ちは「 性 」で破滅している。鷲が見る所、前澤友作は普通の人間である。たぶん「 運がよかった 」ので今の地位を得たのであろう。そして1%の特権を見せびらかすのは無知である!と感じる。それは99%の貧困なる大衆の怨みを買うからだ。しかし米国の拝金主義に支配された戦後日本の「 成功モデル 」として若者たちに見せているのかもしれない。




★前澤友作に感じるのは「 お金とは何か? 」という根本的な問いかけである。お金とは数十年の幻想である。「 お金は神ではない 」。人間の生きる目的は将棋の目的が王将を取ることであるように「 太陽神と一体化すること 」である。「 お金がないと生活ができない 」がお金を神聖視することは倒錯である。では「 お金で買える美術品とは本物の宝であろうか? 」。

d0241558_16044374.jpg


★札幌市の狸小路の狸大明神は鷲が性エネルギー昇華秘法で解明した。鷲は狸大明神の価値がわかるが、解明したものは、鷲のものと感じる時もあった。しかしあんな重いものを部屋においてもしょうがないし、正確に解明しただけで十分に満足である。狸大明神を解明するとは「 性エネルギー昇華秘法 」の知識を正確に得て、日々、実践することである。小さな狸の置物で十分である。




★何でも鑑定団の感覚は「 拝金主義 」である。常に「 これは50万です 」「 これは100円です 」と美術品をカネで測る。前澤友作の美術感覚も同じである。常に3億だ、120億だとカネを出す。前澤友作を見て感じることは「 お金とは何か? 」という問いかけが常に出てくる。その解答は同じく、「 お金は数十年の寿命しかない生活に必要なものだが神ではない。お金という幻想を見抜かねばならない。しかし今の日本人では無理であろう 」と鷲は感じる。

d0241558_11315779.jpg



★「 常に真実を探求して太陽神と一体化するための性エネルギー昇華秘法の実践している者が実は普遍的なエリート 」であるのだ!そして太陽の子を誕生させる。その教えのレゴミニズム芸術が札幌市の狸小路にある狸大明神であるのだ!







 


[PR]

by xuzu9851 | 2018-11-06 14:06 | Comments(0)